マリトッツォとは|意味やおすすめの食べ方。保存方法やなぜ人気?通販もあり

マリトッツォとは 意味

マリトッツォが人気ですね。確かにSNS映えはしますよね。見た目がいい感じですしね。

冷やして食べると夏にもおいしい♪そんなマリトッツォについてご紹介します!

広告

マリトッツォとは

マリトッツォとは 意味

マリトッツォとは、イタリアのパン?お菓子?デザート?です。

朝食にマリトッツォとコーヒーという人も。おやつに食べるという人も。

いろんなシーンで食べられる伝統的な食べ物です。街のバルやお菓子屋さんでよく見られるそうですよ。

 

マリトッツォの歴史はなんとローマ時代にさかのぼるそうで。完全なるイタリアの伝統の食べ物ということができますね。

広告

マリトッツォの意味

マリトッツォという名前。意味は「夫」を意味するイタリア語「marito(マリート)」から来ているようです。

 

マリトッツォは男性が、婚約者である女性に贈る習慣があったそうです。そこからマリトッツォ(maritoの俗語)と呼ばれるようになったとか。

特別なものではなく、日常食べるものを贈るというのが、なんかイタリアのイメージからは離れますね。

 

婚約者じゃなくても、好きな女性に贈ることもあったとか。

 

逆パターンという説もあったようです。女性がマリトッツォを作って、意中の男性に贈るというパターンです。

これはなんとなく分かります。どこにでもある家庭料理をこんなに上手に作れるんですよ、というアピールですよね。

マリトッツォがおいしければ、他の料理もおいしいんじゃないか?と思わせることができそう。

 

夫婦になってからという説もあります。まだ眠っている妻のために、夫が買いに走ったというエピソードもあるとか。

 

もう古い話なので、どの説が本当なのか、ということは今後判明しないと思います

とにかく、「夫」という言葉に関係していること。そして、恋愛に関係してそうなこと。ここは間違いない感じですね。

食べにくい!難しい食べ方

マリトッツォは食べ方が難しいですね。

そのままかぶりつくと、間違いなく中の生クリームがむにゅーってなってしまいますよ。

 

いくつかおすすめの食べ方があるので、ご紹介します。

横に半分に切る

クリームの真ん中に包丁やナイフを入れて、上下に二等分して食べる方法です。安全で上品な感じがあります。

上のパンを外してクリームをすくう

上のパンを外して、それでクリームをすくって食べる方法も。実はこれが一番食べやすいんじゃないかと思います。

パンがつながっている場合、難易度が格段に上がるので注意です。

凍らせる

凍らせると生クリームがけっこう固くなります。なので、むにゅーっとなりにくいというところがあります。

ただ、かぶりつくと、やっぱり生クリームははみ出します。

凍らせてから包丁などでカットすると格段に食べやすくなります。

クリームを先に食べる

スプーンなどで先にクリームをえぐって、食べやすくするという方法です。

パンと生クリームを別々に食べるようになるので、マリトッツォじゃなくてもいいんじゃない?という食べ方です(笑)

 

とにかく食べにくいという声は多いですね。ツイッターでも苦労しているというツイートは多いですね。いくつかご紹介します。

本当は何も氣にせず、手や口をベタベタにしつつ食べるのがおいしいと思うんですけどね(笑)なかなかそうもいきません。

良い食べ方を発見したら、ぜひ教えてください♪

広告

保存はできる?賞味期限・消費期限について

マリトッツォをたくさん購入したとか、いくつも作ったとか、そういうときに気になるのが保存方法です。

保存方法としては「冷凍保存」ですね。ちょっと長く保存しようと思ったら冷凍保存しかありません。

 

もし挟んでいる具(というのか?)が生クリームだけなら、数週間は大丈夫、という話もあります。

実際に生クリームを数週間、冷凍保存している人も多いです。

 

ですが、そこにフルーツやら何やらが入っていた場合、何週間もは保存できません。長くても数日くらいで食べるのがおすすめです。

 

お店で買った場合は、もちろんケーキなどと同じくナマモノ扱いですね。

どんなに長くても翌日までには食べるように、シールとかが貼られていると思います。よくチェックしてみてください。

 

ただ、生クリームを使った食べ物で、寝かせたほうがおいしいとかは聞いたことがありません。

おいしくいただくために、買ったり届いたりしたら早めに食べるのがおすすめですね。

せっかくのマリトッツォ、できるだけおいしく食べたいじゃないですか!

なぜマリトッツォは人気なのか

なぜマリトッツォはこんなに人気になったのでしょうか。いろんな要因が考えられています。

 

  • リーズナブル
  • 間違いなくおいしい
  • SNSで話題
  • ブームになってバリエーションが増えた

 

どれが最初なのでしょうね。おそらく最初は「カルディ」での冷凍販売だったような感じです。

カルディで食べた人がSNSにアップ。

その投稿を見た人がカルディで買って、SNSにアップ。売り切れが続きさらに話題に。

 

実はパンに生クリームを挟んだだけ、というのが分かって、お菓子屋さん・パン屋さん・デザート屋さんが次々と参入。

オリジナリティを出すために、フルーツやナッツを混ぜ込んで、さらにSNS映えするように。

 

そうしてこのブームになったみたいですね。

 

ケーキを買うよりもリーズナブルに楽しめますし、パンと生クリームなので、間違いなくおいしいです。

いろんな要素が絡み合って、加速度的に流行したようです。

通販で買うのもあり

大人気のマリトッツォ。通販で買うのもありですよ。

 

日本の元祖と言える(と思っている)カルディ。1個270円で販売中です。

カルディ 公式通販

 

楽天でもいろんなお店が出品しています。めちゃくちゃ種類が多いですよ。

マリトッツォ通販(楽天市場)

 

ネットショッピングのレビューや口コミには問題があるのは分かっていますが。。。レビューを参考にして選ぶのもいいですね。

 

あと面白いのがマリトッツォセット販売されていることです。

 

これがあれば、すぐさまマリトッツォを作ることができます。家族や恋人、友達と作るのも楽しそうです!

缶詰とか生フルーツで好きなトッピングができるのもGoodですね!

日本にも昔からあったような。。。

マリトッツォが騒がれていますが。。。こういうパンって昔から日本にもありましたよね。

とにかくパンに生クリームを挟めばいいだけですから。

昔からあったはずのものが、このタイミングでブームになるのがなかなかおもしろいです。

 

せっかくなので、流行に乗って楽しむのもいいかもしれませんね!

ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。