NFTとは|読み方などわかりやすく解説。イラストやアート、投資としての売買も

NFTとは 読み方

NFTがすごく話題になっていますが。。。NFTとは何か、わかりやすく解説していきます。

NFTの広がる世界を今から学んでおきましょう!

広告

NFTの読み方と略

NFTとはそのまま「エヌエフティ」と読みます。

NFTはもちろん略称です。「Non-Fungible Token」の頭文字を取ってNFTと呼ばれます。

日本語に翻訳すると。。。「非代替性トークン」と訳されます。さっぱり分からん!

 

そもそもトークンという言葉が意味がありすぎるんですよ。

  • 証拠
  • 象徴
  • 引換券
  • 商品券
  • 記念品
  • 代用貨幣
  • データの最小構成単位
  • 証拠となるデータや器具、装置

 

「替えの効かないもの」という訳になるんでしょうか。

しかし、それでは実態をまったく表せていない気がしますよ。

 

ということで、ここではNFTを「エヌエフティ」と読む、と覚えておけばOK、ということで先に進みましょう!

広告

NFTを簡単に分かりやすく説明

NFTとは何か、簡単に解説します。

NFTとは「本物だと証明できるデジタルデータ」という感じでしょうか。

何冊も本を読んで、ネット検索もしてきて、結論は「本物だと証明できるデジタルデータ」というところに落ち着きました。

 

NFTは今はイラストなどのアートが注目されていますが、イラストだけに限りません。

音楽もそうですし、写真なども同じです。

 

なぜ、本物と証明できるのが大事なのでしょうか。それはNFTの対象がデジタルデータだからです。

通常、インターネット上で公開されている画像や写真は右クリックや長押しで保存できます。

コピーし放題ということになります。音楽もそうです。簡単にコピーできるわけです。

 

こういうコピーし放題の世の中だからこそ、それが本物でオリジナルである、ということが証明できるというのは価値があるわけですよ。

なぜ本物と証明できるのか、というと、NFTはブロックチェーンという技術が使われているからです。

ブロックチェーンとは

NFTとは 読み方

ブロックチェーンとは何か簡単にご紹介します。

ブロックチェーンは誰か担当者が流通経路を証明したり、それが本物であるという証明をしたりするわけではありません。

多くのコンピューターがそれぞれデータを持ち、出どころや流通経路を証明していく技術なんですね。

だから非常に改ざんが難しい技術と言えます。

 

誰か1人が管理するなら、その人のパソコンをハッキングしたり、買収したりすると簡単に改ざんできます。

 

ですが、何人もが証明するデータを持っていたらどうなるでしょう。

まず、誰が証明するデータを持っているかを明らかにしないといけません。

その後、それぞれにハッキングしたり買収したりしないといけないんです。

これはとてつもない労力がかかります。だからこそブロックチェーンは改ざんが難しい技術なんです。

 

ブロックチェーンの技術の上に、デジタルデータ(イラストや音楽や写真)を乗せることで、そのデータが本物であること、どういう経路で流通しているのかということを明らかにできるわけです。

 

ということで、NFTは「本物だと証明できるデジタルデータ」ということになるわけです。

説明するのはかなり難しい言葉ですね。

なので、無理に完全に理解しようとせず、雰囲気をつかんでおく、というのが大事です。

 

極めようと思ったらどれだけ時間があっても足りない、ということになりそうです。

投資対象としても有力

NFTとは 読み方

NFTは投資対象としても有力視されています。現実世界でも同じですね。

例えば、有名画家の一点物の本物の絵画を買うような感じです。

その画家がさらに有名になったり、亡くなったりしたときにその絵の価値はかなり上がりそうじゃないですか?

買値よりも高い値段で売れるかもしれませんね。

 

それがイラストなどのデジタルデータでもできるわけです。

これまではデジタルデータを売買しようとしてもそれが本物かどうか分かりませんでした。

基本的にコピーし放題でしたからね。

 

ですが、NFTならブロックチェーン技術の利用により、そのイラストなどが本物だと証明されます。

ある画家がとても有名になった!

そんなときに、初期のイラストを激安で買っていた、ということなら。。。

めちゃくちゃ高値で売れる可能性があるわけです。

 

だからこそ、投資対象としても見られているわけですね。

売出し前のクリエイターに熱い視線が集まっていますよ!

 

もちろん、NFTの関連企業の株式なんかもかなり注目されています。

広告

本を乱読するのもおすすめ

NFTをもっとよく知りたい、ということなら、本を乱読するのもいいですよ。

500円以下の入門書がアマゾンなどの電子書籍でかなり出版されています。

 

例えばこんな感じですね。

 

【NFT超入門】無料ではじめるNFTの作り方、売り方からマーケティングまで

 

今さら聞けないNFT【図解付き】

 

はっきり言って読むのに数時間あればOKです。

難しいことも書いていますが、かなり分かりやすく書かれていて読みやすいです。

それに、今すぐには使わない部分も多いので、その部分を飛ばして読むこともできます。

 

私のおすすめは「キンドルアンリミテッド」を契約して一気に何冊も読むことです。

 

キンドルアンリミテッド(アマゾン公式サイト)

 

キンドルアンリミテッドは対象の書籍が読み放題です。

月額使用料は980円(税込み)かかりますが、500円の本を2冊読めばそれで元が取れます。

ためしに1か月契約してみて、一気に読むのがおすすめですよ。

 

ただ、解約したり、キンドルアンリミテッド対象書籍から外れてしまうと読めなくなります。

なので、必要なところはメモを取りながら読むといいですね。

 

キンドルアンリミテッド(アマゾン公式サイト)

 

もちろんNFT書籍だけが読み放題なわけではありません。漫画もありますし小説もあります。

他の実用書もたくさん読み放題になっていますから、1か月は全力で読書を楽しむ!というのもありかもしれません。

もちろん、気に入れば2か月目も継続すればOKですね。

NFTのニュースに敏感に♪

これからまだまだデジタルの世界は広がっていきます。

メタバースと呼ばれる仮想空間の話題も、普通に聞くようになってきました。

アニメなどではゴーグルを付けて、完全に現実世界に思える世界に入り込む作品も多いですよね。

そんな世界も夢ではないかもしれません。

 

これからますます進んでいくデジタルワールド。

NFTという言葉を「分からない」「自分には関係ない」と毛嫌いすることなく、じわじわと理解して、ニュースにも注目していくといいと思いますね!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。