大谷翔平の成績(通算)|投手・打者・日本・MLB別。身長体重が大きな要因?

大谷翔平 成績 通算

大谷翔平選手の成績をご紹介します。大谷翔平選手は20代にして、既に日本最高の野球選手の一人になりましたね。すごすぎる!

通算成績でそのすごさを確認していきましょう!

広告

通算成績(ピッチャー)

大谷翔平 成績 通算

まずは投手としての大谷翔平選手の成績を見ていきましょう!

 

登板 勝利数 敗戦数 投球回 与四死球 防御率
2013 13 3 0 61.2 8 4.23
2014 24 11 4 155.1 4 2.61
2015 22 15 5 160.2 3 2.24
2016 21 10 4 140.0 8 1.86
2017 5 3 2 25.1 0 3.20
2018 10 4 2 51.2 1 3.31
2020 2 0 1 1.2 0 37.80
日本通算 85 42 15 543.0 23 2.52
大リーグ通算 12 4 3 53.1 1 4.39

※2017年まで日本、2018年から大リーグ

 

二刀流としてものすごく注目されています。2015年には最多勝と最多勝率、最優秀防御率を記録しました。

2017年は4月に左太ももの肉離れ。投手としては登板数がわずかに5試合。不本意な成績となっています。

しかし、日本通算の防御率が2.52ですか。すごいですね!

高校時代

高校時代の投手としての成績も調査してみました。しかし、甲子園での成績しか探し出すことができませんでした。

体の成長具合やケガの影響もあって、あまり登板数は多くないみたいですね。

 

甲子園での成績がこちらです。

 

  • 2試合 14イニング / 防御率3.77 / 16奪三振

 

これだけ見ると、それほどパッとしない感じです。

ですが、球速がものすごいですね。

高校1年生のときに147km/hを記録。は?さっそく異常な数値が(笑)

2年生になると、151km/hに。この年に甲子園で出した最速が150km/h。

田中将大投手に続く、高校2年生の最速タイ記録となりました。今は更新されているようですね。

 

そして、高校3年生のときには、岩手県大会で160km/hを記録!これは当時の高校生最速の記録です。

プロ野球選手でも打てないほどのスピードですからね。。。おそろしや。

ちなみにこちらは2019年に佐々木朗希投手に更新されています(163km/h)。

広告

通算成績(バッター)

大谷翔平 成績 通算

次に打者としての大谷翔平選手の成績をチェックしていきましょう!

 

打数 安打数 本塁打数 打点 打率
2013 189 45 3 20 .238
2014 212 58 10 31 .274
2015 109 22 5 17 .202
2016 323 104 22 67 .322
2017 202 67 8 31 .332
2018 326 93 22 61 .285
2019 384 110 18 62 .286
2020 153 29 7 24 .190
日本通算 1035 296 48 166 .286
大リーグ通算 863 232 47 147 .269

※2017年まで日本、2018年から大リーグ

 

ケガの影響もあり、年度ごとに大きな上下がありますね。

日本では2016年が一番いい成績です。この年は打数も多くて、シーズンを通して活躍したと言えます。

また、大リーグの1年目と2年目の2018年と2019年もかなりの成績を収めています。

 

そしてケガが治った2021年シーズン。オールスターゲーム前までで日本人最多本塁打を記録。なんと33本!

しかも、141m弾もあるというめちゃくちゃな成績となっています。

ちなみに打率は.279、打点は70です。

高校時代

高校時代の打者成績をチェックしてみました。

しかし、こちらも投手成績と同じく地方大会などの成績が分かりません。

 

甲子園での成績はこうなっています。

 

  • 2試合 打率0.333 / 1本塁打

 

2試合だけの出場ですが、1本ホームランを打っているのはさすがです。

そして、練習試合も含めた通算本塁打数は56本

松井秀喜選手が60本、清原和博選手が64本、筒香嘉智選手が69本ですから、歴代の名スラッガーと比べても遜色ない成績です。

ちなみに2021年現在、トップは清宮幸太郎選手の111本です。

身長と体重が日本人離れしている

大谷翔平選手の力の源のひとつと言われているのがその体格です。

 

  • 身長・・・193cm
  • 体重・・・95kg

 

あるデータによると、20代男性の平均身長が171.6cm、平均体重が66.5kgとのこと。規格外もいいとこですよ!

ほんとに。すげー!

 

ちなみにその他のプロフィールがこちら。

 

  • 生年月日 1994年7月5日
  • 出身地 岩手県水沢市(現 奥州市)
  • 血液型 B型
  • 出身高校 私立花巻東高等学校
広告

ケガだけが心配!

大谷翔平選手は、選手として一級品を超える、特級品ですよね。それは普通に誰もがわかること(笑)

しかし、気になるのがケガです。高校時代からケガが多かったようで、プロ入りしてからも悩まされています。

ただでさえ、ピッチャーとバッターの二刀流で、体への負担はかなり大きいでしょう。そのダメージは想像もできません。

 

いくら実力があっても、ケガしていては十分に発揮できませんから。

とにかくケガだけに注意して、長く大活躍してほしいと思います!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。