燻製の作り方|自宅やアウトドアキャンプでも。100円ショップで簡単にできます!

燻製の作り方 自宅

燻製が注目されています。ハマる人も続出!

でも、専用のグッズ・ギアが必要なのでは?と二の足を踏む人も多いようです。

ということで、100円ショップのアイテムで燻製をしてみました!

広告

自宅でも100均グッズで初心者でもできる

燻製の作り方 自宅

自宅でも100円ショップのグッズで燻製ができることが分かりました!

といっても、今回試したのはアウトドアのデイキャンプでしたが。

 

燻製とはなにか?も分からないままスタートしたんですね。

燻製で思いつくのは、市販のスモークチーズくらい。そんな私でもできました!

準備物

  • アルミ鍋(大)2つ
  • チップ

 

アルミ鍋は2つセットで100円でした。セリアで購入。

チップは50gで100円。こちらはダイソー。

網は今回は持っていた網を使いました。が、100円ショップのもので十分です。

これだけでいいんですよ。超楽ちんです。

レシピ・時間

自宅であれば10分~15分くらい前に換気扇をつけます。先に空気の流れを作っておいて、部屋に煙が充満しないようにしておきましょう!

 

アルミ鍋にチップをひと握りほど入れます。50g入りチップの3割くらいでしょうか。

平坦にまんべんなく広げるのではなく、真ん中あたりにある程度かためて配置するのがおすすめです。

燻製の作り方 自宅

 

一度コンロに火をつけて、どれくらいの火加減なら煙が出るか、試してみます。

煙が出ればOKです。逆にチップが燃えてしまうとダメなので、火加減を事前に調べるのは大事ですよ。

 

火を止めてから網をアルミ鍋に乗せて食材をセットします。配置は気にせずに。

燻製の作り方 自宅

ただし、チーズは底の部分だけ包装のアルミを残しています。熱でどろどろにならないひと工夫。

 

もうひとつのアルミ鍋を逆さにしてフタにします。

燻製の作り方 自宅

 

火をつけて3分。3分経ったら、火を止めて10分放置。これで完成です!

 

燻製の作り方 自宅

見事な燻製色になりました~♪

チップ

今回は、最も標準的と言われる「桜」のチップを使いました。

スモークの香りと酸味?も付加されて、すごくおいしくなりました。高級感がアップするというか、別の食べ物に変化します。

わずか15分くらいでこんなに味が変わるとは!驚きでしたよ。

 

これはサクラ以外のチップも試してみたくなること間違いなし!

私も次のチップは何にしようか、すぐに悩み始めました(笑)

広告

アウトドア・キャンプでの対応

アウトドアやキャンプでの対応はちょっと注意が必要かもしれません。

なぜなら、かなりの弱火でも煙が立つから。

 

うかつに焚き火や炭火に乗せてしまうと、チップが発火して燃え尽きてしまう可能性があると感じました。

アウトドアやキャンプでこの方法で燻製をするなら、火加減が調整しやすいバーナーやカセットコンロがおすすめです。

 

今回、私は新しく買ったカセットコンロ、「タフまるジュニア」を使いました!

超とろ火にしても火が消えないので、燻製にはもってこいだと感じました!

 

 

 

楽天、安いな。。。マジか。。。

食材はチーズや卵、タコもおすすめ!

食材はいろいろなものがおすすめとして挙がっています。その中から今回試したのがこの3種類。

 

  • ゆで卵
  • プロセスチーズ
  • タコ(蒸し)

 

それぞれの感想はこの通りです。

 

  • ゆで卵・・・おお、しっかり燻製されている!これが燻製か!
  • プロセスチーズ・・・これは、高級チーズじゃないか!ワインとかビールが欲しい!
  • タコ・・・え?何これ?めちゃくちゃおいしいやん!

 

こんな感じです。総合的にはどれもおいしかったです。癖になる味!

ただ、同じパターンでやり過ぎると、飽きてしまうかも、とも感じました。なので、チップを変えるとか、違う食材を試すとかが大事ですね。

 

今回の3種類の食材では一番感動したのがタコですね。こんなに変わるとは思いませんでした。

基本的に蒸しタコは醤油がないと無味、という感じです。ですが、何も付けなくてもおいしい。

むしろ醤油なんかは何も要らない。そんな仕上がりになりました!

 

一方でゆで卵。これが一番ソフトな味です。表面はしっかりと燻製なのですが、表面以外の部分が大きすぎます。

おいしいけどインパクトは薄い。なので、ゆで卵から食べることをおすすめします。

 

チーズはある意味予想通りでしたね。

広告

注意点

注意点は大きく2つです。

火加減

燻製は煙が出ればOKです。とにかく弱火で行うのが大事だと思われます!

強火にしてチップが発火してしまってはいけません。

自宅なら風の影響とかは考えずにできますが、外で行うときにはより注意が必要です。

アルミ鍋は1回ごとに変える

下側のアルミ鍋は1回ごとに変えましょう。私は同じアルミ鍋で2回行いました。

しかし、2回目にはアルミ鍋が焼け落ちてしまいました。3回目もしようとして気づいたんですよね。

なんとかギリギリ耐えましたが。。。1回ごとに変えるのがおすすめです。

 

フタの方は変えなくてもいいので、4枚(2セット)あれば3回の燻製が楽しめます!

ハマる人が続出するのも分かる!

今回、燻製を試してみて、ハマる人が続出というのはすごくよく分かりました。

チップと食材の組み合わせを考えていくと、かなり無限に楽しめそうな気がします!

 

調理もすごく簡単ですから、自宅でもアウトドアでも楽ちん。

 

メインの食事ができる前の前菜にもいい。メインの食事が終わってから、お酒とともに味わうのもいい。

ほんと、いい感じです!ぜひ試してみてください。

ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。