鳥取の観光情報|旅行の感想やアクセス、所要時間などを詳しく解説(2日目)

鳥取県 観光

鳥取県に旅行してきた記録です。1泊2日の2日目です。

 

鳥取旅行関連記事

広告

斉木別館から投入堂へ

斉木別館の朝ごはんは7時スタート。2日目も予定いっぱいなので、早々に食事を済ませて出発!

一路、投入堂へ!

 

斉木別館から投入堂までは約15分。余裕です。

 

さて「投入堂」。

鳥取県 観光

どうしてあんな場所に建物があるのか。いまだにはっきりしていないとのこと。

当然、そこまで行くにはハードな道のりをこなさないといけません!

 

長い道のりなので、とてもこの記事では書ききれません。別の記事にまとめますね。

 

投入堂の登山|所要時間や服装、靴など実際に登ってみた口コミレポート!

 

結局、入山受付の場所から、そこへ戻ってくるまでに2時間かかりました。予想以上に時間がかかってしまいました。

 

登山で汚れたズボンや、汗だくのTシャツを着替えて、「鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館」へ向かいます。

梨大好きなので、楽しみ!

広告

鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館

鳥取県 観光

梨は売ってましたが、1日目に行った「かろいち」のほうが、種類も量も多かったですね。投入堂で予定時間をオーバーしたこともあり、スルー決定!無念!

鳥取県 観光

 

ただ、フルーツパーラーの梨ソフトクリーム。これはおいしかったですよ!

砂丘会館の梨ソフトクリームよりも、味が濃くてすごく美味しかった

鳥取県 観光

 

時間もオーバーしているので、同じ施設にあるそば屋でお昼ご飯を食べて、出発することに。

鳥取県 観光

 

ここのそばがおいしかったです。私は、かき揚げ丼セットにしました。

鳥取県 観光

かき揚げ丼とミニそばセット。そばは温冷どっちもいけます。今回は冷で。

かき揚げが分厚くて、5cm以上!

鳥取県 観光

ただ、こういうかき揚げって、なかなか難しいんでしょうね。外はパリッとしていましたが、中の方はちょっとぐにゅっとした感じ。

そばはコシがあって、のどごしもよくて、美味しかったですよ。

 

家族が注文したイクラ丼もおいしかったそうですよ。なぜか鳥取でイクラ丼(笑)

 

この時点で、大きな悩みが。

「梨、買ってないよ。。。」

道の駅犬挟(いぬばさり)

次の予定は蒜山。蒜山にはきっとナシはないだろう。岡山県だし。蒜山に行くまでに、道の駅とかそんなのがあったら寄りたい!

ということで、「道の駅犬挟(いぬばさり)」に行くことにしました。鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館からは約30分の道のりです。

 

道中はあまり混むこともなく、スムーズに流れていきます。

予定どおりに道の駅犬挟に到着。

鳥取県 観光

だがしかし!この道の駅も規模がかなり小さい。。。ナシは種類も量も少なくて。

結局、満足できる梨ショッピングはできずじまい。

くぅぅぅ。。。

あまり長居しても仕方ないので、お土産のお菓子なんかを買いつつ、早々に立ち去りました。

広告

ヒルゼン高原センター・ひるぜんジャージーランド

予定パンパンなので、「ヒルゼン高原センター」へ!約20分の道のり。ここって、物産館と遊園地が併設されているんですね。

 

「ジェットコースターに乗りたい!」と言い始める子ども。時間も時間なので、「ジェットコースターだけよ!」と約束して乗りましたよ(笑)

かなり楽しんでたみたいです。「まっすぐ落ちていくんよ!!」ってうれしそうに話してました。

 

で、蒜山といえば、ソフトクリーム!

鳥取県 観光

鳥取二十世紀梨記念館なしっこ館に続き、本日2つ目のソフトクリーム!さすがに「ジャージー牛乳使用」って書いてあるだけあって、かなり濃厚でした。

おいしかったですよ。

 

ついでにひるぜん焼そばも食べたし、なんとここでも梨を売ってて。でも、道の駅犬挟で買ってたものだから、試食もせずにスルー。

シーズンだし、蒜山でも鳥取梨を売ってるのね。。。

 

またまたお土産を買いました。大風呂敷・ジャージー牛乳使用のチョコレート詰め合わせなどなど。

 

さらにさらに、物産館ではなく「蒜山高原的なところ」を求めて、「ひるぜんジャージーランド」へ。

ガイドブックにも「乳製品の品揃えは随一!」と書かれていたし、期待して。

鳥取県 観光

天気が良ければ、かなり見晴らしが良さそうですよ!空気も気持ちよかったし。

ただ、乳製品の品揃えが随一!というのは。。。ヒルゼン高原センターのほうがたっぷりありました。

お菓子とかも選べるので、お土産選びなら「ヒルゼン高原センター」のほうがおすすめ。

 

ひるぜんジャージーランドをうろうろしてたら、ジャージー種の牛を引き連れて、係の人が来てくれました。

触れ合えるということで、子どもはナデナデしてました。さらさらで、かなり体温が高かったそうです。

与島パーキングエリア

15時過ぎとなり、「さて、帰るか」となりました。帰ってから晩ごはんのしたくをして食べるのは大変なので、与島パーキングエリアで夕食にすることに。

蒜山インターチェンジから自動車道に乗り、そのままぐいぐいと突き進み、与島パーキングエリアまで。渋滞もなく、スムーズな流れでしたね。

 

この日、かなり食べ過ぎた私は、晩ごはんはあっさり目で。

与島ラーメンをセレクト。

鳥取県 観光

いりこだしのあっさりスープ。食べ過ぎで疲れた胃腸にやさしい味でした。

けっこうおすすめ!

 

お土産物もかなり充実していて、四国四県・岡山あたりまでカバーしているので、買い忘れ対策にいい(笑)

 

外に出てみると、人工物の美しさに感動して、思わず写真を撮ってしまったのがこれ。

鳥取県 観光

なんだろう、このくるくるの道路。

ぶつからないように、必要最小限のスペースで道路が配置されている感じ。すげーな。

 

ここで、実家に戻る両親と別れ、私たち家族は高松へ。

 

総行程は約550キロくらいかな?思ったよりも総走行距離は短かったですね。でも一人で運転した自分、えらい(笑)

鳥取県は久しぶりでした。鳥取出身の友達がいるので、なんとなくなじみ深いんですが、実際にあまり足を運ばない地域。全国マスターズ陸上が開催されなければ行かなかったでしょう。

 

なかなかいい体験となりました!おもしろかった!

 

鳥取旅行関連記事

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。