選抜高校野球の歴代優勝校と決勝カード|センバツの入場行進曲(テーマソング)も!

選抜高校野球 歴代優勝校 一覧

選抜高校野球というと、日本の春を象徴するスポーツと言えます。

夏が暑すぎる昨今、春のセンバツは球児の体にもやさしくていいですね。

ということで、歴代優勝校・決勝戦のカード・テーマソングをご紹介します!

広告

選抜高校野球の優勝校と決勝戦結果一覧

春のセンバツの優勝校と決勝戦の対戦カード、結果をご紹介します!

 

開催年 優勝校 都道府県 スコア 準優勝校 都道府県
1 1924 高松商 香川 2-0 早稲田実 東京
2 1925 松山商 愛媛 3-2 高松商 香川
3 1926 広陵中 広島 7-0 松本商 長野
4 1927 和歌山中 和歌山 8-3 広陵中 広島
5 1928 関西学院中 兵庫 2-1 和歌山中 和歌山
6 1929 第一神港商 兵庫 3-1 広陵中 広島
7 1930 第一神港商 兵庫 6-1 松山商 愛媛
8 1931 広島商 広島 2-0 中京商 愛知
9 1932 松山商 愛媛 1-0 明石中 兵庫
10 1933 岐阜商 岐阜 1-0 明石中 兵庫
11 1934 東邦商 愛知 2-1 浪華商 大阪
12 1935 岐阜商 岐阜 5-4 広陵中 広島
13 1936 愛知商 愛知 2-1 桐生中 群馬
14 1937 浪華商 大阪 2-0 中京商 愛知
15 1938 中京商 愛知 1-0 東邦商 愛知
16 1939 東邦商 愛知 7-2 岐阜商 岐阜
17 1940 岐阜商 岐阜 2-0 京都商 京都
18 1941 東邦商 愛知 5-2 一宮中 愛知
19 1947 徳島商 徳島 3-1 小倉中 福岡
20 1948 京都一商 京都 1-0 京都二商 京都
21 1949 北野 大阪 6-4 芦屋 兵庫
22 1950 韮山 静岡 4-1 高知商 高知
23 1951 鳴門 徳島 3-2 鳴尾 兵庫
24 1952 静岡商 静岡 2-0 鳴門 徳島
25 1953 洲本 兵庫 4-0 浪華商 大阪
26 1954 飯田長姫 長野 1-0 小倉 福岡
27 1955 浪華商 大阪 4-3 桐生 群馬
28 1956 中京商 愛知 4-0 岐阜商 岐阜
29 1957 早稲田実 東京 5-3 高知商 高知
30 1958 済々黌 熊本 7-1 中京商 愛知
31 1959 中京商 愛知 3-2 岐阜商 岐阜
32 1960 高松商 香川 2-1 米子東 鳥取
33 1961 法政二 神奈川 4-0 高松商 香川
34 1962 作新学院 栃木 1-0 日大三 東京
35 1963 下関商 山口 10-0 北海 北海道
36 1964 海南 徳島 3-2 尾道商 広島
37 1965 岡山東商 岡山 2-1 市和歌山商 和歌山
38 1966 中京商 愛知 1-0 土佐 高知
39 1967 津久見 大分 2-1 高知 高知
40 1968 大宮工 埼玉 3-2 尾道商 広島
41 1969 三重 三重 12-0 堀越 東京
42 1970 箕島 和歌山 5-4 北陽 大阪
43 1971 日大三 東京 2-0 大鉄 大阪
44 1972 日大桜丘 東京 5-0 日大三 東京
45 1973 横浜 神奈川 3-1 広島商 広島
46 1974 報徳学園 兵庫 3-1 池田 徳島
47 1975 高知 高知 10-5 東海大相模 神奈川
48 1976 崇徳 広島 5-0 小山 栃木
49 1977 箕島 和歌山 3-0 中村 高知
50 1978 浜松商 静岡 2-0 福井商 福井
51 1979 箕島 和歌山 8-7 浪商 大阪
52 1980 高知商 高知 1-0 帝京 東京
53 1981 PL学園 大阪 2-1 印旛 千葉
54 1982 PL学園 大阪 15-2 二松学舎大付 東京
55 1983 池田 徳島 3-0 横浜商 神奈川
56 1984 岩倉 東京 1-0 PL学園 大阪
57 1985 伊野商 高知 4-0 帝京 東京
58 1986 池田 徳島 7-1 宇都宮南 栃木
59 1987 PL学園 大阪 7-1 関東一 東京
60 1988 宇和島東 愛媛 6-0 東邦 愛知
61 1989 東邦 愛知 3-2 上宮 大阪
62 1990 近大付 大阪 5-2 新田 愛媛
63 1991 広陵 広島 6-5 松商学園 長野
64 1992 帝京 東京 3-2 東海大相模 神奈川
65 1993 上宮 大阪 3-0 大宮東 埼玉
66 1994 智弁和歌山 和歌山 7-5 常総学院 茨城
67 1995 観音寺中央 香川 4-0 銚子商 千葉
68 1996 鹿児島実 鹿児島 6-3 智弁和歌山 和歌山
69 1997 天理 奈良 4-1 中京大中京 愛知
70 1998 横浜 神奈川 3-0 関大一 大阪
71 1999 沖縄尚学 沖縄 7-2 水戸商 茨城
72 2000 東海大相模 神奈川 4-2 智弁和歌山 和歌山
73 2001 常総学院 茨城 7-6 仙台育英 宮城
74 2002 報徳学園 兵庫 8-2 鳴門工 徳島
75 2003 広陵 広島 15-3 横浜 神奈川
76 2004 済美 愛媛 6-5 愛工大名電 愛知
77 2005 愛工大名電 愛知 9-2 神村学園 鹿児島
78 2006 横浜 神奈川 21-0 清峰 長崎
79 2007 常葉菊川 静岡 6-5 大垣日大 岐阜
80 2008 沖縄尚学 沖縄 9-0 聖望学園 埼玉
81 2009 清峰 長崎 1-0 花巻東 岩手
82 2010 興南 沖縄 10-5 日大三 東京
83 2011 東海大相模 神奈川 6-1 九州国際大付 福岡
84 2012 大阪桐蔭 大阪 7-3 光星学院 青森
85 2013 浦和学院 埼玉 17-1 済美 愛媛
86 2014 龍谷大平安 京都 6-2 履正社 大阪
87 2015 敦賀気比 福井 3-1 東海大四 北海道
88 2016 智弁学園 奈良 2-1 高松商 香川
89 2017 大阪桐蔭 大阪 8-3 履正社 大阪
90 2018 大阪桐蔭 大阪 5-2 智弁和歌山 和歌山
91 2019 東邦 愛知 6-0 習志野 千葉
92 2020 中止
93 2021 東海大相模 神奈川 3-2 明豊 大分
94 2022 大阪桐蔭 大阪 18-1 近江 滋賀

 

連覇って3回だけなんですね!

兵庫の第一神港商、大阪のPL学園と大阪桐蔭。この3校だけが達成しています。これは意外でした。

名門と言われている高校がたくさんあるのに、連覇が少ないとは。うーん、何度考えても意外です!

広告

歴代行進曲一覧

歴代の選抜高校野球行進曲を一覧でご紹介します。

 

開催年 曲名 アーティスト
1 1924 星条旗よ永遠なれ
2 1925 カレドニアン・マーチ
3 1926 親しき戦友
4 1927 (なし)
5 1928 モン・パリ
6 1929 観兵式行進曲
7 1930 われら戦友
8 1931 旧大会歌
9 1932 爆弾三勇士の歌
10 1933 青年
11 1934 大会歌・陽は舞いおどる甲子園
12 1935 大会歌・陽は舞いおどる甲子園
13 1936 大会歌・陽は舞いおどる甲子園
14 1937 大会歌・陽は舞いおどる甲子園
15 1938 愛国行進曲
16 1939 大陸行進曲
17 1940 紀元二千六百年奉祝歌
18 1941 国民進撃歌
19 1947 剣と槍
20 1948 鐘の鳴る丘
21 1949 異国の丘
22 1950 ハイスクール
23 1951 スポーツショー
24 1952 君が代マーチ
25 1953 黄色いリボン
26 1954 錨をあげて
27 1955 セントルイス・ブルース
28 1956 雷神
29 1957 緑のこだま
30 1958 クワイ河マーチ
31 1959 皇太子のタンゴ
32 1960 誕生日
33 1961 バッファロー大隊マーチ
34 1962 上を向いて歩こう 坂本九
35 1963 いつでも夢を 橋幸夫、吉永小百合
36 1964 こんにちは赤ちゃん 梓みちよ
37 1965 幸せなら手をたたこう 坂本九
38 1966 ともだち 坂本九
39 1967 世界の国からこんにちは 三波春夫
40 1968 世界は二人のために 佐良直美
41 1969 三百六十五歩のマーチ 水前寺清子
42 1970 世界の国からこんにちは 三波春夫
43 1971 希望 岸洋子
44 1972 また逢う日まで 尾崎紀世彦
45 1973 虹を渡って 天地真理
46 1974 草原の輝き アグネス・チャン
47 1975 おかあさん 森昌子
48 1976 センチメンタル 岩崎宏美
49 1977 ビューティフルサンデー 田中星児
50 1978 愛のメモリー 松崎しげる
51 1979 季節の中で 松山千春
52 1980 ヤングマン 西城秀樹
53 1981 青い珊瑚礁 松田聖子
54 1982 ルビーの指環 寺尾聰
55 1983 聖母たちのララバイ 岩崎宏美
56 1984 CAT’S EYE 杏里
57 1985 星屑のステージ チェッカーズ
58 1986 青春 岩崎良美
59 1987 CHA-CHA-CHA 石井明美
60 1988 夢冒険 酒井法子
61 1989 パラダイス銀河 光GENJI
62 1990 約束 相川恵里
63 1991 おどるポンポコリン B・Bクィーンズ
64 1992 どんなときも。 槇原敬之
65 1993 今ありて (大会歌)
66 1994 負けないで ZARD
67 1995 がんばりましょう SMAP
68 1996 TOMORROW 岡本真夜
69 1997 これが私の生きる道 PUFFY
70 1998 硝子の少年 KinKi Kids
71 1999 長い間 Kiroro
72 2000 First Love 宇多田ヒカル
73 2001 TSUNAMI・ビートルズメドレー サザンオールスターズ・ビートルズ
74 2002 明日があるさ 坂本九
75 2003 大きな古時計 平井堅
76 2004 世界に一つだけの花 SMAP
77 2005 君こそスターだ サザンオールスターズ
78 2006 青春アミーゴ 修二と彰
79 2007 宙船 TOKIO
80 2008 コブクロ
81 2009 キセキ GReeeeN
82 2010 My Best Of My Life Superfly
83 2011 ありがとう いきものがかり
84 2012 Everyday、カチューシャ AKB48
85 2013 花は咲く (東日本大震災復興支援ソング)
86 2014 恋するフォーチュンクッキー AKB48
87 2015 Let it Go~ありのままで~ May J.
88 2016 もしも運命の人がいるのなら 西野カナ
89 2017 星野源
90 2018 今ありて (大会歌)
91 2019 世界に一つだけの花・どんなときも。 SMAP・槇原敬之
92 2020 パプリカ Foorin
93 2021 パプリカ Foorin
94 2022 YOASOBI 群青

 

なんか、すごくすごい。。。特に初期です。

いや、これは。。。軍歌とかですよね。勇ましい感じが良かったのでしょか。

第1回がアメリカの国家というのも、なんかしびれます。どういうことでしょうか。

 

時代が進んでも選曲はなかなかおもしろいですね。

「え?この曲で行進できるの?」っていう選曲も多いです。

アレンジする人の手腕が問われる選曲となっているものも。

 

これは本当に意外というか、おもしろい調査結果となりました!

センバツは実力が出しやすい?

春の選抜高校野球は実力が出しやすい大会かもしれません。

夏の甲子園となると、暑さとの戦いもあり、選手層が厚い学校が特に有利なような気がします。

 

その点、春は気候的にいうと実力が出しやすいかもしれませんね。

しかし、北国の学校は積雪なんかで練習量が足りていないかも。北国にとっては不利か。。。

 

いつ開催してもどうしても有利不利は出ます。

ですが、夏よりも有利不利の差が小さいような気はしますね。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。