シャンプーボトルの洗い方!ノズル・ポンプの洗い方は?

シャンプーボトル 洗い方

広告

シャンプーボトルの洗い方をご紹介!洗い方で衛生面に問題も?

シャンプーボトルって詰め替えで使えて衛生的だし、ゴミも減ります。でも、お風呂で使うものだけに雑菌とか心配ですよね。

こまめに洗うことで雑菌の繁殖を最低限に抑えて、衛生的に使うことができます。

そこで、シャンプーボトルを衛生的に使うための洗い方をご紹介します。

 

  1. シャンプーボトル内に水を入れて、残ったシャンプーを洗い流す。
  2. シャンプーボトルに中性洗剤などを入れて、手でフタをしてしっかり振る。
  3. 洗剤の泡が出てこなくなるまですすぐ。
  4. ボトルの外側を洗剤で洗う。
  5. しっかり乾燥させる。

まとめると、中を洗って外を洗って乾かす、というだけです(笑)基本的ですが、これがベスト。

つい見落としがちなのが「すすぎ」「乾燥」です。

洗剤が残っていたら、それはそれで雑菌の繁殖の原因となりますし、湿気も雑菌繁殖の原因です。

だからこそ洗い、すすぎ、乾燥のすべての段階をきっちりとしていきましょう♪

 

乾燥には時間がかかります。なので、2つのシャンプーボトルを併用するのがおすすめです。

1つを乾燥させているうちに、もう1つを使うというのがいいですね。

広告

シャンプーボトルのノズルやポンプの洗い方は?

シャンプーボトルのノズルやポンプもしっかり洗いましょう!

シャンプーボトルはボトル部分だけではなく、ノズル・ポンプ部分も大事ですからね。

洗いにくいからこそ、雑菌が増える原因にもなります。

 

  1. ポンプをボトルから取り外して全体をしっかり洗う
  2. 洗面器などにぬるま湯をためて、ポンプを動かして中を洗う
  3. しっかり乾燥させる

 

ポンプ部分も洗い方は基本的にボトル部分と同じです。

ポンプは複雑な形状をしていますから歯ブラシとかを使って接続部分もきれいにしておきたいですね。

外側だけでなく、ポンプのパイプ内にもお湯を通して、ポンプ内も清潔にしておくことも忘れずに!

シャンプーボトルは詰め替え袋ごと使えるタイプがおすすめ

シャンプーボトルは詰め替え袋ごと使うのもいいですね。そうすれば、ボトル部分の汚れをあまり気にしなくてすみます。

詰め替えるときにこぼしてしまって「あっ。。。」と思うこともないですし、こぼしたときの掃除の手間もかかりません。

 

詰め替え袋の上を切るだけなので、詰め替え作業が楽なのがいいですよね。

ある程度大きめのシャンプーボトルを準備しておくのがポイントです。

上の動画のように実際にされている人もいますが、かなり便利そうです!

シャンプーボトルを洗うとか、詰め替えるとかの家事は手間がかからないのが一番です。

広告

シャンプーボトルに詰め替えるときは少しずつもアリ!

シャンプーボトルに詰め替えるとき、詰め替え袋を全部入れないという方法があります。

少しずつ詰め替えるときのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

メリットは大きく1つ。「洗う回数が増えて衛生的に使える」ことです。

単純に洗う回数が増えるので、雑菌の繁殖を抑えることができます。

シャンプーボトル自体をきれいに保つことができて、見た目もいいです。

デメリット

デメリットは2つ。1つ目は「手間が増える」ことですね。洗う回数が増えるので単純に手間が増えます。

2つ目は「ムダが増える」ことです。シャンプーボトルに詰め替えたシャンプーは完全に使い切ることが難しいこともあります。

なので、ムダが増えるという面もあります。

 

できればシャンプーボトルを洗う回数は多いほうがいいですが、手間が増えるのは困ります。バランスですね。

シャンプーボトルは100均のかわいいものもいいですね!

シャンプーボトルは100均でもすごくかわいいものが出ていますね。

ツイッターでも話題になっているので、いくつかご紹介していきます!

最後まで使い切れるシャンプーボトル。デザインもシンプルで飽きが来ない感じですね。

 

詰め替え袋ごと使えるシャンプーボトルも。イラストもかわいくていい!

 

おしゃれなシャンプーボトル!ホテルかヘアサロンか、というイメージですね。

 

シンプルな100均のシャンプーボトルをカスタマイズしている人も。いろいろ試せるのもいいですね。

 

フタが大きく開くタイプのシャンプーボトルは洗いやすいのがとてもいいです!

 

100均もシャンプーボトルにはかなり力が入っています。

探してみるとおしゃれかつ機能的なシャンプーボトルが見つかると思います。ぜひ探してみてください♪

シャンプーボトルの洗い方をマスターして、衛生的に!

シャンプーボトルは洗い方をマスターすることで、いつも衛生的に使うことができます。洗っておけば見た目もきれいですしね。

毎日のお風呂のあとに、浴室の外に出してできる限り乾燥させるのもおすすめです。

 

洗う手間を省けるように、詰め替え袋ごと詰め替える方法もいい。口が広いシャンプーボトルを使うのもいいですね。

手間を減らしつつ、衛生的に使えるようにしておくと安心ですね♪

広告
ぜひシェアをお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。