浴衣のクリーニング代相場|洗濯機での洗い方や洗える種類、干し方のコツをご紹介します

浴衣 クリーニング代

 

浴衣を着るのは夏に限られます。しかも年に1回とか数回とかのことも多いはず。

そんな浴衣ですが、着るときはいいけど着た後はどうするか、意外とわからないのでは?そう思って調査してみました。

広告

浴衣のクリーニング料金の相場

浴衣をクリーニングに出すと、料金の相場はだいたいこれくらいになります。

800円~3,500円

 

大手チェーン店だと安い傾向があります。呉服店や百貨店であれば高い傾向があります。また、浴衣の材質・種類によっても値段は違います。

くわしくは浴衣を持ち込んで見てもらうしかありません。ただ、概算なら電話などでも教えてくれるでしょう。同時に仕上がり日数なんかも聞いておくと安心ですね。

広告

浴衣をクリーニングに出すときのポイント

浴衣 クリーニング代

 

浴衣をクリーニングに出すときは3つのポイントがあります。

ドライクリーニングにしない

浴衣はしっかり汗を吸い込んでいます。ドライクリーニングでは汗や汗汚れは取れません。ドライクリーニングではあまり意味がないんですよね。

なので、「汗取りクリーニング」や「水洗い」ということを伝えましょう。言わなくても対応してくれるところもありますが、対応してくれないところも。

ドライクリーニングだけでは翌年開いてみると、汗ジミになっている可能性も。。。怖いですね。

プレスしない

浴衣というとふんわりした雰囲気がすごく大事です。しかし、プレスしてしまったら。。。ホテルや旅館に備え付けの浴衣のように、ぺったんこでピシッとした浴衣に大変身してしまいます。趣がなくなりますよね。

なので、プレスしないように、ということを確実に伝えておきましょう。

できれば呉服店や百貨店に依頼する

料金は高くなる傾向にありますが、呉服店や百貨店にクリーニングを依頼するのがおすすめです。やっぱりノウハウが違います。

口コミをチェックしていると、チェーンのクリーニング店に依頼したところ、トラブルも出ているようです。大事な浴衣であるなら、ぜひ専門店へ依頼してみてください。

洗濯機で洗える浴衣は洗濯表示をチェック!

浴衣 クリーニング代

 

最近の浴衣は自宅で洗濯できるタイプも増えてきました。洗濯機のおしゃれ着洗いも進化していますし、ありがたいですね。自宅で洗濯できるかどうかは洗濯表示をチェックしましょう。

2016年12月以降であれば、こんなマークが表示されていれば、自宅で洗濯ができます。

浴衣 クリーニング代

数字や直線があるかもしれません。それにも意味はありますが、とりあえずこのマークがあれば大丈夫です。

くわしくは消費者庁の公式サイトに書かれているので、見てみてください。→洗濯表示(平成28年12月1日以降)

 

2016年11月以前の浴衣なら、こんなマークの場合に自宅で洗濯可能です。

浴衣 クリーニング代

こちらもくわしくは消費者庁公式サイトに掲載されています。ぜひチェックを。→洗濯表示(平成28年11月30日以前)

 

もし洗濯表示が消えてしまっている場合は、クリーニングに出すのが無難です。思い切って自宅で洗濯するという方法もありますが。。。無難なのはクリーニングに出すことですね。

広告

洗濯機で洗うときのコツ・ポイント

浴衣 クリーニング代

 

自宅で洗濯ができることが分かれば、さっそく洗濯していきましょう!浴衣はデリケートな衣類だけに、抑えるべきポイントはしっかりチェックしておきましょう。

色落ちをチェック

洗剤で色落ちするか確認します。洗剤を目立たないところに付けて、数分放置。白い布などを当ててみて色が付かないことを確認しましょう。色落ちするなら、手で水洗いかクリーニングがおすすめです。

事前に汚れを確認

浴衣を広げてみて汚れがないか確認します。もし汚れがあるなら、ポイント洗い洗剤を付けたり、洗剤を先になじませておきましょう。

洗剤は入れても入れなくてもOK

洗剤を無理に入れる必要もないです。目立つ汚れがなければ、目的は汗を抜き取ることです。水洗いでも十分ですね。

たたんで洗濯ネットで洗濯

そのまま洗濯機に放り込んではダメです。洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。

洗濯時間や脱水時間は短めに

洗濯や脱水をすればするほど浴衣は傷んでいく可能性があります。なので、できれば短めにしておくのがおすすめです。

洗濯のりはしてもしなくてもOK

洗濯のりははほどよくパリッとするので、使うのもいいですね。ただ、虫などの餌になるという話も。なので、使うときは保管のときに防虫剤を入れるとか、管理をしっかりするようにしておきましょう。

洗濯機ではなく手洗いでもいい

たらいや浴槽に水をためて、水洗いするのもいいですよ。汗が抜ければOKですから。洗濯機で軽く脱水だけするといいでしょう。

浴衣を干すときのポイント

浴衣 クリーニング代

 

洗った浴衣は干さないといけません。干すときのポイントをご紹介します。

陰干しする

日光に当ててしまうと色あせします。なので、陰干しにしましょう。

専用の和装ハンガーや物干し竿を使う

干すときは専用の和装ハンガーが便利です。乾きやすくて型崩れもしにくいです。大事な浴衣であれば、ぜひ和装ハンガーを使ってみてください。

色あせをさせない、型崩れさせない、というのが大事です。干すことまで考えて、洗濯するようにしましょう!

クリーニング・洗濯以外に、毎年買い換えるという選択肢も

浴衣 クリーニング代

 

浴衣を洗うのはそれほど難しくはありません。またクリーニングに出せばきれいに仕上がってきます。ですが、それも面倒!ということであれば、毎年買い換えるという選択肢もありです。

最近は浴衣もかなりリーズナブルな値段になっています。バッグや下駄はそのままに、浴衣だけ買い換えるのは気分も変わっていいかもしれませんよ。実際にしている人もいます。

私は1つのものを大事にしたい派なので、洗濯しますが、買い換えるのもいいと思いますよ。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。