渦の道のホームページや所要時間、料金や潮見表|実際に行ってみた感想・レビュー

渦の道 ホームページ

 

渦潮で有名な鳴門海峡。徳島側には渦の道という、鳴門海峡の上を歩ける道があります。そこに恐怖体験をしに行ってきました(笑)。

その感想をお届けします!

広告

渦の道に行ってみた!こんな感じです

大鳴門橋の車が通る道の下。そこに渦の道はあります。

 

こんな感じ。

渦の道 ホームページ

横は網状になっていて潮風を感じることができます。雨の日とかはどうなんでしょうね。吹き降りだと濡れるのかな?

 

道中には4か所、覗き穴があって、こんなふうに海を見ることができます。

渦の道 ホームページ

渦の道 ホームページ

一種の恐怖体験です。肝試しに近いかもですね。案外、気持ち悪いものです(笑)避けていく人もけっこういましたよ。

抜けるはずがない!と思っていても、ちょっと恐ろしいですよね。

 

景色は絶景。

渦の道 ホームページ

天気が最高ですよ!こんな日はなかなか出会えないんじゃない?と思えるほどのいい天気でした。

 

見上げるとこんな感じ。

渦の道 ホームページ

人工物の美しさというか、すごさというか。そんなのが間近に感じられます。

 

今回、残念ながら渦を巻いているところは見ることができませんでした。見るタイミングは満潮または干潮のとき。

特に、大潮のときが満潮でも干潮でも見頃だそうです。

 

渦の道の公式サイトでチェックして、そういう日を中心に予定を立てるのがおすすめです。

>>>渦の道の潮見表

 

潮見表時間の前後2時間~1時間あたりが見ごろみたいです。

大潮なら前後2時間の合計4時間、中潮なら前後1.5時間の合計3時間、小潮なら前後1時間の合計2時間がいいとのこと。

広告

渦の道には公式サイトがあります

渦の道には公式ホームページがあります。それがこちら。

 

渦の道 ホームページ

https://www.uzunomichi.jp/

 

  • 本日のうずしおベストタイム
  • 潮見表
  • 動画
  • フォトギャラリー
  • アクセス
  • 大鳴門橋架橋記念館エディ

これらの情報が分かりやすく掲載されています。渦の道を100%楽しむために、事前にチェックしておくのがおすすめです!

渦の道の所要時間

渦の道の建物に入ってから帰ってくるまで、「約30分」です。どれだけじっくり観察するかで違ってきますが、だいたい30分もあったら行って帰ってこれます。

あとは駐車場から渦の道の建物までも時間がかかります。約10分~15分。これが意外と盲点なので、要注意です。

広告

渦の道の料金

渦の道を渡るには料金が必要です。料金はこのようになっています。

  • 大人・・・510円
  • 中高生・・・410円
  • 小学生・・・260円

 

また身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた人と、介護者1人には割引も適用されます。

  • 大人・・・250円
  • 中高生・・・200円
  • 小学生・・・130円

渦の道は潮見表を見て行くのがおすすめ!

渦の道で私は渦潮を見ることができませんでした。見られなくても海上45mの高さからの景色は十分楽しめます。ですが、やっぱり見られたほうがいいですよね。

ぜひ事前に公式ホームページから潮見表をチェックしてみてください。このタイミングに合わせて行ければ最高ですね!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。