誰が鹿や|作者は誰か。三重県菰野町の観光ポスターに注目が集まっています!

誰が鹿や

「誰が、鹿や」というポスター、ご存知ですか?三重県三重郡菰野町の観光ポスターが話題になっています。

このインパクト抜群の観光ポスターは、誰がいつ作ったのでしょうか。調査してみました!

広告

誰が、鹿や。ポスターは誰が考えたか

2020年10月ごろから再ブレイクした「誰が、鹿や。」というポスター。このインパクトのあるキャッチコピーは誰が考えたのでしょうか。

さぞかし名のある人かと思いきや。。。名古屋外国語大学の学生さんが考えたようです。

菰野町の公式サイトによると、名古屋外国語大学の広報論、地域プロデュース演習の課題だったようです。そう言われてみると、学生さんが考えたネタっぽい感じもしますね。

社会の常識にとらわれすぎていない、自由な発想です。

 

この演習ではいくつかの候補が挙がったらしく、これを町民の投票によって最終的に選出したとのこと。

投票総数は385票で、「誰が、鹿や。」の得票数が103票!約27%の票を獲得して、見事選出されました。このキャッチコピーを考える人も考える人ですが、投票する方も投票する方ですね(笑)

こういう思い切った施策が地域に活気をもたらすんですよね。普通のことをするよりも、おもしろおかしく冒険するほうがいい!

地域活性化にも人生の充実にも通ずるところがありますね。

 

ちなみに菰野町では、毎年違う大学にキャッチコピーの案の作成を依頼しているっぽいです。

2021年のキャッチコピー総選挙の案は、東海学園大学、名古屋外国語大学、京都芸術大学の学生さんが考えたみたいですね。

広告

誰が、鹿や。ポスターはいつから存在するのか

誰が鹿や

誰が、鹿や。のポスターは2020年10月頃から注目されましたが、実際はいつからあるのでしょうか。実は2020年10月のずっと前から存在していたんです。

ポスター制作は2019年です。

町民によるキャッチコピーの投票があったのが2019年1月15日~2月3日です。そこから制作していますから、2019年の上旬には作られていたのではないでしょうか。

作成当初から反響はあったみたいですね。ぜんぜん知らなかったです。

 

2020年10月に再ブレイク。ツイッターから拡散して話題になりました。本当におもしろいキャッチコピーを作って、本当にいい投票をしたものですね。

三重県三重郡菰野町(こものちょう)はどんなところか

では「誰が、鹿や。」で話題の三重県三重郡菰野町はどんなところでしょうか。

人口

  • 2020年12月末現在 40,630人

思ったよりも大きな町でした。あまりに自然が豊かなので、もっともっと人口が少ない町かと思っていました。

観光スポットは湯の山温泉や御在所岳

湯の山温泉や御在所岳(ございしょだけ)には多くの観光客や登山者が訪れるそうです。

湯の山温泉は1300年の歴史を持つ、たいへん歴史のある温泉です。歓楽街となっていないので、ファミリー層が安心して宿泊できる拠点としてもとても人気だそうです。

御在所岳では、桜やあじさい、シロヤシオなどの花や紅葉、雪景色まで四季に応じた自然を満喫できます。

また、「田光のシデコブシ及び湿地植物群落」は国の天然記念物に指定されています。自然と一体となった観光が魅力です。

ふるさと納税

ふるさと納税は返礼品を設定していないみたいですね。残念。「ふるさと菰野応援寄附金」として、純粋な寄付金を募っています。

マコモダケなどの農産物や、湯の山温泉の温泉グッズとか、宿泊券とか。設定してくれたらいいのに。

広告

ニホンカモシカとは。国の特別天然記念物で絶滅危惧種

誰が鹿や

誰が、鹿や。※ニホンカモシカは、牛の仲間です。ということで、ニホンカモシカ。哺乳綱偶蹄目ウシ科カモシカ属に分類される哺乳類です。

名前にシカが付いているけど、ウシの仲間ですね。

「ニホン」と付いているだけあって、日本の固有種。東北地方から九州まで、広く分布しています。

 

もともとは高山で生きていると考えられていましたが、数が増えている地域では海岸線でも見られることがあるとか。

しかし、個体数は減少傾向で、地域によって絶滅危惧種に指定されたり、既に絶滅しているところもあるようです。

いろんなポスターはこうあるべし!

誰が、鹿や。というキャッチコピーで有名になった三重県三重郡菰野町の観光ポスターですが、ポスターはこうあってほしいなぁ、と。インパクトがあることこそポスターの本質ですからね。

誰が、鹿や。をきっかけに、おもしろいポスターが広がりますように!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。