ソーシャルレンディング業者の比較|人気企業の利率・手数料・評判などを比べました

ソーシャルレンディング 業者 比較

ソーシャルレンディングも多くの業者が参入しているようです。やっぱりかなり流行しているんですね。人気業者とそうでもない業者といろいろ出てきていますが。。。

今回は人気業者を比較していきます!

ソーシャルレンディングの人気業者はこちら。

ソーシャルレンディング 業者 比較

 

ソーシャルレンディングの人気業者というと、こういった業者があります。

  • SBIソーシャルレンディング
  • SAMURAI FUND
  • クラウドバンク
  • Funds
  • SYLA funding

 

それぞれ特徴があって、なかなかおもしろい傾向が出ています。

LENDEXという超人気業者もありますが、超人気すぎて投資ができないようです。一瞬で売り切れるため、募集開始時にパソコンやスマホを操作。クリック競争に勝たないと投資すらできないという状況です。

なので、あえて今回ははずしてみました。人気でも投資できなければ意味がないですからね。

 

あと、以前はmaneoという業者もかなり人気がありました。日本のソーシャルレンディングの草分け的な存在で、会員数や融資が成立した金額もトップクラスでした。

しかし、返済遅延などがあいつづいたようで、SAMURAI FUNDグループの一員となりました。今ではその人気は下がっていると言わざるを得ない状況となっています。

ソーシャルレンディング業者の各項目での比較。

ソーシャルレンディング 業者 比較

 

ソーシャルレンディング業者を一覧表で比較してみます。

年利 出金手数料 最低投資金額
SBIソーシャルレンディング 5~10% 無料 1万円
SAMURAI FUND 6~10% 0~261円(税込み) 1万円
クラウドバンク 6~7% 無料 1万円
Funds 2~3% 無料 1円
SYLA funding 4%台 無料 1万円

 

デフォルト有無 事業融資or不動産融資 保証の有無
SBIソーシャルレンディング 事業融資
SAMURAI FUND 事業融資 案件による
クラウドバンク 事業融資
Funds 事業融資
SYLA funding 不動産融資 案件による

 

年利

年利は5~10%くらいが主流のようです。2018年頃までは4%台が最高利率くらいだったようですが、それ以降、利率のインフレが続いています。

その中でひときわ低い利率なのがFundsです。実はこの低利率には理由があります。それは上場企業でないと融資しない安全性です。安全でリスクが低いからこそ利率も低いわけです。

ソーシャルレンディングの中では預金に近い部類、ということですね。

出金手数料

出金するときの手数料です。無料の業者が多いですね。

サムライファンドだけは手数料がかかります。GMOあおぞらネット銀行への出金だけは無料です。ただs,その他の金融機関に出金するときは金額に応じて手数料がかかります。

投資金額が小さい場合に手数料でマイナスになったり、利益のほとんどがなくなったりする可能性があるので要注意です。

最低投資額

最低投資額は4業者が1万円~となっています。しかし、Fundsはおもしろいですね!1円から投資できます!ただ、1円投資した場合、利息はもらえないのですが(笑)

また、クラウドバンクは追加投資が1,000円ごとにできるというシステムになっています。

少額から投資できるのには大きなメリットがあります。それは「利息を投資に回しやすい」ということです。少額から投資できれば利息も投資資金に回せるので、資産形成速度が上がります。

最低投資額は案件によっても違うので、注意が必要です。

デフォルトの有無

債務不履行や元本毀損があったかどうか、という点は重要です。調査してみると、クラウドバンクとSBIソーシャルレンディングではあったようです。

ただ、もっと重要なのはその後の行動ですね。こういう事件があったあと、両者はしっかり運営されています。「今後はこういう事件を起こすまい!」という気持ちになっているのだと思います。

不動産融資か事業融資か

人気の5つの業者の中では、シーラファンディングのみ不動産案件を取り扱っています。不動産案件は多くの場合、不動産を担保物件として抑えます。

なので、投資金額がゼロになる可能性は低いケースが多いですね。ただし、事業融資よりも利率が低い傾向もあるようですね

保証の有無

サムライファンドでは保証がついている案件もときどき出てきています。株式会社日本保証というグループ会社が保証契約するケースが多いです。

この場合、融資先が倒れても投資資金がゼロになる可能性は低いです。保証会社との契約内容次第ですが、おそらく投資資金のほとんどが戻ってくるのでは?と思います。

 

各業者は似ているようで、意外と違いがあります。ハイリスクハイリターンを狙うのか、ローリスクローリターンを狙うのか。完全に好みが分かれるところですよね。

私としては、サムライファンドの保証付き案件で、ローリスクハイリターンを狙いたいですね。

ソーシャルレンディング業者も分散が大事!

ソーシャルレンディング 業者 比較

 

投資の世界は分散投資が大事と言われます。1つに集中していたら、そこがコケた場合、資産がゼロになってしまいます。資産がゼロになることを避けるために、分散投資が大事と言われています。

ソーシャルレンディング業者も同じでしょう。むしろ、ソーシャルレンディングは利益額が小さいだけに、より気にしておかないといけないような気がしています!

人気業者にはすべて口座開設して、小分けにしてチャレンジしたいですね。

 

SBIソーシャルレンディング https://www.sbi-sociallending.jp/
SAMURAI FUND https://www.samurai-fund.jp/
クラウドバンク https://crowdbank.jp/
Funds https://funds.jp/
SYLA funding https://www.syla-funding.jp/
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。