クイーンズ駅伝2022|シードチームや日程。予選会結果やコースの詳細、エントリー選手

クイーンズ駅伝 2022 シード

クイーンズ駅伝というと女子駅伝の最高峰のひとつですよね。

日本のトップクラスのランナーやオリンピック代表選手まで出場する駅伝大会。注目しかありません!

広告

クイーンズ駅伝2022のシード

クイーンズ駅伝 2022 シード

クイーンズ駅伝のシードは、通常前年の上位8チームが選ばれます。

クイーンズ8」と呼ばれる8チームです。

2021年のクイーンズ駅伝上位8位はこちらのチームです。

 

  • 積水化学
  • 資生堂
  • デンソー
  • JP日本郵政グループ
  • ダイハツ
  • ヤマダホールディングス
  • ユニバーサルエンターテインメント
  • ワコール

 

この8チームです。

資生堂、ダイハツ、ユニバーサルエンターテインメントの3チームは、2021年は予選を勝ち抜いたチームです。

 

逆に、豊田自動織機、パナソニック、九電工は2021年大会でシードでしたが、2022年大会は予選会からとなります。

豊田自動織機なんかは2020年大会で3位だったのに。

 

毎年何があるか分からない。それがクイーンズ駅伝ですね。

広告

開催スケジュール

クイーンズ駅伝は2022年11月27日(日)です!

 

=====

クイーンズ駅伝の2022年大会の日程はまだ発表されていません。

ただ、11月下旬というのは間違いなさそうです。

 

直近3回の開催日程を見てみましょう。

 

  • 2021年11月28日(日)
  • 2020年11月22日(日)
  • 2019年11月24日(日)

 

3年のうち2年が最終日曜日です。となると、予想としては2022年11月27日(日)が有力です!

確定したらまたご紹介します!

プリンセス駅伝(予選会)の結果

(2022年10月24日追記)

16位までがクイーンズ駅伝に参戦できるプリンセス駅伝。

10月23日(日)に開催されました。

 

その結果がこちら!

 

  1. パナソニック
  2. 九電工
  3. 天満屋
  4. 第一生命グループ
  5. ダイソー
  6. 三井住友海上
  7. 岩谷産業
  8. 大塚製薬
  9. ユニクロ
  10. エディオン
  11. スターツ
  12. 豊田自動織機
  13. ルートインホテルズ
  14. しまむら
  15. 日立
  16. 肥後銀行

 

前年の8チームを含めて、24チームでクイーンズ駅伝が行われます!

 

(2022年9月1日追記)

プリンセス駅伝が福岡県宗像市~福津市で開催されます。

開催日程は2022年10月23日(日)!私の予想が合いました~♪

 

スタート時間は12時10分を予定されています。

11時50分~14時54分にTBS系列で放送予定です。

 

=====

全国統一のクイーンズ駅伝予選となるプリンセス駅伝

ここの上位20チームがクイーンズ駅伝に参戦することができます。

 

日程は例年、10月下旬。クイーンズ駅伝の約1か月前の開催となります。

1か月前の予選で切符をつかみ取らないといけないので、手は抜けません。

 

そして1か月後の本戦にも間に合わせないといけません。かなりハードになると思います。

 

ここ3年の日程はこのように。

 

  • 2021年10月24日(日)
  • 2020年10月18日(日)
  • 2019年10月20日(日)

 

となると、2022年は10月23日(日)が有力でしょうか!

広告

各チームのエントリー選手

エントリー選手が2022年11月10日に発表されました!

日本実業団陸上競技連合の公式サイトに掲載されています。

 

こちらです。

クイーンズ駅伝 エントリー選手一覧

 

かねてから注目されている選手もエントリー済み。

 

  • 新谷仁美
  • 佐藤早也伽
  • 卜部蘭
  • 五島莉乃
  • 廣中璃梨佳
  • 松田瑞生
  • 加世田梨花
  • 田中希実

 

みんな、エントリーされていますよ!

 

=====

エントリー選手は2022年11月頃に発表されます。

2021年は11月11日(木)に日本実業団陸上競技連合からエントリー選手が発表されました。

発表され次第ご紹介します。

積水化学の二連覇なるか

2021年のクイーンズ駅伝は、積水化学が23回目の出場で初優勝を果たしました!

初優勝はやっぱり、感動もひとしおですよね。

 

初優勝の勢いそのままに積水化学が二連覇なるか。

それとも三連覇を狙っていたのに4位に沈んでしまったJP日本郵政グループが大逆転するのか。

見ものですね。

 

ちなみに、クイーンズ駅伝は1981年に創設されました。2022年大会は42回大会となります。

これまでは三井住友海上が7回の優勝。続いてワコールが5回、京セラが4回となっています。

 

JP日本郵政グループやデンソーが優勝すれば、4回目の優勝となるので通算優勝回数3位タイに躍り出ることになります。

さてさて、どうなりますか!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ