つとめるの漢字の使い分け|務める・勤める・努めるの意味の違いと使い方

つとめる 漢字 使い分け

日本語は異口同音の言葉がたくさん!漢字も意味も違いますよね。その代表的なものが「つとめる」。

ということで、「つとめる」についてご紹介していきます!

広告

つとめるには主に3種類

「つとめる」には主に3種類の漢字と意味があります。それがこちら。

 

  • 務める
  • 勤める
  • 努める

 

どれも「つとめる」。送り仮名は「める」。統一感が美しいですね。

では、それぞれの「つとめる」をどう使っていくのか、使い分けていくのか、それぞれについてご紹介していきます。

広告

務めるの意味や使い方。例文

つとめる 漢字 使い分け

まずは「務める」です。意味はこちら。

 

  • ある役目・役割・地位を受け持つ

 

例えば「進行役を務める」とか、「このたび、社長を務めることとなりました」とか。このように使います。

その他の例文をご紹介します。

 

  • シン・エヴァンゲリオンの総監督を務めたのは、庵野秀明さんです。
  • このたび、司会を務めることとなりました、つばきと申します。
  • あの人は部長を務めるのに適している。

 

とにかく、役割や任務、地位やポジションなどを受け持つ、というときに使います。

勤めるの意味や使い方。仕事ならこれ

つとめる 漢字 使い分け

2つ目の「勤める」です。勤めるの意味がこちら。

 

  • 役所や会社などに行って仕事をすること。職員として働くこと。

 

会社や企業などで、働くときに使うのが「勤める」です。

例えば「出勤」という言葉がありますね。これがポイント。

他にも「勤務」という言葉もあります。ですが、勤務はどちらも「つとめる」と読む漢字です。なので、「出勤」を覚えることをおすすめします。

あとは「勤続」なんかもいいかもです。勤続年数というと、その会社や企業で働いた年数ですから。

 

例文をご紹介します。

 

  • 私の父は、○○株式会社に勤めている。
  • あなたの勤めている会社ってどこにあるの?

 

実際にこれくらいの用法しかありません。一番分かりやすいのが、この勤めるかもしれません。

広告

努めるのとは。意味や使い方や例文

つとめる 漢字 使い分け

3つ目の「努める」。この努めるの意味がこちら。

 

  • 努力して行う。力を尽くしてがんばる。
  • 無理をして行う。我慢して行う。

 

「努力」の努ですから、これも分かりやすいですね。がんばってするとか、一生懸命するとか。そんな意味があるつとめるです。

例文はこちら。

 

  • 毎晩、日記を書くように努めている。
  • 何ごとにも全力で取り組むように努めています。
  • 期待に答えられるよう努めます。

 

使い分けるポイントは、一生懸命感とか努力感とかがあるかどうか、です。

つとめるには「勉める」もある。意味・例文・使い方

つとめる 漢字 使い分け

つとめるには「勉める」という漢字が使われることもあります。

あくまでメジャーなのは「務める」「勤める」「努める」の3種類ですが、まれに「勉める」も使われます。

 

実は意味は「努める」と同じです。がんばってするとか、無理をしてするとか。そういう意味です。

なので、「努める」が使われることが多いですね。無理に勉めるを覚える必要はないです。

 

何かの文章で出てきたときに「努めると同じだな」と思えればOKです。

勉強の勉ですから、一生懸命する、我慢してする、ということが連想できれば問題ないですね!

 

例文はこんな感じに。

 

  • お客様を全力でサポートできるように勉めます。
  • テストがあるので、家庭学習に勉めています。

 

読んで理解できればいいです。無理に自分で使う必要はないです。

「つとめる」は一度理解すれば大丈夫です!

「つとめる」は一度理解できれば問題ないです。簡単な部類の同音異義語です。

一番楽な使い分け方は、消去法だと思います。

 

企業などで働く「勤める」と、努力する「努める」。

まずこの2つを理解しておいて、この2つに当てはまらないものが「務める」と考えるのが一番簡単じゃないでしょうか。

熟語などを使って、連想ゲーム的に覚えるといいですよ。

 

ポイントは「出勤」「努力」です。ぜひお試しください!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。