親子丼のレシピ|4人分も一人前も基本の簡単な作り方で大丈夫。牛丼や豚丼もこれでOK!

親子丼 レシピ 4人分

親子丼や牛丼、豚丼っておいしいですよね。おいしいだけじゃなくて、作るのが簡単なのもポイントです。

ボリュームも出ますし野菜や肉が摂れます。万能!

そんな親子丼・牛丼・豚丼のレシピをご紹介します。

広告

親子丼の材料。一人前から4人分まで。豚丼や牛丼にも応用できる

親子丼 レシピ 4人分

簡単な親子丼を作るための材料をご紹介します。

1人分

  • 鶏肉 100g
  • 玉ねぎ 小1個の半分
  • しいたけ 1個
  • 卵 2個
  • 水 75cc
  • しょうゆ 大さじ1/2
  • みりん 大さじ1/2
  • 酒 大さじ1/2
  • 砂糖 大さじ1/2

2人分

  • 鶏肉 200g
  • 玉ねぎ 小1個
  • しいたけ 2個
  • 卵 3個
  • 水 150cc
  • しょうゆ 大さじ1杯
  • みりん 大さじ1杯
  • 酒 大さじ1杯
  • 砂糖 大さじ1杯

3人分

  • 鶏肉 300g
  • 玉ねぎ 中~大1個
  • しいたけ 3個
  • 卵 4個
  • 水 225cc
  • しょうゆ 大さじ1.5杯
  • みりん 大さじ1.5杯
  • 酒 大さじ1.5杯
  • 砂糖 大さじ1.5杯

4人分

  • 鶏肉 400g
  • 玉ねぎ 中2個
  • しいたけ 4個
  • 卵 5個
  • 水 300cc
  • しょうゆ 大さじ2杯
  • みりん 大さじ2杯
  • 酒 大さじ2杯
  • 砂糖 大さじ2杯

 

これだけあれば十分おいしい親子丼ができます。

鶏肉ですが、私はもも肉をよく使います。油もしっかり入っているのでパサパサになりにくいのがいいです。それに皮が好きですし。

 

材料の分量は人数ごとにほぼ比率が違うだけ。調味料は4種類使いますが、全部同じ量というのがいいですよね。

単純なのがいいんです♪

肉の変更、玉ねぎを長ネギに、しいたけがなければ顆粒だしでも

この材料はかなり応用が可能です。

牛丼にしたければ鶏肉を牛肉にしますし、豚丼にしたければ豚肉にチェンジ。量は同じでOKです。

さらに冬場だと玉ねぎではなく、旬の長ネギを使うのもいいですよ。

親子丼 レシピ 4人分

 

長ネギを使うときは、これくらいの量で。

  • 1人分・・・1/3本
  • 2人分・・・1/2本
  • 3人分・・・3/4本
  • 4人分・・・1本

 

また、しいたけがなければ和風の顆粒だしを使うのもいいです。

  • 1人分・・・小さじ1/4
  • 2人分・・・小さじ1/2
  • 3人分・・・小さじ3/4
  • 4人分・・・小さじ1杯

 

これくらいでOKです。味が薄ければほんの少しずつ足しましょう。

広告

親子丼・豚肉・牛丼の作り方。簡単なのですぐに覚えられます!フライパンでもOK!

親子丼 レシピ 4人分

では作り方をご紹介します。

 

  1. 用意した水をフライパンまたは大きめの容器に入れる
  2. しいたけを薄切りにする
  3. 水の中にしいたけを入れる
  4. 玉ねぎ(長ネギ)を食べやすいサイズに切る
  5. しょうゆ・みりん・酒・砂糖を合わせて混ぜる
  6. 必要であれば肉を食べやすいサイズに切る
  7. 卵を溶く
  8. フライパンや鍋へ水としいたけを入れて火にかける(顆粒だしを使うならここで入れる)
  9. 沸騰したら5で合わせておいた調味料を入れて、軽く混ぜる
  10. 沸騰したら玉ねぎ(長ネギ)を入れてフタをする。柔らかくなるまで煮る
  11. 野菜が柔らかくなったら肉を入れる
  12. 鶏肉ならフタをして中までじっくり火を通す。
  13. 肉に火が通ったら、溶き卵を回しかける
  14. 卵が好みの固さになったら完成!

 

10番の野菜を煮るところから火加減に注意です。グツグツと沸きすぎないように調整します。泡が出るくらい沸騰していればOKです。

我が家では弱火と中火の間くらいで調理していますね。

 

その他のポイントは、事前に混ぜられるものは混ぜて、切っておけるものは切っておくことです。

「これをしている途中でこれを切ろう」と考えていると、混乱することもありますし、忘れることもあります。

なので、まずはしっかりと準備。準備しておいてあとは煮るだけにしておけば楽にできます。

鶏肉・豚肉・牛肉を替えるだけで、ぜんぜん味が違います

親子丼 レシピ 4人分

このレシピは鶏肉でも豚肉でも牛肉でも、どれにでも応用できます。肉が違うだけで調味料は同じ。

それでも肉ごとに丼の味がまったく違います。この変化はおもしろいですよ。

 

また、部位の違いも楽しめます。私が使っている部位はこのあたりです。

  • 鶏肉・・・もも肉
  • 豚肉・・・こま切れ(脂身が多いもの)
  • 牛肉・・・こま切れ

 

鶏肉はジューシーなもも肉を選びます。

胸肉を使うと油分が少なめで、さっぱりとした味に仕上がります。その代わり、パサパサにならないように火加減がなかなか難しいと思います。

 

豚肉は部位の書かれていないこま切れを使うことが多いです。こちらも固くパサパサにならないように、脂身多めのパックを使います。

私としてはバラ肉は脂分が多すぎて、もも肉や肩ロースなんかは脂分が少ないと感じます。

 

牛肉は。。。あまり使わないですが適当にこま切れ(笑)

 

調味料や玉ねぎの量は固定して、肉を変えてみるといろいろ楽しめます。好みの味を見つけてみてください!

広告

簡単レシピで幸せな丼ライフを♪

手の込んだ料理はおいしいです。作り上げた感もあります。

でも、簡単でおいしいというのも大きな大きなメリットです。親子丼や豚丼、牛丼はランチにも夕食にも使えますし、ぜひ便利に活用してみてくださいね!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。