ワクチンパスポートの申請方法|接種証明書とは何か。反対意見も根強く差別の恐れも?

ワクチンパスポート 申請方法

ワクチンパスポートの受付が始まります。良くも悪くも気になっている人は多いように感じています。

ということで、ワクチンパスポートの申請方法をご紹介します。

広告

申請方法(予定)

ワクチンパスポート 申請方法

ワクチンパスポートの申請方法は各自治体で受付するようになるようです。

申請開始時期

  • 2021年7月26日

必要書類

  • 申請書
  • パスポート(旅券)
  • 接種券
  • 接種済み証または接種記録書

申請場所

  • 市区町村の窓口または郵送

対象者

  • 海外渡航予定がある人のみ

 

概要はこのようになります。ですが、おそらくいつものように地方自治体任せになると思います。

なので、運用自体は細かいところで違ってくると思います。

 

例えば板橋区の公式サイトを見てみました。そうするとこのように書かれています。

  • 原則郵送での申請を頂き、書面で発行いたします。
  • 返信用封筒 ※宛名と切手の貼付をお願いいたします。

 

直接窓口に行けば発行してくれる自治体もあるでしょう。その場合は返信用封筒は不要ですね。

新型コロナウイルス騒動の中、海外渡航計画がある人はものすごく少ないと思いますが。

もし必要ならお住まいの市区町村の公式サイトをチェックしてみてください。

広告

ワクチンパスポートとは

ワクチンパスポート 申請方法

そもそもワクチンパスポートとは何か、ということです。

正式には「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」です。

新型コロナウイルスワクチンを接種済みだということを公的に証明する書類、です。

 

政府の当初の発表では「海外渡航時のみに使うもの」とされています。

反対意見も多いので、そのあたりに気を使ったのでしょうか。さすがに差別につながりそう、と考えたのでしょうか。

もしくは厚生労働省内に、接種しない人が多いとか?

 

いろいろと理由は考えられますが、まずは海外渡航時のみに使われる、ということが発表されています。

今後、どういう風に方向転換されるかはまったく分かりません。なので、注意は必要です。

反対意見も多い

ワクチンパスポート 申請方法

ワクチンパスポートの発行については反対意見も多いですね。

そもそも新型コロナウイルスワクチンに対しての反対意見が多いですから。

 

当初は海外渡航時のみに活用される、ということのようなのでそこまでは影響がないと思いますが。。。

一番の問題は、病気や体質的に接種できない人への対応です。

接種が無理なのに海外へ行けないとか、海外から帰ってこられないということになってしまうと大問題ではないかな、と思うんです。

 

あとは、政府が最初の話をひっくり返して、国内でも使えるようにするよ!と決めた場合です。

接種できない人、接種しない人は自由がかなり制限されるかもしれません。

 

政府はコロコロと言うことを変えていきます。なので、そもそも発行自体に反対する意見が多いのではないかな?と思います。

広告

厚生労働大臣「ワクチンに感染防止効果はない」

新型コロナウイルスワクチンに感染防止効果はない、と田村憲久厚生労働大臣が語っています。

こちらのツイートに掲載されています。

発症は抑えるということなので、今後もPCR検査の陽性者数は減らない、ということなんでしょうね。

噂によると2週間で免疫が得られるということなので、接種2週間後にマスクを外す人が増えたら。。。

今の基準で検査をして報道をするとなると、感染爆発!ということになると考えられます。

 

このあたりはどう考えていくのでしょうね。接種をしても永遠にマスクを外せない、ということになるんでしょうか?

どこを落とし所にするのか、私にはさっぱり分かりません。

いがみ合うのはやめませんか

最近、特にネットでは新型コロナウイルス全般について、かなりいがみ合っているような気がしています。

例えば新型コロナウイルスワクチンをする人はしない人を責めなくてもいいと思うんです。

だって、接種すれば自分は発症しないんですから。

 

お互いに意見があるのはいいですよね。それが普通。

でも、反対意見の人を責めたり非難したりするのは違うと思うんです。

 

いがみ合っているとおもしろくないですし、気持ちも重くなります。

ある意味、人は人、自分は自分、くらいに割り切ってぐちゃぐちゃとやり合うのはやめたいな、と。そんなことを思っています。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。