窓用エアコンとは|冷暖房できる?防犯対策はどうするか。詳しくご紹介します!

窓用エアコンとは

窓用エアコンってありますよね。

付けている家もけっこう多くて、最初は「あれは何だろう?」と思っていましたが、エアコンと知って驚きました。

コンパクトでなかなか良さそうです!

広告

窓用エアコンとは。エアコンとの違いやメリットデメリット

窓用エアコンとは、「室外機一体型のエアコン」のことです。

通常のエアコンは室内に横長の本体があり、そこからホースが伸びて、屋外に設置した室外機につながっています。

窓用エアコンはホースと室外機のない、コンパクトタイプです。

 

窓用エアコンのメリットとデメリットをまとめてみます。

メリット

  • 小型コンパクト
  • 自分で設置ができる(工事費がかからない)
  • 室外機を設置できない部屋にも置ける
  • 本体が安価

 

とにかく小さくて場所を取りません。

しかも、自分で設置できるということで費用がかからないというのも大きなメリットですね。

 

本体価格や工事費など、イニシャルコストはとても少なくてすみます

デメリット

  • 広い部屋用のものはない
  • 室外機一体型なので、普通のエアコンよりも騒音がうるさい
  • 普通のエアコンよりも電気代がかかる
  • 運転中は窓を閉められない

 

デメリットもいくつかあります。小部屋用に作られているので、大きな部屋にはパワー不足です。

室外機もセットだからこそコンパクトですが、騒音があります。

ウインドエアコンという選択肢

普通のエアコンの方が、エネルギーを効率的に使えます。

なので、設置できるスペースがあり、工事費などを含めた予算が許すなら、普通のエアコンをおすすめします。

 

もし設置スペースがないなら窓用エアコンがおすすめです。

例えば大部屋に窓用エアコンを設置するのはおすすめできません。

冷房・暖房効果はかなり薄いですし、電気代もかかります。さらに騒音も高いです。

 

設置するなら小部屋かつ、壁掛けエアコンがセットできない場合にするのがおすすめです。

広告

窓用エアコンは冷暖房可能か

窓用エアコンとは

窓用エアコンは冷暖房に対応しています。

 

もちろん機種によります。窓用クーラーとか窓用ヒーターもあります。

基本的には室外機一体型というだけで、機能的には普通のエアコンと考えてOKです。

 

リモコンもありますし、温度設定もできます。特に冷却水を入れる必要もありません。

窓用エアコンだから、何か特別なことをしないといけない、ということはありません。

普通の壁掛けエアコンと機能は変わりませんから、ご安心を。

防犯対策が大事。防犯グッズも

窓用エアコン特有の問題として、防犯対策が大事です。

使用中は窓を閉めることができません。

もし窓を閉めてしまうと、冷房機能も暖房機能もほぼ効きません。窓が割れる危険性すらあります。

なので防犯対策はしっかりとするようにしましょう。

 

まず1階には設置しないほうがいいでしょう。

絶対にその部屋にいるときにしか使わないならいいのですが、どうしてもトイレやお風呂やちょっとした用事でその部屋を離れることもあるでしょう。

そのときにリスクは高いです。

 

窓には補助ロックを設置しましょう。補助ロックはこんな感じのものです。

窓用エアコンとは

セットした場所で窓がストップします。それ以上は開かないので、窓用エアコンには必須アイテムと言えます。

1つだけでは心もとないので、上下セットで設置すると、より安全性は高まります。

ホームセンターなどで数個入りのものがありますから、ぜひセットしてみてください。

 

もちろんインターネットにもありますよ。

 

>>>窓用補助ロックの一覧(楽天市場)

 

何個かセットになっているものが多いですね。

安すぎるロックはなんとなく不安(笑)なので、ある程度の値段のものがおすすめです。

広告

窓用エアコンも状況次第で十分あり!

窓用エアコンとは、室外機一体型のエアコンです。

室外機が置けない部屋などに設置するのに適していますね。

機能は普通のエアコンと変わりません。冷暖房OKですし、温度設定もできます。

 

防犯の面で少し弱いところがありますから、補助ロックなどの活用は必須です。

セキュリティには十分注意するようにしましょう。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。