王将戦2024|日程や会場情報。無料中継やabema放送は?藤井聡太の3連覇はあるか

※広告

王将戦 日程 2024 将棋

王将戦 日程 2024

 

王将戦2024の情報をお届けします!

2023年は藤井聡太さんが、羽生善治さんの挑戦を退けて防衛しました。

さて、2024年はどんな戦いが見られますかね!

広告

王将戦2024年(第73期)のスケジュールと場所

王将戦の2024年の開催日程や会場は、2023年3月現在、発表されていません

会場の確保などもありますし、もう決まっているとは思いますが。発表を待ちましょう。

 

例年1月~3月にかけて開催されます。2021年~2023年の日程と会場はこのとおりでした。

 

2023年(第72期)

  • 第1局 1月8日(日)9日(月) 掛川城 二の丸茶室
  • 第2局 1月21日(土)22日(日) 山水館
  • 第3局 1月28日(土)29日(日) 金沢東急ホテル
  • 第4局 2月9日(木)10日(金) SORANO HOTEL
  • 第5局 2月25日(土)26日(日) さんべ荘
  • 第6局 3月11日(土)12日(日) 大幸園
  • 第7局 3月25日(土)26日(日) ホテル花月

 

2022年(第71期)

  • 第1局 1月9日(日)10日(月) 掛川城 二の丸茶室
  • 第2局 1月22日(土)23日(日) 山水館
  • 第3局 1月29日(土)30日(日) ホテル花月
  • 第4局 2月11日(金)12日(土) SORANO HOTEL
  • 第5局 2月26日(土)27日(日) 大幸園
  • 第6局 3月12日(土)13日(日) さんべ荘
  • 第7局 3月26日(土)27日(日) 佐渡グリーンホテルきらく

 

2021年(第70期)

  • 第1局 1月10日(日)11日(月) 掛川城 二の丸茶室
  • 第2局 1月23日(土)24日(日) 山水館
  • 第3局 1月30日(土)31日(日) ホテル花月
  • 第4局 2月13日(土)14日(日) SORANO HOTEL
  • 第5局 3月1日(月)2日(火) 大幸園
  • 第6局 3月13日(土)14日(日) さんべ荘
  • 第7局 3月20日(土)21日(日) 佐渡グリーンホテルきらく

 

発表を楽しみに待ちましょう!

広告

無料の中継、ネット中継はあるのか

王将戦 日程 2024

王将戦は無料中継がないということで有名です。

2022年までは囲碁将棋プレミアムのみで中継がありました。

 

しかし、2023年はABEMAで有料配信がありましたね!大きな進歩ですよ!

2024年はどうなりますかね。

他の7タイトルと同じように、アベマで無料中継があればうれしいんですけど。

 

有料でも継続して中継してくれるとうれしいですね。

持ち時間はどれくらいか

王将戦 日程 2024

王将戦の持ち時間はこう決まっています。

 

  • タイトル戦 8時間(2日制)
  • 挑戦者決定リーグ戦 4時間
  • 一次予選・二次予選 3時間

 

タイトル戦はストップウォッチ方式、タイトル戦以外はチェスクロック方式が採用されています。

最近は予選をチェスクロック方式を使って、時間短縮をはかるタイトル戦も増えているような気がします。

 

ストップウォッチ方式は60秒未満の使用時間が切り捨てとなります。

例えば1分1秒考えて指しても、1分59秒で指しても、消費時間は1分でカウントされます。

59秒で指したら0分なのに、1分1秒なら1分。

数秒の違いで残り時間に差が出ることもあります。

 

逆にチェスクロック方式は実際に消費した時間が、そのままカウントされていきます。

 

その他のタイトル戦の持ち時間や、各方式の解説はこちらの記事にまとめました。

 

将棋の持ち時間とは|ルールや食事・トイレ、チェスクロック・ストップウォッチ方式の違い

 

ぜひ一度チェックしてみてください。持ち時間の仕様が分かるだけで、将棋がもっと楽しくなりますよ!

広告

挑戦者決定戦や予選の状況

王将戦は一次予選→二次予選→挑戦者決定リーグ戦を経て、挑戦者が決まります。

一次予選

一次予選は8組に分かれてトーナメントが開催されています。

2023年3月13日現在、一回戦が終わっています。

 

さてさて、誰が勝ち抜いてくるのか!

二次予選

(2023年8月31日更新)

王将戦 二次予選

王将戦の二次予選が終了しました。

トーナメントを勝ち抜いたのはこの3人!

 

  • 佐々木勇気八段
  • 菅井竜也八段
  • 渡辺明九段

 

そうそうたる棋士が挑戦者決定リーグに進出しましたね。

 

=====

一次予選を突破した8人と、二次予選から参戦の棋士で、トーナメントが開催されます。

挑戦者決定リーグ戦

(2023年8月31日更新)

挑戦者決定リーグに参加する棋士7人が決まりました!

 

  • 羽生善治(前期挑戦者)
  • 豊島将之(前期挑戦者決定リーグ2位)
  • 永瀬拓矢(前期挑戦者決定リーグ3位タイ)
  • 近藤誠也(前期挑戦者決定リーグ3位タイ)
  • 佐々木勇気(予選勝ち上がり)
  • 菅井竜也(予選勝ち上がり)
  • 渡辺明(予選勝ち上がり)

 

すごいメンバーだなぁ、と。素直にそう思います。

 

注目は渡辺明さん。

前期の挑戦者決定リーグでまさかの1勝5敗。

なんと降格してしまったんですね。

しかし、今期、予選から勝ち上がってきました。

注目しないわけにいきませんね!

 

=====

二次予選を勝ち抜いた棋士と、挑戦者決定リーグ戦から登場の4人で総当たりリーグ戦が行われます。

ここで勝ち抜いて、やっと藤井聡太王将への挑戦権を手にすることができます。

 

前回の第72期は羽生善治さんが大暴れ!

6戦全勝で挑戦者決定リーグ戦を勝ち抜きました。

 

一次予選の一回戦から勝ち抜くとすると、なんと10回以上も勝たないと挑戦権を取ることはできません。

これは大変だ!

藤井聡太さんは三連覇なるか!

第72期のタイトル戦では、藤井聡太さんが羽生善治さんの挑戦を退けました。

4勝2敗ながら、ものすごい熱戦が繰り広げられました。

 

さて、藤井聡太さんの三連覇を止められる人はいるのか。それともまた防衛するのか。

 

どうなるか楽しみすぎます!

広告
タイトルとURLをコピーしました