コロナウイルス予防にアルコールがおすすめ!新型の対策・感染のホンマでっか情報

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

新型コロナウイルス対策にアルコール消毒!有効予防策もご紹介

新型コロナウイルス(2020年武漢で発生)の話題が毎日のように耳に入ってきます。

中国、日本だけでなく、世界中に感染者が急増。どうしても気になってしまいます。

そんなとき「ホンマでっかTV」で新型コロナウイルスの特集をしていたので、情報をまとめてみました。

アルコール消毒

新型コロナウイルスはアルコールにかなり弱いことが分かっています。石けんに弱いとのこと。なので、こまめに石けんで手を洗って、アルコール消毒をすると侵入が防げます。

以前もかなり話題になったアルコールジェルはもちろん、アルコール入りウェットティッシュもとても有効です。

マスクの着用

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

 

マスクも有効です。新型コロナウイルスは飛沫感染が多いです。感染者としゃべったり、感染者の咳やくしゃみの影響はかなり大きいので、マスクは重要です。

マスクをするときにはしっかりと肌と密着するように、使用方法を守って使わないと、効果半減です。

石けんでの手洗い

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

 

上にも書きましたが、新型コロナウイルスは石けんに弱いです。こまめに石けんで手を洗って、ウイルスを流しておくことが大事です。

トイレでの対策

新型コロナウイルスは大便にも含まれて出てきます。なので、トイレットペーパーで拭いた後は、通常よりもしっかり手を洗いましょう。

ウイルスは小さいので、トイレットペーパーの目もすり抜けて手に付いてしまいます。

また、トイレを流すときには必ずフタをするようにしましょう。フタをしないとコロナウイルスが拡散する可能性も。

手で目をこすらない

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

コロナウイルスは口はもちろん、目からも感染します。目の結膜から侵入してくるそうです。

なので、もしウイルスいっぱいの手で目をこすってしまうと感染の可能性が高まります。

目がかゆいときは我慢するか、石けんで手を洗ったりアルコール消毒したあとで触るようにしましょう。

コンタクトレンズを入れる前に手を洗う

上でも書きましたが、新型コロナウイルスは目からも侵入します。コンタクトレンズを入れる前に、しっかり手を洗いましょう!

のどを乾かさない

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

新型コロナウイルスは乾燥と低温を好みます。なので、ペットボトルの水などを準備して、5分ごととかこまめに少しずつ飲むといいようです。

またアメをなめるのも有効。とにかくのどを乾燥させないことで予防効果は上がるようです。

握手をしない

むやみに他人と触れていると感染の危険が高まります。

新型コロナウイルスが手に付いている人と握手。その後、目をこすってしまうと結膜から侵入する可能性が高くなります。

新型コロナウイルスとは?原因や特徴をまとめます。

対策・予防策以外で、新型コロナウイルスの特徴や原因、これからの予想や展望をまとめておきます(ホンマでっかTV情報)。一読しておけば役に立つと思います!

新型コロナウイルスは4月~5月にピークの可能性

新型コロナウイルスは4月~5月をピークに流行する可能性があるようです。

ウイルスは乾燥と低温が好み。潜伏期間の間に多くの人に感染してしまって、爆発的に保菌者が増加。そして4月~5月ごろに発症する人が増えるとのこと。

梅雨になって湿気が増えると沈静化。

致死率は2~3%

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

人間に感染するコロナウイルスが7種類あって、そのうち3種類がここ数年で登場しています。

その3種類の中では最も低いのが今回の新型コロナウイルス。死亡率は2~3%

以前中東で流行した「MERS(マーズ)」は致死率40%、「SARS(サーズ)」は10%。比較するととても低い。

症状がない人からもうつる

感染しているが症状が出ていない人からも移ります。症状がないので、感染していても満員電車に乗ったり人混みに出かけます。

そうすると、ウイルスをまき散らす結果に。また、感染源も特定できません。

飛沫感染する

新型コロナウイルスは飛沫感染します。なので、他人の咳やくしゃみには要注意です。

また、目からも感染するので、万全を期すなら花粉症対策メガネなどもありかもしれません。

医療従事者に感染者が多いのは主に目から感染しているとのことです。

検疫でも止めきれない

検疫で止めようとしても止めきれないようです。潜伏期間が14日もあって長い。

そして感染しても無症状の人も多いので、止められない。だからこそ感染が広がってしまうということです。

中国よりも日本のほうが流行の可能性が高い

発生源の中国よりも日本のほうが流行の可能性が高いそうです。

中国は今回武漢を完全に封鎖しました。また過去にサーズのときも同じように対処しました。ですが、日本でそれは不可能。

過去、ハンセン病患者を隔離して人権問題となりました。その事例もあり街を封鎖できないので感染を止めることができないとのことです。

症状は軽いけど、持病者や高齢者・子どもは注意

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

基本的に症状は軽く死亡率も低いです。ですが、持病を持っている人や高齢者・子どもなどの抵抗力の低い人は重症化する可能性があります。

ワクチンの開発は進んでいる

コロナウイルス 予防 アルコール おすすめ

ワクチンはアメリカの国立衛生研究所やで開発が進んでいます。新型コロナウイルスの遺伝子解析も終わっているので、完成も期待できそうです。

新型コロナウイルスは恐れすぎなくても良さそうです

ホンマでっかTVでの報道内容を見るに、新型コロナウイルスは過度に恐れなくても良さそうです。

マスク、手洗い、うがい。そして目をこすらない。ということを守っていれば防げそうな印象です。

心配しすぎず、安心しすぎず、毎日を過ごしていきましょう♪

ぜひシェアをお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。