MG F91のレビュー!ver2.0を素組み(パチ組み)。塗装や改修を検討中

MG F91 レビュー

広告

MG F91のレビュー!初めてマスターグレードを組みました

F91といえば私が一番好きなガンダムです!映画も何度も見ているほど。

私は基本的にSDガンダムが好きなので、SDガンダムクロスシルエットでF91が発売されるまで待とうか。。。と思っていました。

しかし、発売されるのか?いつになるんだ?まったく分からないので、待ちきれない!そこでリアルなF91を作ることにしました。

HG(ハイグレード)とMG(マスターグレード)がありますが、「どうせ作るならマスターグレード!」ということでMG F91を作ることにしました。

 

まず驚いたのがその箱の大きさ!500ccのペットボトルと比較してみると、大きさが歴然です。

MG F91 レビュー

 

かなり部品がこまかく分けられているので、自然と箱も大きくなるわけですね。

それにしても箱の絵柄がかっこよすぎます!捨てられないやつ(笑)

 

とりあえずどういうフォルムになるか確認するため、まずは素組みすることにしました。

時間をかけすぎるのもアレなので、ゲート処理はニッパーとデザインナイフでの切り落としだけにしました。

やすりがけは後の工程でするということに決めて組んでいきました。

 

完成した作品がこちらです!

MG F91 レビュー

 

ただただ説明書通りに組んだだけなのにこのかっこよさ!

いくつか画像も見てあげてください。

MG F91 レビュー

MG F91 レビュー

MG F91 レビュー

 

このまま付属のドライデカールを貼って、つや消しトップコートで仕上げてあげれば、それだけでものすごい完成度です!

塗装しない人であっても、ゲート処理をそこまでがんばらない人であっても、満足できる完成品になること間違いなし!

 

F91はもともと小型高性能のモビルスーツとして開発されました。マスターグレードは1/100スケールですが、高さは16cmほどです。

小型なので作ったあと、飾ったり保管したりしておくにも場所をとらなくていいですよ♪

MG F91 レビュー

 

もしF91が好きであれば、ぜひとも作って欲しいモデルといえます。おすすめです!

広告

MG F91の欠点・デメリットや素組みするのにかかった時間は?

MG F91のモデルに欠点(デメリット)があるとすれば、それは「パーツ数の多さ」です。

パーツ数が多く細かく分けられていることで、合わせ目が目立たなくなります。合わせ目処理する必要がないんですよね。

またマスキングをしなくても塗り分けができる、という利便性にもつながります。

ですが、ただ組み上げるだけでもひと苦労するという欠点にもなるんです。

 

ちなみに私はニッパーでパーツを切り、デザインナイフでゲート処理をするだけで組んでいきましたが、かかった時間は何と11時間30分

きれいにヤスリがけなどをしていくと、15時間くらいかかったのではないでしょうか?

 

組み上げるのに時間をかかりましたが、大好きなF91なので苦労とは思いませんでした。

逆にそれほど好きではないけれども組むプラモがないので組んでみよう、という気持ちでマスターグレードをに手を出してしまうと、途中で挫折する可能性もあると思います。

マスターグレードは好きな機体を選ぶのがおすすめです!

 

ちなみに各部位ごとにかかった時間がこちらです。

MG F91 レビュー

2時間

 

頭・肩・腕

MG F91 レビュー

2時間半

 

脚・足

MG F91 レビュー

4時間

 

ヴェスパー・全体組み上げ

MG F91 レビュー

2時間

 

武器・ベース

MG F91 レビュー

1時間

 

こんな感じです。

 

MG F91の塗装や改修。どうしていこうか。

パチ組みでも満足できる完成度を誇るマスターグレードF91ですが、大好きなガンダムだからこそ塗装や改修をしていきたい、と考えています。

  • スミ入れ
  • バルカン部分の塗装

  • 青い部分の塗装
  • バルカン部分の塗装

成型色の青い色あまり好きではないので、少し明るめの青に塗装したいですね。

  • F91マークの貼り付け
  • 放熱ファンの塗装

F91のシンボルとなる部分が両肩のF91マークですよね。あれは欲しいです。放熱ファンはグレー一色なので白との塗り分けをしたいところ。

  • 前腕部の改修

前腕部が少し寂しいので、何か加工をしたい。

  • 三角の真ん中の塗装

ヴェスバー

  • 青い部分の塗装

胸部分と同じく青があまり気に入らないので塗装。

武器

  • スミ入れ

全体

  • やすりがけ
  • パーティングライン処理
  • つや消しトップコート

 

このあたりを考えています。最終的な完成はいつになることやら(笑)

バラしてしまうとパーツがどこかに行ったり、どのパーツがどこのものかが分からなくなったりしそう。不安です。

ちなみに一番小さいパーツは頭部のバルカン。こちらです。

MG F91 レビュー

 

ただのプラスチックの切れ端にしか見えません!

なので、各部位ごとにバラしては作り直しということになりそうです。

広告

MG F91はいい!素組み+シールでも完成度高くておすすめ!

ということでマスターグレードF91のレビューでした。実際作ってみて思うのは、「本当におすすめ!」ということです。

そのままでも十分かっこいいし、塗装を少しするだけでいい感じに化けそう!

 

大好きなF91をバッチリ仕上げていきたいと思います♪

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。