サバ缶とレタスの味噌煮込み|包丁不要の簡単レシピ。さば缶キャベツにも応用可能!

サバ缶とレタスの味噌煮込み

ある日、引き出しの中にサバ缶があるのを発見しました。あとは冷蔵庫で見つけたレタス。

この2つを使って簡単な煮物を作ろうと思ってチャレンジしました!おいしかったですよ♪

広告

鯖缶とレタスの味噌煮込みの材料

まずは材料をご紹介します。

 

  • サバ缶(味噌煮) 1個(200g前後のもの)
  • レタス ボウルにいっぱい(半玉くらい)
  • 味噌(あればでOK) 大さじ1杯

 

たったこれだけです。包丁やまな板も不要です。超カンタンでおいしく作ることができます!

広告

サバ缶とレタスの味噌煮込みの作り方手順

ではさば缶とレタスの味噌煮込みの作り方です。

 

  1. レタスを洗って食べやすい大きさにちぎる
  2. フライパンや鍋にさば缶の中身を全部出す
  3. 火にかけて鯖をほぐしていく
  4. サバの身が十分に熱されたらレタスを全部投入
  5. 味見をして味が薄かったら味噌を入れる
  6. レタスが好みの柔らかさになったら完成!

 

たったこれだけです。缶詰の中身を温めて、レタスを入れるだけ。これでおいしいサバとレタスの味噌煮込みが完成します。

 

ポイントを3つ紹介します。1つ目は「鯖の身をほぐしすぎない」ということです。ある程度の大きさがあったほうが食べごたえがありますよ。

 

2つ目は「レタスの固さは好み」ということです。

くたっとしたレタスが良ければしっかり煮込んで、シャキシャキが良ければあまり火を入れないようにしましょう。好みなので、いいタイミングで火を止めたらOKです。

 

3つ目は「味噌があったほうがいい」ということです。

なくてもいい味噌ですが、あったらかなりコクが出ておいしくなりますよ。

サバ缶とキャベツの味噌煮込みにも応用できる

サバ缶とレタスの味噌煮込みは、キャベツでも応用できます。

キャベツを使う場合は、サバを温めている間にレンジで柔らかくしておくといいですね。キャベツはレタスよりも時間がかかりますから、時短にもなります。

 

また、キャベツは切り方でいろいろ遊べそうです。大きめに切ればあまり味噌がからまないので、爽やかに食べられそう。

逆に千切りにしたら、しっかり味噌がからむので濃い味が楽しめそうです。

千切りキャベツを使えば、味噌の味でご飯がいくらでも進みそうです。春キャベツの時期にはぜひ試してみたいですね。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。