ドコモ電気のデメリット|料金プラン(greenやbasic)解説。CMの女優は誰なのか?

ドコモでんき デメリット

ドコモでんきが2022年3月1日にスタートします。

そのドコモでんきの料金プランやメリット・デメリットをご紹介していきます!

広告

ドコモでんきのメリット

ドコモでんき デメリット

ドコモでんきのメリットはとにかく「dポイント還元率が高い」ということです!これに尽きますね。

最低でも2%。最大10%ものdポイント還元率となります。すごすぎる!

 

ポイント還元率が10%ということは、1万円の電気代で1,000円分のポイントがもらえるというわけです。

これはありがたいですね!

 

通常、電気代をクレジットカードで支払っていても、ほとんどのケースでは1%還元です。

また電力会社オリジナルのポイントサービスがあったとしても、合計で2%くらい。

 

10%還元は5倍!大きすぎます!条件を満たしさえすれば、これは大きなメリットですね。

広告

ドコモでんきのデメリット

ドコモでんきのデメリットは2つだと考えます。

 

1つは電力料金です。

ドコモでんきの基本料金や電力量料金は「地域電力会社の従量電灯相当」と、公式サイトに書かれています。

今、地域電力会社で格安プランとか、特別安い電力を契約しているなら大きなデメリットになる可能性があります。

オール電化のプランなんかも高くなる可能性があります。

電力会社の従量電灯料金と、今契約中のプランを見比べてみることをおすすめします。

 

もう1つは高ポイント還元率をもらうための追加料金です。

基本料金に500円上乗せをしなければ、最大還元率はもらえません。

500円を支払ってそれを上回るポイント還元があるなら、有効です。

ですが、とんとんとかマイナスになってしまうなら、あえて契約するメリットはありません。

 

10%還元の条件に合致している場合、毎月平均5,000円以上の請求があればペイできますね。

あれ?けっこうハードル低いかも!

料金プラン(グリーンとベーシック)

ドコモでんき デメリット

ドコモでんきの料金プランは2タイプです。グリーンとベーシックです。

グリーン

  • 基本料金(最低料金) 地域電力会社の料金+500円
  • 電力量料金 地域電力会社の従量電灯相当
  • ポイント還元率 3%~10%

 

ギガホ・ギガライト・ahamoを契約していて、かつdカードゴールドを持っていれば、ポイント還元率が10%になります。

私はこれに当たりますね!ありがたい!

dカードゴールドを持っていなければポイント還元率は5%。

ドコモ回線がないとか、プランが違う場合は還元率が3%になります。

 

一方、dカードゴールドを持っていても、ギガホ・ギガライト・ahamoに契約していなければ還元率は3%になってしまいます。

それでもかなりの高還元率ですね。

ベーシック

  • 基本料金(最低料金) 地域電力会社の料金
  • 電力量料金 地域電力会社の従量電灯相当
  • ポイント還元率 2%~3%

 

ギガホ・ギガライト・ahamoを契約していれば、還元率は3%になります。

500円の追加料金を払うと、支払とポイントの収支が良くない場合はベーシックにするのはありかもしれませんね!

何もなくてもポイント還元率は2%。通常の2倍の還元率となります。

 

dポイントはかなり使えるお店が多いですからね。いくら貯めても貯めすぎることはないです。

考えれば考えるほど、10%還元がほしくなります!

広告

CMに出演の俳優さんは誰か

ドコモでんきのCM。けっこう印象に残っている人が多いようです。

この女優さんは浜辺美波さんなんですね!いやぁ、いい。

見ていると楽しくなります!

 

ドコモでんきが氣になっている人はけっこう多いようですが、このCMの影響は大きいと感じます。

ドコモでんきはこんな人におすすめ

ドコモでんきはこんな人におすすめです。

 

  • dカードゴールドを持っている人
  • dポイントをよく使う人
  • ギガホ・ギガライト・ahamoを契約している人

 

私は全部に当てはまります!これはすごい。

これなら電気料金の10%をポイント還元をしてもらえるんですね。

2月中なら先行してキャンペーンがありますし。早急に検討します!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。