瀧内公美が引退してた?富山県出身、火口のふたりや凪のお暇で大注目!

瀧内公美 引退

広告

瀧内公美の引退説は本当?事務所移籍が原因か!?

瀧内公美は2012年から2013年ごろにスターダストプロモーションからスカウトを受けました。それがきっかけで芸能事務所に所属するように。

大学を卒業した後、本格的に女優として活動を開始。なんとその半年後に映画の主演に選ばれました!

 

そんな瀧内公美が引退という説が流れています。これだけの実力派女優が引退というのはただことではありません!その真相を探ってみました。

結論としては「引退しないし、引退していた時期もない」ということです。

 

引退説が流れた原因は2018年にありそうです。2018年に所属事務所をスターダストプロモーションから吉住モータースに移籍しています。

大手のスターダストプロモーションからの移籍のため、引退説が流れたのだと考えられています。

 

移籍先の吉住モータースは、アーティストの所属が12名。木野花や池田成志など実力派俳優が所属しています。

それでも誰もが知っている大手スターダストプロモーションからの移籍だったため、これは実質引退ではないか?と考えられたようです。

ですが、瀧内公美は事務所移籍後の2018年以降も多くの映画やドラマに出演しています。

 

今後妊娠や病気など、突発的なできごとがない限りは、引退もまだまだ先ではないでしょうか。

広告

瀧内公美は富山県出身!プロフィールをご紹介

実力派女優瀧内公美。そのプロフィールをご紹介していきます。

  • 生年月日 1989年10月21日
  • 出身地 富山県
  • 身長 167cm
  • 特技 バトントワリング・水泳
  • 趣味 山登り・コーヒードリップ・落語鑑賞
  • 血液型 AB型
  • 出身高校 富山県立高岡西高等学校
  • 出身大学 大妻女子大学

 

高校を卒業するまでは地元富山県で過ごしたようです。進学のために上京。大学時代には教員免許を取得しました。

ただそこで「本当に自分は教員になりたいのか?」と改めて考え直したようです。

そんなとき、映画にエキストラ参加したことがきっかけで、スターダストプロモーションに所属することになりました。

その後は早々に映画の主演を勝ち取ったり、体当たりの演技が評価されたりして順調に女優として活躍の場を広げています。

 

特技がバトントワリングと水泳ということで、たぶん運動神経がとてもいい人なのでしょう。登山もしているようです。

抜群のプロポーションが保たれているのは、定期的に運動をしているからじゃないか、とも言われています。

瀧内公美出演のドラマを調査しました。代表作は凪のお暇?

瀧内公美が出演したドラマをご紹介していきます。思いのほか、テレビドラマへの出演は少ないというのが印象的です。

2020年

  • 恋はつづくよどこまでも

2019年

  • 凪のお暇
  • ゾンビが来たから人生見つめ直した件

2018年以前

  • #セルおつ
  • とげ 小市民 倉永晴之の逆襲
  • ブサイクの神様

 

凪のお暇ではとても嫌な女性社員「足立心」役を演じました。

人の噂や悪口が大好きなキャラクターで嫌な人物なんですが、演技も上手でかなりはまっていたと評価は高いです。

広告

瀧内公美出演の映画!代表作は火口のふたり?

瀧内公美はテレビドラマというよりも映画で活躍している印象があります。

そもそも芸能界に入るきっかけが映画のエキストラとしての出演だったので、映画には思い入れがあるのかもしれません。

2019年

  • 火口のふたり
  • 21世紀の女の子「Mirror」

2018年

  • ここは退屈迎えに来て

2017年以前

  • 彼女の人生は間違いじゃない
  • ブルーハーツが聴こえる「人にやさしく」
  • 闇金ウシジマくん Part3
  • 日本で一番悪い奴ら
  • 夜、逃げる
  • ソレダケ
  • BAR神風~誤魔化しドライブ~
  • 横たわる彼女
  • グレイトフルデッド
  • 牙狼外伝 桃幻の笛
  • さよなら渓谷
  • 消しゴム屋 3D
  • エクソシストを探せ

 

大学を卒業し、その半年後に射止めたのがいきなりの主演!映画「グレイトフルデッド」です。

それ以降、2016年の「夜、逃げる」、2017年「彼女の人生は間違いじゃない」、2019年「21世紀の女の子Mirror」「火口のふたり」でも主演をつとめました。

映画での主演経験は多数あるのにテレビドラマにはそれほど出演していないという、少しレアな経歴を持っている女優です。

瀧内公美引退というのはデマみたい。これからも期待!

瀧内公美が引退するとか、引退したとかいう説はどうもデマだったようです。その証拠に、ここ数年映画やドラマに引っ張りだこ。映画では主演もつとめています。

特に映画「火口のふたり」ではかなりハードな場面も演じています。

 

ここから映画だけではなくテレビドラマへの出演も増えそうな気がしています。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。