投入堂の登山|所要時間や服装、靴など実際に登ってみた口コミレポート!

投入堂 登山

投入堂の登山をしてきました!所要時間や服装をまとめましたので、参考にしてみてください。

完全な登山専用装備をする必要はありませんが、ハードな道中なのでそれなりの準備は必要です。注意点も含めてまとめますね。

 

2018年9月24日の記録です。天候は曇り。雨が降り出しそうな空でしたが、結局降らず、という状況でした。

 

鳥取旅行関連記事

広告

本堂まで

本堂までは階段があるので、基本的に誰でも行くことができます。

  • 大人・・・400円
  • 小中学生・・・200円

 

誰でも行けるとは言いつつも、のっけからこの階段。

投入堂 登山

私は週に2回、バレーボールをしていますが、それでも早くも太ももの裏に疲労を感じました。

 

投入堂 登山

本堂横の看板。先は長そうです。。。

 

ちなみに投入堂まで行くには入場料がかかります。

  • 大人・・・800円
  • 小中学生・・・400円

 

本堂までの料金と合わせるとこれだけの金額が必要です。

  • 大人・・・1,200円
  • 小中学生・・・600円

 

道の整備とかも手がかかりますし、これは仕方ないところです。

広告

所要時間

本堂から投入堂までの往復で約2時間。私たちは8時49分に登山帳に記入し、帰ってきたのが10時43分でした。

本堂のところに、「1時間50分~2時間」と書かれていましたが、まさにそのとおりでしたね。

服装

私が行ったときの服装ですが、本格的な登山グッズは皆無でした。

 

  • 普通のキャップ・帽子(なくてもよかった)
  • 普段着ている半袖Tシャツ(スポーツ用ではない)
  • ゴムのブツブツが付いている軍手(ブツブツありをおすすめします)
  • ジーンズ(普段から街で履いているもの)
  • スニーカーソックス
  • スニーカー
  • リュック(登山口で無料で借りました)

 

こんな感じです。まったく特殊な装備はありませんし、なくても大丈夫です。

ただ、汚れるのは間違いありません。汚れるのが嫌な服装はしないように注意しましょう。

キャップ・帽子

日差しもなく、特にないからといって危険も感じませんでした。

ただ、木々で頭を引っ掛けるリスクがあるので、帽子はあった方がいいと思われます。

上半身

無印良品で売っている、普段遣い用のただのTシャツで行きました。寒さを防ぐため、シャツを上に着ましたが暑くてすぐに脱ぎましたよ。。。

軍手

軍手は必須です。できれば、ブツブツのあるものにしましょう!

登山口でも売ってます(100円)。

 

地面に手をつく、木々をつかむ、岩をつかむ、鎖をつかむ。色んな場面で手を使います。

軍手必須です。

 

ゴム製のブツブツが付いた軍手が特におすすめです。ブツブツがないとつらいかも。

その理由がこちら。

投入堂 登山

木々はみんながつかみます。なので、つるっつるになっているんですよ。

まるで自宅の階段の手すりみたいでしょ?だからこそ、軍手はしっかりと掴めるようにブツブツ付きがおすすめです。

ジーンズ

ジーンズでもジャージでもOKです。

まぁ、ハーフパンツなどの足が見えるものはおすすめできません。動きやすければOKです。

スニーカー

スニーカーも登山用ではありません。

投入堂 登山

ごく普通のスニーカーです。

ただ、登山口で底面をチェックされます。すり減ってツルツルになっているスニーカーとかなら、止められます。

 

投入堂 登山

これくらいなら大丈夫。

 

もし、スニーカーチェックでNGが出ても、わらじを売っています(700円)。

投入堂 登山

足洗い場も足拭きタオルも完備されているので、わらじもアリですよ。

わらじは「全然すべらずに、グリップ力がすごい!」と弟が言ってました。

リュック

水やタオルを入れておくのにリュックがある方がいいです。私は持っていませんでしたが、登山口で無料貸出があったので借りました。

広告

登山口~投入堂

ハードです。

いきなりこんな斜面。

投入堂 登山

投入堂 登山

 

鎖を使って登るところも。

投入堂 登山

 

途中にある「文殊堂」「地蔵堂」では屋根の上のようなところを一周できます。高所恐怖症なら行かないように。

 

絶景です。

投入堂 登山

 

苦労の先に、投入堂が現れます。

投入堂 登山

投入堂自体には行くことができません。写真右下に見える、黒いサクのところまでが限界です。

ここでは記念撮影渋滞が起きます。どうしようもないことなので、ここはガマンです。私も記念撮影しましたしね。

 

で、本当の難関は帰り。下りの方がきついんですよね。

投入堂 登山

例えば、行きはぐいぐいと鎖で登ってきた坂道も、下りになると一気に難易度が増します。足場は滑りやすいし、注意して下りましょう!

注意しながら、じっくりと本堂を目指します!

 

登山口に到着すれば、登山帳に下山時刻を書いて終了。と思いきや、駐車場までの階段を降りないといけません(笑)

投入堂登山のポイント

投入堂登山のポイントは、「手をつく」ということです。とにかく要所要所で、手をついて、よつん這いで進むことです。

 

両手両足の力を使うことで、どこかの部分だけに負担がかかることを防ぎ、疲労を分散させます。また、体重も分散させて、変に滑ることも防ぐことができます。

なので、軍手がとても重要アイテムとなります。

投入堂遥拝所から拝める

下山したら、投入堂遥拝所に行ってみましょう。そこから投入堂が拝めます。

それに、「あー、あそこまで行ったのか」と感動できますよ!

 

登山前は行かないことをおすすめします。「あんなところまで登るのか。。。」とやる気が削がれる可能性が高いので(笑)

準備物 下山後

下山後のために、着替えを一式を準備しておくことをおすすめします。

登山・下山で、シャツはもちろん下着まで汗だくになること間違いありません。ズボンや靴は汚れるし、ころんだ場合、下着まで水がしみるかもしれません。

 

なので、シャツ・ズボン・パンツ・ソックス・靴など、一式の着替えを準備しておきましょう。車の中やトイレで着替えるといいですよ。

年齢

いったい何歳くらいから何歳くらいまで登山できるのでしょうか?私は家族5人で登り、無事に下りてきました。

 

最高齢は68歳の父。登山経験はないけど、毎日畑仕事をしている。

 

女性は40歳。

ここ10年くらい運動らしい運動はしていません。年に数回、ヨガするくらい。

 

小学3年生、9歳女子。

 

こんな感じでも無事に登って帰ってこれました。

じっくり注意して登れば問題ないと思います。

投入堂登山は大変だけどできる!

投入堂登山はいかがでしょうか。めちゃくちゃ準備する必要はないし、行かずにあきらめる必要はありません。

 

多くのブログやホームページでかなり脅されるような書き方をしていますし、この記事でもそうですけど。

結論から言うと、「無事に行って戻ってくることができる」と思います。

 

ただ、スカート、サンダルにショルダーバッグ♪って感じではない、ということを理解しておくことですね。気持ちを引き締めて行けば、大丈夫でしょう!

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

鳥取旅行関連記事

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。