七五三の親の服装|カジュアルやワンピースでもありか。当日や前撮りの衣装、タイミングなど

七五三の親の服装ってけっこう悩みますよね。

親の服装については、いろんな情報があります。濃い色でシックなのがいいとか、お祝いだからパステルカラーのスーツとかがいいとか、当然、着物でしょとか。

そこで、七五三のときの親の標準的な服装をご紹介します。

広告

七五三の親の服装はカジュアルなものでもいいのか

七五三 親 服装

七五三の親の服装はカジュアルなものでもいいです。ただし、きれい目のよそ行き、という雰囲気ですね。

父親

カジュアルでもいいですが、無難なのはやっぱりスーツですね。一番お祝いにふさわしい感じもありますし。

スーツの場合、ワイシャツは明るい色で、ネクタイもちょっとハデ目なものがおすすめです。お祝い感が出ます。ネクタイは黒や白、グレーにはしないほうがいいですね。

母親

お母さんの服装もカジュアルで問題ないです。ですが、カジュアルと言ってもジーンズとかはさすがにやめておいたほうがいいでしょうね。

じゃ、チノパンなどのパンツならいいのか?となると、またちょっと違うような気がしますね。カジュアルと言っても、「よそ行き」感は忘れないようにしましょう。

広告

七五三の親の服装でワンピースはOKか

七五三 親 服装

七五三の親の服装で、ワンピースはありです!黒とか濃紺とかのワンピースも、七五三にはとっても似合います。

「お祝いなんだから、パステルカラーとか明るい色じゃないとダメ!」という人もいますけど、そこまでこだわる必要はありません。明るい色でも暗い色でも問題ないですよ。

もし、欲しい色のワンピースがあるなら、この機会に買うのはありです!でも、あえて無理をして買う必要はないです。

ただし、お子さんの衣装よりも目立つワンピースはNGですよ。

 

おすすめは、濃い色のワンピースにジャケットや華やかなコサージュを合わせるというコーディネートです。

濃い色のワンピースは使い回しができますし、さっぱりしていていいんです。子どもの服装を邪魔することもありません。おすすめです。

七五三の親の服装は前写しのときはどうするか

七五三の前撮りのとき、親の服装ははっきり言って何でもありです!

両親ともにスーツでもいいですし、お父さんはスーツでお母さんは着物やワンピースで、まったく問題ありません。あくまで記念写真ですから、好きに撮ればいいでしょう。

ただ、主役は子どもなのでその点を忘れないようにしましょう。

 

前撮りのときにくだけて、お参りのときにカチッとした服装にする。これがいいです。間違っても逆はやめましょう。

七五三のお参りは日ごろの感謝とすこやかな成長をお願いするわけです。くだけすぎない服装がいいですね。

広告

七五三の前撮りのおすすめ日程・タイミング

七五三の前撮りの日程はいつにするか、というところで2つポイントがあります。

まず1つ目は「お参りの当日は避ける」ということです。お参りの当日は何かと忙しいです。かなりバタバタのスケジュールになりますから当日はやめておいたほうがいいです。

親も子どもも大変ですよ。

2つ目は「真夏を避ける」ということです。これは服装にもよりますが、着物を真夏に着るのは厳しいですからね。夏は避けたいです。

 

おすすめの時期はやはり10月や11月の少し涼しくなった頃です。

もちろん、この時期はみんなが狙いをつける時期です。日程が決まったらすぐに予約を取りましょう。

のんびりしていたら希望の日程はすぐに埋まりますよ。

七五三の親の服装で一番間違いないパターン

七五三の親の服装は迷いますね。「これが正解」というのがあればいいんですけど、正解がないからこそ迷います。

逆に「これしかない」となると、縛り付けられたようで嫌ですけどね(笑)

 

もっとも間違いがないのは、お父さんがスーツ。お母さんがスーツか着物ですね。これなら間違いはありません。

とは言っても、きれい目にまとめておけば、カジュアルな感じでも問題はないです。

 

注意点は「お子さんの服装よりも派手にならない」ということです。

主役はあくまでお子さんですから。その点を忘れないようにしましょう!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。