砥石のおすすめ|初心者向けの家庭用。ステンレス包丁も簡単に砥げるものをご紹介

砥石 おすすめ 初心者

 

包丁の切れ味が鈍ったときに使いたい砥石。しかし、砥石も種類が多すぎてどれが良いのか。。。

ということで、一つ選んで使ってみました。そのレポートです!

広告

砥石のおすすめ。シャプトンの刃の黒幕1500を買ってみた。

砥石がずっと欲しかったんです。そこで選びに選んだ結果、シャプトンの「刃の黒幕」という砥石を購入しました。番手は1500番。

結論から言うと、買ってよかったです。包丁研ぎがかなりサクサクと進んでいきます。いいですね!

 

今まで使っていた砥石は、実家にあったもの。番手すらも分からないシロモノ(笑)それでも時間をかけて、きれいに研げていたんですね。

ただ、実家でも砥石を使うので、好きなときに研げないというデメリットがありました。そこで自分用に買ったというわけです。

 

刃の黒幕には専用ケースが付いています。開けるとこんな感じ。

砥石 おすすめ 初心者

かっこいい。。。

 

砥石の下には白いシートが敷かれています。

砥石 おすすめ 初心者

これは輸送時の緩衝材です。なので、到着したら捨ててOKです。逆にこの緩衝材を敷いたままだと、湿気が抜けにくいなどのデメリットがあるみたいですよ。

ということで、シャプトンの刃の黒幕1500。使っていきます!

 

私はこちらで購入しました。

 

広告

おすすめのシャプトン1500でステンレス包丁を研いだ感想。

シャプトン1500はどちらの面から使ってもOKです。

ですが、公式サイトにもあるように、裏面から使っていきます。片付けたときにかっこいいロゴがいつも見られたほうが気分がいいですからね。

砥石の無地の面を上にして、ケースの上にセットします。専用ケースはゴムの滑り止めも付いていて、砥石を置く台としてすごく優秀

砥石 おすすめ 初心者

 

シャプトンの刃の黒幕シリーズは事前に水に浸しておかなくてもいいタイプ。むしろ長時間浸すのはダメ。すぐに研ぎ始めることができていいですね。

水を垂らしてみると。。。弾く!

砥石 おすすめ 初心者

すごく新鮮な感覚です。

 

今回、包丁は2本研いだのですが、ハイライトは2本目。2本目の包丁はこんな感じに刃が欠けていました。

砥石 おすすめ 初心者

ただ欠けるのではなく、なんかねじれたように欠けていて、なんか厄介。。。と感じていたんです。

そこでひたすら5分。表と裏を研いでいきました。すると。。。たった5分で!

砥石 おすすめ 初心者

欠けた部分がさっぱり分からなくなりました。もっともっとひたすら研いでいかないといけないと思っていたので、これには驚きました!

刃こぼれさえ5分で研ぎきってしまうというシャプトンの1500。

 

もちろん研いだ後の切れ味も最高!固いカボチャも楽に切れるようになりました♪シャプトンの1500、すごくおすすめです!

 

ちなみに研いだあとは手や砥石がこんなになります。

砥石 おすすめ 初心者

砥石 おすすめ 初心者

砥石はしっかり水洗い(洗剤はNG)して乾燥させてからしまいましょう。爪の間も黒くなるのでしっかり洗いましょう。気になるならビニール手袋をして研いでもいいですね。

シャプトン1500を選んだ理由。

数ある砥石の中からシャプトンの刃の黒幕1500番を選んだのには理由があります。

 

まずはブランドです。国内砥石メーカーで信頼できそうなブランドを探しましたが、どうもこのあたりみたいです。

  • シャプトン
  • スエヒロ
  • キング

 

いくつか試した人のレビューを何件も見ていきましたが、この中でもシャプトンがすごく研ぎやすかった、という意見が多かったんです。

それでも他のメーカーが悪いということではなく、シャプトンがさらにいい、ということでした。「値段が高いだけある」というコメントもありましたね。

 

あとは、1本の砥石で完結する、というのもありがたいです。通常、1000番前後である程度砥いでおいて、3000番前後で仕上げるというケースが多いようです。

ですが、シャプトンは1本でも十分とのこと。それはありがたいです。簡単ならそれに勝るものはありません。砥石2本分のスペースも不要ですし。

 

シャプトンの公式サイトには「1本で済ませるなら1500」と書かれています。

砥石 おすすめ 初心者

 

この2つの理由から、最終的にシャプトン刃の黒幕1500に決定しました!まったく後悔のない買い物になって、とても良かったです。

広告

砥石の面直しには何がおすすめか。

砥石は面直しが必要です。砥石を使えば使うほど、摩耗していきます。基本的には真ん中がすり減って、へこんでいくようになります。

横から見るとこんな感じになるわけです。

砥石 おすすめ 初心者

こうなると上手に研げません。なので、砥石を研ぐための砥石である「面直し砥石」が必要なんですね。

シャプトンの砥石だから、面直し砥石もシャプトンで。と思ったのですが。。。シャプトンの面直し砥石はめちゃくちゃ高価!

さすがに面直し砥石にこれだけの金額は出せない。。。ということで、いろいろ調べていきました。

 

するとスエヒロの「SS-2ニューセラックス修正砥石中仕上用」という面直し砥石で十分対応できることが分かりました。

ということで、スエヒロのSS-2も購入。これはまた別の記事でレビューしていきます。

 

包丁も砥石も気に入ったものは長く使いたい!

包丁も砥石も気にったものを買って長く使いたいです。その分愛着も湧きますしね。

「このままずっと使ってたら万能包丁が出刃包丁になるんじゃ?(笑)」と話をしていました。

むしろそれくらいになるまで使い続けられればかなりかっこいいんじゃないかと思うんですよ。

 

ということで、シャプトンの刃の黒幕1500。おすすめです!

まずはこれから始めるのもいいと思いますし、今の砥石に不満があるということなら、これを選んでいいと思います!

 

一緒に楽しい包丁研ぎライフを送りましょ♪

ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。