叡王戦の日程|2024年(第9期)の場所。藤井聡太は4連覇はあるか?予選や持ち時間情報

※広告

叡王戦 2024 場所 将棋

叡王戦は2023年に藤井聡太さんが3連覇!6冠(当時)を維持しました。

そんな叡王戦、2024年は藤井聡太さんの4連覇があるのか。大注目です。

 

叡王戦をさらに楽しめるABEMAプレミアム。

初回は無料お試しできます!

↓ ↓ ↓

AbemaTV 無料体験

★ABEMAプレミアム 無料体験★

↑ ↑ ↑

こちらをクリックで無料体験できます♪

広告

叡王戦のスケジュールと会場

2024年の叡王戦のスケジュールはまだ発表されていません。

 

2021年までは7月~9月の開催でした。

しかし、2022年と2023年は4月~6月の開催になりました。

おそらく2024年も4月~6月の開催となると予想されます。

 

ちなみに、過去2年間のスケジュールはこの様になっていました。

 

2023年

  • 第1局 2023年4月11日(火) 江戸総鎮守 神田明神
  • 第2局 2023年4月23日(日) 名古屋東急ホテル
  • 第3局 2023年5月6日(火) か茂免
  • 第4局 2023年5月28日(日) 浄土ヶ浜パークホテル
  • 第5局 2023年6月17日(土) 柏の葉カンファレンスセンター

 

2022年

  • 第1局 2022年4月28日(木) 江戸総鎮守 神田明神
  • 第2局 2022年5月15日(日) 名古屋東急ホテル
  • 第3局 2022年5月24日(火) 三井ガーデンホテル柏の葉
  • 第4局 2022年6月12日(日) か茂免
  • 第5局 2022年6月19日(日) 北野天満宮

 

叡王戦生中継はABEMATVですね。2024年もおそらく独占放送です。

AbemaTV 無料体験

★ABEMAプレミアム 無料体験★

 

2020年以前は7番勝負で先に4勝したほうが勝ちでしたが、2021年からは5番勝負で3勝したほうが勝ちとなりました。

この制度もかなり浸透してきましたね。

叡王戦は5番勝負、というのもしっくり来るようになりました。

広告

本戦トーナメントの状況

(2024年1月31日更新)

本戦トーナメントの1回戦がすべて終了しました。

2回戦のカードはこのとおりです!

 

  • 永瀬拓矢 × 佐藤天彦
  • 糸谷哲郎 × 本田奎
  • 伊藤匠 × 斎藤明日斗
  • 青嶋未来 × 菅井竜也

 

これはなかなか。。。

フレッシュな顔ぶれになりましたね!

 

こういう戦いを通して、さらに強くなっていきますから。

誰が抜け出すのか。

 

楽しみです!

 

=====

本戦トーナメントが始まりましたね。

 

組み合わせはこうなっています。

叡王戦 本戦トーナメント 組み合わせ

 

  • 永瀬拓矢・佐々木勇気
  • 村山慈明・佐藤天彦
  • 八代弥・糸谷哲郎
  • 藤本渚・本田奎
  • 山崎隆之・伊藤匠
  • 斎藤明日斗・羽生善治
  • 丸山忠久・青嶋未来
  • 松尾歩・菅井竜也

 

熱い組み合わせですね!

予選・本戦トーナメント

2023年の叡王戦、予選・本戦トーナメントの制度はこうなっています。

 

  • 段位別予選トーナメント
  • 本戦トーナメント

 

それぞれのトーナメントについて解説していきますね。

段位別予選トーナメント

四段~九段に分かれてトーナメントを開催します。

 

本戦トーナメントに進出できる人数が段位別に決まっているんですよ。

 

  • 九段・八段・・・3人ずつ
  • 七段・六段・・・2人ずつ
  • 五段・四段・・・1人ずつ

 

それぞれのブロックに分かれてトーナメントを行います。

例えば九段の場合、Aブロック~Cブロックに分かれてトーナメントをします。

 

それぞれの1位の3人が本戦トーナメントに進出できるんですね。

本戦トーナメント

段位別予選トーナメントは予選トーナメントを勝ち抜いた12人と前年の本戦トーナメントでベスト4以上の棋士。

合計16人で行われます。

 

2023年の本戦トーナメントでベスト4になったのがこの4人。

 

  • 菅井竜也
  • 本田奎
  • 山崎隆之
  • 永瀬拓矢

 

2023年は振り飛車の菅井竜也さんが挑戦者になりました。

 

本戦トーナメントもめちゃくちゃおもしろいですよね。タイトル戦以上に楽しいかもしれません。

見たいですねぇ。

 

ABEMAで中継ないかな?

AbemaTV 無料体験

★ABEMAプレミアム 無料体験★

広告

持ち時間(タイトル戦、本戦、予選)

叡王戦の持ち時間をご紹介します。

 

  • 予選トーナメント 1時間(チェスクロック方式)
  • 本戦トーナメント 3時間(チェスクロック方式)
  • タイトル戦 4時間(チェスクロック方式)

 

持ち時間がなくなったら60秒の秒読みとなります。60秒以内に指せなければその時点で負けとなります。

 

そして、叡王戦は珍しく、タイトル戦もチェスクロック方式という方式で行われます。

通常のタイトル戦はストップウォッチ方式がメインです。

 

チェスクロック方式は使った時間がそのままカウントされます。

ストップウォッチ方式は1分以内が切り捨てとなります。

 

2つの方式の違いはこちらの記事にまとめてみました。ぜひぜひチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

将棋の持ち時間とは|ルールや食事・トイレ、チェスクロック・ストップウォッチ方式の違い
将棋の持ち時間についてご紹介します。 持ち時間に関するルールや2種類の方式の違いなどを分かりやすく解説します。 将棋中継ならABEMAプレミアムです。 現役棋士が解説してくれるので、めちゃくちゃ分かりやすいんですよね。 初回は無料お試しでき...

藤井聡太の勢いが止まらない!

2023年の叡王戦は、3勝1敗で菅井竜也さんを下しました。

第4局はなんと千日手が2回。再指し直しの戦いで見事な勝利を掴みました。

 

叡王戦を3連覇。そして6冠を守りました。

 

勢いがありすぎます。誰もこの快進撃を止められない状況となっています。

 

どちらにせよその瞬間を生中継で見たいですねぇ。

AbemaTV 無料体験

★ABEMAプレミアム 無料体験★

 

 

これはもう、夢中で見るしかありません!

広告
タイトルとURLをコピーしました