泡コーヒーの作り方|ためしてガッテンのレシピ紹介。材料や準備物、振るだけ簡単!

泡コーヒーの作り方

NHKの番組「ためしてガッテン」で泡コーヒーが特集されていました。

「ガッテン」の前身の番組です。その泡コーヒーが好評ということで、作り方をご紹介します!

広告

泡コーヒーのレシピ

泡コーヒーの作り方

泡コーヒーの作り方、材料、準備物などをご紹介します。

材料

  • インスタントコーヒー 小さじ2
  • 砂糖(上白糖) 大さじ1
  • 水 30cc
  • 牛乳 150cc

 

インスタントコーヒーは粉タイプ(小さい粒)のスプレードライタイプがおすすめとのこと。

例えばネスカフェで言うと、ゴールドブレンドではなくエクセラのようなタイプ。つぶつぶではなく、さらさらのものがおすすめ。

 

ちょっと気になるのが砂糖の量ですね。この水分量に砂糖大さじ1杯はすごく多いような気がします。

甘いものが好きならいいんですが。。。減らしても良いような気がします。

 

ぜひ自分にあった量を探ってみてください!

準備物

  • 小さめのペットボトル(またはシェーカー)

 

500ccのものではなく、小さめのペットボトルがおすすめです。

ペットボトルには牛乳を入れないので、500ccだと大きすぎるかもしれません。

 

もしカクテルなどを作るシェーカーをお持ちなら、シェーカーを使ったほうが良さそうです。

作り方

  1. ペットボトルに、インスタントコーヒーと砂糖と水を入れます。
  2. ペットボトルをひたすら上下に振ります。振りまくります。
  3. ペットボトルを下から見て、全部泡になっていたらOK。
  4. 泡をコップに移して、牛乳を加えると完成です。

 

材料や準備物はお金をかけなくてもいいし、家にあるものだけでも問題ないくらいの簡単なレシピです。

ぜひ試してみてください。

 

次に実際に作ってみた人の正直な感想をご紹介します。

広告

作ってみた人の感想

評判のいい泡コーヒーですが、実際に作ってみた人の感想をチェックしてみましょう!

甘いかもしれない、ということなので、砂糖を控えるか牛乳を増やすのがおすすめ、ということです。

 

お母さん世代もハマるおいしさ!簡単なのがいいですね。あと、シェイク動作が運動不足解消になるかも!

 

シンプルにおいしい!という感想です。こういうストレートな感想はいいですね。

 

やっぱり素直においしいという感想が多かったです。

ただ、甘すぎたという感想もちらほらと見かけました。なので、少し砂糖は減らして作ってみるのが良さそうですよ。

泡コーヒーとは

そもそも泡コーヒーとは何か、ということですね。

 

よく飲まれているのがギリシャのイカリア島とのこと。

長寿の人が多いといわれる島で、長寿の要因の一つが、この「泡コーヒーではないか」と言われているんですね。

 

コーヒーというと、よくメリットとデメリットが論議される飲み物です。

おそらくメリットもデメリットもほぼ正しいのだと思います。

飲みすぎることなく、1日に数杯くらいならデメリットを抑えつつ、メリットを受けることができるのではないでしょうか。

 

私の経験として、飲みすぎると歯ぎしりをするようになります。

過去の経験を別の記事にまとめています。

歯ぎしりの原因で男性に多いのはカフェイン?効果が出た対策・対処法をご紹介

コーヒーを1日2杯にしてみたところ、歯ぎしりが解消されました。

私のコーヒーの適正量はおそらく1日2杯までなんだと思います。

 

もしカフェインが気になるなら、ノンカフェインのインスタントコーヒーでもいいみたいですよ。

広告

自分に合った泡コーヒーを!

泡コーヒーはいくらでもアレンジすることができます。

甘すぎるのが嫌なら砂糖を減らせばいいですね。カフェインが気になるなら、ノンカフェインコーヒーを使えばOKです。

インスタントコーヒーのメーカーによっても、かなり味が違ってきそうです。

今までは苦手としていた銘柄が一番おいしいことがあるかも!?

 

試してみると、かなりカスタマイズする幅は大きそうです。ぜひぜひいろんな泡コーヒーで遊んでみてください♪

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ