王座戦の日程|2022年(第70期)の場所や予選の状況。永瀬拓矢の四連覇か、挑戦者か。

王座戦 日程 2021

王座戦は現在、永瀬拓矢さんが三連覇中です。すごい!

2022年の第70期はどうなるでしょうか。永瀬拓矢さんが四連覇を果たすか。それとも挑戦者がもぎ取るか。

大注目です!

広告

王座戦のスケジュールと会場

王座戦の2022年のスケジュールや場所はまだ発表されていません

ですが、おそらく例年通り9月~10月に開催されると思います。5番勝負というのも変更はないでしょう。

 

ここで、2021年と2020年のスケジュールと場所を確認してみましょう。

 

2021年

  • 第1局 2021年9月1日(水) ホテルメトロポリタン仙台
  • 第2局 2021年9月15日(水) 西浦温泉 旬景浪漫 銀波荘
  • 第3局 2021年9月22日(水) 元湯陣屋
  • 第4局 2021年10月5日(火) ホテルオークラ神戸
  • 第5局 2021年10月12日(火) ryugon

 

2020年

  • 第1局 2020年9月3日(木) 元湯 陣屋
  • 第2局 2020年9月9日(水) ウェスティン都ホテル京都
  • 第3局 2020年9月24日(木) 仙台ロイヤルパークホテル
  • 第4局 2020年10月6日(火) ホテルオークラ神戸
  • 第5局 2020年10月14日(水) 常盤ホテル

 

9月最初の水曜日または木曜日となると、1日(木)または7日(水)あたりですかね。

公式な発表を待つしかできない状況ですが、今から楽しみです!

広告

予選・挑戦者決定トーナメントの状況

王座戦 日程 2022

王座戦の予選は2021年10月現在、既にスタートしています。一次予選のまっただ中ですね。

一次予選

一次予選はイ~ヘの6組に分かれてトーナメント形式で行われます。

このトーナメントを勝ち抜いた6人が二次予選に進出します。

 

四段~九段まで入り混じってのトーナメント。そして女流棋士も4人参加。

加藤桃子女流三段、里見香奈女流四冠が一回戦を勝ち抜いています。

 

最近、注目度がうなぎ登りの伊藤匠四段が2勝しています。

 

二次予選進出の棋士が決まりました!

 

  • 高野智史五段
  • 八代弥七段
  • 真田圭一八段
  • 出口若竹五段
  • 服部慎一郎四段
  • 青嶋未来六段

 

厳しい戦いですが、二次予選をどこまで勝ち抜けるか。

楽しみです!

二次予選

一次予選を勝ち抜いた6人と二次予選から参加の棋士を含めて、9グループで二次予選トーナメントが開催されます。

一次予選からの勝ち抜き組は4~5回対局してからの二次予選です。ハードですねぇ。

挑戦者決定トーナメント

二次予選を勝ち抜いた9人とシード棋士を含めて、16人でトーナメント形式で対局が行われます。

前年のベスト4とタイトルホルダーがここから参戦ということになります。

となると。

 

  • 石井健太郎
  • 木村一基
  • 佐藤康光
  • 飯島栄治
  • 渡辺明
  • 豊島将之
  • 藤井聡太

 

この7人になります。この場合、どうなるのかな?二次予選が9組になるのかな?

また調べてご紹介しますね。ここを勝ち抜くとようやく挑戦者になることができます。

 

(2022年4月27日追記)

挑戦者決定トーナメントの組み合わせが決まっています!

 

王座戦 挑戦者決定トーナメント

  • 佐藤康光九段
  • 千田翔太七段
  • 大橋貴洸六段
  • 藤井聡太竜王
  • 渡辺明名人
  • 服部慎一郎四段
  • 高野智史六段
  • 石井健太郎六段
  • 飯島栄治八段
  • 丸山忠久九段
  • 近藤誠也七段
  • 豊島将之九段
  • 出口若武六段
  • 阿久津主税八段
  • 西田拓也五段
  • 木村一基九段

 

左のブロックには藤井聡太さんと渡辺明さんが。

右ブロックには豊島将之さん、木村一基さん、そして叡王戦挑戦を決めた出口若武さんがいます。

 

実力者ばかりですね。

このトーナメントがまたおもしろすぎるでしょ!

 

(2022年5月6日追記)

大橋貴洸六段と藤井聡太竜王の同期生対局は、129手で先手番、大橋貴洸六段の勝利!

なんと藤井聡太竜王を撃破しました!

これは大番狂わせというか、快挙ですね!

持ち時間

王座戦 日程 2022

王座戦の持ち時間は一次予選からタイトル戦まですべて「5時間」です。

将棋の八大タイトル戦では予選のほうが持ち時間が短く、タイトル戦で持ち時間が長いという傾向があります。

しかし、王座戦はすべての対局で持ち時間は5時間。

 

それは「チェスクロック方式」を採用していることが大きいでしょう。

2019年の第67期からチェスクロック方式となりました。

チェスクロック方式とは、使った時間が1秒単位でずっと加算されるシステムです。

チェスクロック方式の他にはストップウォッチ方式があります。

 

この両者の違いはこちらの記事にまとめています。ぜひ見てみてください。

>>>将棋の持ち時間とは|ルールや食事・トイレ、チェスクロック・ストップウォッチ方式の違い

広告

永瀬拓矢王座は防衛できるか

斎藤慎太郎さん、久保利明さん、木村一基さんを倒して、王座戦三連覇中の永瀬拓矢さん。

3回のタイトル戦の戦績は9勝3敗。勝率が高いです!

 

1日制のチェスクロック方式を得意としているのかもしれませんね!

 

今までの王座戦最多勝利は羽生善治さんの24回です!すげー!

一歩でも近づけるように、がんばってほしいですね!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。