クレヨンしんちゃんの映画一覧表(28作品)|おすすめランキングや感動・笑える作品!

クレヨンしんちゃん 映画 一覧表

 

クレヨンしんちゃんというと、TV版ではほぼギャグですよね。親が子どもに見せたくないアニメでも上位に入る作品です。

ですが、映画となるとまったく別物!笑いあり涙ありの、テレビ版との違いがものすごい(笑)ということで、クレヨンしんちゃんの映画を一覧表にしてご紹介します!

広告

クレヨンしんちゃん劇場版の一覧表

クレヨンしんちゃんの劇場版(2020年8月現在)の一覧表をご紹介します!

  • アクション仮面VSハイグレ魔王(1993年)
  • ブリブリ王国の秘宝(1994年)
  • 雲黒斎の野望(1995年)
  • ヘンダーランドの大冒険(1996年)
  • 暗黒タマタマ大追跡(1997年)
  • 電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998年)
  • 爆発!温泉わくわく大決戦(1999年)
  • 嵐を呼ぶジャングル(2000年)
  • 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年)
  • 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦(2002年)
  • 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード(2003年)
  • 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ(2004年)
  • 伝説を呼ぶ ブリブリ 3分ポッキリ大進撃(2005年)
  • 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006年)
  • 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!(2007年)
  • ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者(2008年)
  • オタケベ!カスカベ野生王国(2009年)
  • 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁(2010年)
  • 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦(2011年)
  • 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス(2012年)
  • バカうまっ!B級グルメサバイバル!!(2013年)
  • ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん(2014年)
  • オラの引越し物語 サボテン大襲撃(2015年)
  • 爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年)
  • 襲来!!宇宙人シリリ(2017年)
  • 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~(2018年)
  • 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~(2019年)
  • 激突!ラクガキキングダムとほぼ四人の勇者(2020年9月予定)

 

2020年現在、合計28本の映画が公開されています。しかも毎年!これだけ毎年映画が公開されるということは、人気で興行収入が高く、DVDやブルーレイの売上もいいのでしょう!

毎年楽しみにしている家族もいるでしょうから、これからもできる限り長く続けてほしいですね!

 

ちなみに興行収入ランキングで1位は2015年の「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」の22.9億円とのこと。これは必見ですね。

広告

クレヨンしんちゃんの笑える映画ランキング上位作品

クレヨンしんちゃんの映画というと感動作品がかなり話題になります。ですが、本来の?クレヨンしんちゃんである「笑い」要素が強い作品もありますね。いろんなランキングを見てチェックしてみました。

クレヨンしんちゃんの笑える映画ランキングに入っている作品がこちらです。

  • ヘンダーランドの大冒険
  • 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード
  • 暗黒タマタマ大追跡
  • 電撃!ブタのヒヅメ大作戦
  • 伝説を呼ぶ ブリブリ 3分ポッキリ大進撃

 

中でも特に「ヘンダーランドの大冒険」「嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード」は笑える作品ということでとても評価が高いです。こう見てみると、初期の作品が多いですね。

徐々に感動路線に入ってきて、感動や涙の要素が増えてきている、ということですね。大人も感動する作品が多い今、ギャグ路線に戻すのはちょっと難しいかもしれません。

クレヨンしんちゃんの感動する映画ランキング上位作品

感動作品の多い、クレヨンしんちゃんの劇場版。感動する、泣けると評判の作品がこのあたり。

  • 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
  • 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦
  • 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ
  • ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん
  • 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!

 

中でも特に「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」の評価は高いですね。

感動するランキングと笑えるランキングでばっちりと別れています。こういう気持ちのときにはこっちを見る!というのがはっきり分かっていいですね。

 

あと、興行収入が一番良かったの「オラの引越し物語 サボテン大襲撃」が感動するランキングにも笑えるランキングにも入っていないのが特徴的ですね。

広告

クレヨンしんちゃんの声優交代一覧。しんのすけやひろしなど。

クレヨンしんちゃんは長く続く作品です。だからこそ声優の交代もちょくちょくあります。

野原しんのすけ

矢島晶子(1992年~2018年)→小林由美子(2018年~)

野原ひろし

藤原啓治(1992年~2016年)→森川智之(2016年~)

その他

  • 園長先生(高倉文太) 納谷六朗→森田順平
  • 吉永みどり 高田由美→七緒はるひ
  • 大原ななこ 紗ゆり→伊藤静
  • 鳩ヶ谷ミッチー 草地章江→大本眞基子
  • 魚の目お銀 中沢みどり→星野千寿子
  • ぶりぶりざえもん 塩沢兼人→神谷浩史

 

1992年から続いている番組なのに、声優の交代がこれだけというのは、すごく奇跡的なことではないかと思わないでもないです。これはすごい。

野原しんのすけの声優が交代する、と聞いたときには「本当に大丈夫か?」と思いましたが、さすがの小林由美子さんでした。あの声を出すのは本当に大変だろうなぁ。

クレヨンしんちゃんの映画って大人でも感動します!

クレヨンしんちゃんの映画は大人でも感動する、と評判です。また、ギャグが秀逸で、何度も見てみたいという感想も。泣ける系と笑える系がしっかり分かれているので、選びやすい、ということがよく分かりました。

今後もいい作品が見られますように!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。