キンドルがフリーズ|固まったときの直し方をご紹介します。原因はパソコンにある?

キンドル フリーズ

アマゾンの電子書籍を読むときに便利なのがキンドル端末です。アマゾンの電子書籍はスマホやタブレットでも読めますが、目が疲れます。その点、キンドルは目があまり疲れないのがいい!

ということで使っていたのですが、フリーズしたので、対処法をお届けします。

広告

Kindle(Paperwhite)のフリーズの直し方

キンドルで漫画をダウンロードしていました。

キンドル フリーズ

このまま動かなくなりました。フリーズしたのはいろんなことをいっぱい同時にしたからだと思います。

インベスターZという漫画をを17冊同時にダウンロードしていたら、容量が足りないと表示されてしまったんですね。なので、キンドル端末からどんどん削除していたんです。

そうしたら、この画面のままフリーズしました。キンドル本体の下側にあるボタンを押しても画面がスリープ画面になることはありません。

キンドルカバーのフタを閉じても、画面はびくともしません。

 

そこで試したのが、再起動です。再起動はどうするかというと、キンドルの下側のボタンを超長押しします。

キンドル フリーズ

10秒や20秒では再起動しません。これでもか、と1分近く押し続けて、ようやく再起動します。

 

キンドル フリーズ

再起動に成功しました。そして、なんとか動き始めました。ほっとひと安心。

そこで、再度インベスターZをダウンロード!しかし、ダウンロードは途中で止まり、結局、インベスターZを全部ダウンロードすることはできませんでした。

再度、クラウドにアクセスして、「ホーム画面に追加」する必要がありました。

 

キンドルはそれほどメモリが多くないのかもしれませんね。あまり一度にたくさんんことをさせてしまうと逆に時間がかかります。面倒ですが細切れに作業したほうが良さそうな気がします。

広告

キンドルホワイトペーパーがフリーズする原因はパソコンかも

最初にフリーズしたときには、その原因は「一度に作業をさせすぎたから」と思っていました。ですが、ちょっと疑問が。

パソコンにつないで充電しながら本を読もうとしてもフリーズ。ちょっと何かするとフリーズ。そんなことが続きました。うーん、パソコンに原因があるのかも、と思い始めました。

確かに充電に使っていたパソコンはときどき一般的なソフトやアプリが動かなくなるなど、挙動不審なところがありました。その影響かもしれないな、と。

 

そこで覚悟を決めて充電はそのパソコンからしないようにしました

推奨はされていませんが、普通のスマホの充電器をコンセントに突っ込んで、そこからキンドルを充電するようにしました。

キンドル フリーズ

ACアダプタは古いiphoneのもの、ケーブルはキンドル純正かな?

本当はアマゾン純正のACアダプタを使ったほうが安全だとは思うんですけど。。。それだけを買うのもあれですし。と、試してみたらいい感じに充電はできるし、充電時間も早いし。

おまけにフリーズはしなくなりました!

 

まさかパソコンが原因だったとは。充電方法を変えて以降、フリーズは起きていません。これは完全にパソコンが原因ですね。

ただ、動作が早いわけではないので、おそらくメモリは少なめ。多くの作業を一気にさせないということも大事じゃないかと思います。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。