かぼちゃの炊き込みごはん!超簡単レシピでおいしくいただきましょう!

かぼちゃ 炊き込みごはん

広告

かぼちゃの炊き込みごはんの超簡単レシピをご紹介!

かぼちゃの炊き込みごはんっていろいろレシピがありますが、複雑なレシピでは作る気持ちもなくなりませんか?

他におかずも作らないといけないし。

 

ということで、私がいつも作っているかぼちゃの炊き込みごはんの超簡単レシピをご紹介します!

かぼちゃの炊き込みごはんの準備物

  • お米 3合
  • かぼちゃ 4分の1
  • 醤油 大さじ2.5~3
  • みりん 大さじ1

かぼちゃの炊き込みごはんのレシピ

1.お米を洗って、水を入れます。このとき、水の量は規定量。3合の目盛りまで水を入れるようにします。

2.醤油とみりんを入れてしっかり混ぜます。醤油が好きなら大さじ3杯。醤油少なめが良ければ大さじ2.5杯くらいがおすすめ。

3.かぼちゃは種を取って洗います。5mmくらいの厚さで食べやすい大きさに切って、お米の上に置きます。

4.炊飯器の炊き込みごはんモード、または普通モードで炊いて完成です。

広告

お米の量を増やしたり減らしたりするとき

上でご紹介したレシピはお米が3合のときの分量です。1合や2合、4合でも作ることができます!分量を下にまとめておきますね。

醤油の量 みりんの量
1合 大さじ1杯弱~1杯 小さじ1杯
2合 大さじ2杯弱~2杯 小さじ2杯
3合 大さじ2.5杯~3杯 大さじ1杯(小さじ3杯)
4合 大さじ3杯~4杯 大さじ1杯+小さじ1杯

かぼちゃの炊き込みごはんにさらにひと工夫

今回のレシピのかぼちゃの炊き込みごはんは、少ない材料で簡単にできるレシピです。

もし他にも具材があったら一緒に入れてみるのもおすすめです。おすすめの具材をご紹介します。

油揚げ

量は1枚の半分ほど。炊飯器に入れる前にザルに入れて、熱湯をかけましょう。

油抜きをすることで、油っこくない炊き込みごはんにすることができます。油揚げからはダシがしっかり出るのでおいしいですよ!

きのこ類

しめじやまいたけを半パック~1パックくらい入れるのもおすすめ。洗ってほぐしてかぼちゃと一緒に乗せましょう。

きのこ類の量に応じて、かぼちゃの量を減らすといいでしょう。

きのこ類もいいダシが出ますよ。歯ごたえもちょっと変わるので、いいですね。

ひき肉

ひき肉を入れるとコクが出ます。かぼちゃとひき肉はもともと相性がいいので、炊き込みごはんにしてももちろんおいしい!

ひき肉は豚肉か鶏肉がおすすめ。牛肉は脂やアクが出やすいのであまりおすすめできません。

お米3合に対して100~150gがいいでしょう。カボチャと一緒にお米の上に乗せて炊き上げましょう。

広告

かぼちゃの炊き込みごはんは手軽でおいしくて、消費もできます!

かぼちゃの炊き込みごはんは手軽でおいしくて、かぼちゃの消費も進みます!子どもたちにも大人気!

ただの白米は進まない子どもたちも、炊き込みごはんにすればどんどん食べてくれます

 

かぼちゃが余っているときにも、手軽に大量消費できるのがいいですね。

手間がかからないので、他のおかずを作るのにも支障がありません。

 

ぜひかぼちゃの炊き込みごはん、作ってみてください♪

広告
ぜひシェアをお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。