万年筆のペン先洗浄方法|インクが出ないときの洗い方はすごく簡単です!

万年筆 ペン先 洗浄

万年筆を久しぶりに引っ張り出してきました。以前使ったままだったので、当然インクが固まって出ない状態。。。万年筆よ、ごめん。

しかもこれ、何度目か分かりません。ということで、いつものように洗浄しました!

広告

万年筆(カートリッジ式)のペン先を洗う手順を写真付きでご紹介

インクが出なくなった万年筆のペン先を洗って復活させました!

準備物

ヨーグルトのフタなどの平たい容器

手順

まずは万年筆を分解しましょう。

万年筆 ペン先 洗浄

 

キャップを外してペン先も外します。ここでトラブル!

本当は空っぽになったインクカートリッジも外したいのですが。。。あまりに放置しすぎたためか、固着して外れません!仕方ないのでそのまま次の手順に。

 

ヨーグルトのフタなどの浅い容器に水を入れます。

万年筆 ペン先 洗浄

そこへペン先をぽちゃんと浸けます。ペン全体が水に入るほどの深さにしておくのがポイントです。

コップなどにペン先を下にして入れている人もいます。ですが、なんだかペン先に悪そうな気がしているので、私は横にして水に入れています。

 

1時間経った頃には固まったインクがこれだけ溶けて出てきました。

万年筆 ペン先 洗浄

これできっと大丈夫だろう!と思って取り出しました。インクカートリッジもなんとか外すことができました。

 

そして、流水で洗い流します。ペン先は触らず、インクカートリッジ側から水を流していきます。きれいに洗い流しましょう。

洗い流した後はティッシュの上で乾燥させます。しかし、これだけインクが残っていました。

万年筆 ペン先 洗浄

できるならもう一度、水に入れてもっと長い間置いておくと良かったですね。今回は早く使いたかったのでこれで。

 

1時間半後、それなりに乾燥した感じだったので、新しいインクカートリッジをセット!

万年筆 ペン先 洗浄

組み直しました。

 

最初はインクがペン先までなじんでいないので書けませんが、しばらくすると書けるようになりました!無事に復活できました♪

万年筆 ペン先 洗浄

しかし、ちょっと色が薄いですね。これは乾燥不足と思われます。ブルーブラックのインクと残っている水が混ざって、色が薄いのだと思います。

これも慌てすぎ(笑)もっとじっくり乾燥させることをおすすめします!

 

とは言え、これで、まったく書けなかった万年筆が復活しました!浅い容器と水があれば簡単に万年筆は復活できます。

もし古くてもう使えない!と思っている万年筆があれば、ぜひ試してみてください。もしかすると復活して使えるようになるかもしれませんよ!

広告

万年筆の最高のメンテナンスは毎日使うこと!?

万年筆 ペン先 洗浄

万年筆の最高のメンテナンスは毎日使うことらしいですよ!パイロットの公式サイトに書かれています。それがこちら。

https://www.pilot.co.jp/support/fountain/1122817726639.html

 

「万年筆は毎日使うことが一番のメンテナンスですが、~~」と明記されていますね。

万年筆でも何でも使わないと大事にしているようで、実は大事にできていない、ということってありますよね。人が住んでいない家はすぐに傷むとも言います。

やっぱり道具は使ってナンボ。ぜひ万年筆は毎日使うようにしましょう♪

万年筆は書き味がいい!味がありますね。

万年筆って書き味がいいですよね。紙の上で滑りすぎないのがいいんですよ。適度な抵抗感。書いている感じがありますね!

最近、めちゃくちゃ滑りがいいボールペンとかないですか?あれ、ちょっと苦手なんですよね。ペン先が走りすぎて上手に書けないんですよ。

 

ということで万年筆。適度な抵抗があって書きやすいです。キャップを取ったり付けたりする手間はありますが、それも味ですね。

広告

万年筆の洗浄は簡単。じっくりするのがおすすめ!

万年筆 ペン先 洗浄

万年筆の洗浄はすごく簡単です。私は2時間半で、ほぼ放置で完了しました。めちゃくちゃ早くないですか?

でも、実際はもっと時間を取ってするほうがいいでしょうね。何度か水を変えてしっかり水にペン先をつける。一晩くらい寝かせておくといいでしょう。どうせ放置ですし(笑)

そしてしっかり乾燥させるのにまた1日くらい放置しておくといいと思います。私のようにあわてて短時間でしないほうが、本当はいいと思うんですよね。

 

ということで、もし眠っている万年筆があるなら、ぜひ洗って使ってあげてください!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。