タイピング練習(子供向け初心者用)|おすすめの無料ソフト。ゲームもある!

タイピング練習 子供向け 初心者

タイピング練習って必要ですよね。プログラミング思考が学校にも導入されましたし、まだまだタイピングは必須のスキルです。

そこで、子ども向けのタイピング練習サービスをご紹介します。

広告

子ども用のタイピング練習無料ソフト3選

子ども用のタイピング練習ソフトでおすすめを3つご紹介します!

 

  • プレイグラムタイピング
  • キーボー島アドベンチャー
  • 寿司打

 

この3つがおすすめです。全部無料で練習することができるのがいいですね。

大人も夢中になるくらいのクオリティだと感じます。

 

親子で練習して、対決するのもいいかもしれませんね。その方が子どもたちも燃えるかも!

広告

プレイグラムタイピングの特徴

タイピング練習 子供向け 初心者

1つ目の「プレイグラムタイピング」についてご紹介します。プレイグラムタイピングの特徴はこちら。

 

  • 基礎から学べる
  • 利用制限なし
  • 無料
  • ゲーム性は低い
  • 称号・ランキングがある

 

プレイグラムタイピングはPreferred Networksという企業が作ったソフトです。パソコンのブラウザから簡単に練習ができます。

「基礎練習」モードと「特訓」モードと「腕試し」モードがあります。

 

基礎練習にはこのような項目があります。

 

  • ホームポジションをおぼえよう
  • 「あいうえお」をおぼえよう
  • 伸ばし棒をおぼえよう

 

初心者にもばっちりです。大人でも、これから練習しよう、基礎を見直したい、我流を矯正したい、という人にはおすすめの内容です。

 

「特訓」や「腕試し」をすることで、称号やランキングを得ることができます。

腕試しにはことわざなどの長めの文章も含まれるので、すごく練習になること間違いなしです。

タイピング練習 子供向け 初心者

 

ただ、ゲーム性は低いです。キャラクターが出てくるとか、敵を倒すとか、そんな演出はありません。

なので、もしかするとお子さんだけでは飽きてしまうかもしれません。保護者の手助けが必要かと思います。

 

プレイグラムタイピング 公式サイト

キーボー島アドベンチャーの特徴

キーボー島アドベンチャー id

次に「キーボー島アドベンチャー」についてご紹介します。特徴はこんな感じです。

 

  • 基礎から学べる
  • 体験版のみ利用可能
  • 全部のステージを楽しむにはID取得が必要
  • ID取得は学校などの団体のみ
  • 島の冒険なので、ゲーム性は高い

 

キーボー島アドベンチャーは基礎から学べます

「トレーニングをする」という項目から、ホームポジションを勉強したり、あ行やか行などの行ごとに繰り返し練習できたりします。

シンプルに基礎から学べます。

 

キーボー島という島をタイピング勝負をしながら進むという設定なので、ゲーム感覚で進めることができます。

 

ですが、利用するのに特徴があります。通常は5ステージだけが遊べる体験版での利用となります。

最終ステージはけっこうな長文も出てくるので、練習としては十分です。ですが、飽きる心配があります。

全部のステージにチャレンジするにはID登録が必要です。ID登録は学校などの教育機関からの申請が必要です。

ちょっとハードルが高いですね。

 

キーボー島アドベンチャーについて、別の記事にもまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

キーボー島アドベンチャーのIDの取り方|体験版でも十分?iPadやタブレットで使えるか

キーボー島アドベンチャー 公式サイト

広告

寿司打の特徴

寿司打 タイピング練習無料

最後に「寿司打」です。こちらは大人でも楽しめるタイピングソフトとして有名です。寿司打の特徴をご紹介します。

 

  • 基礎は学べない
  • ランキングが見られる
  • かなり難易度が高いモードがある

 

寿司打は大人用に作られているサービスだと思います。ホームポジションなどの基礎的なことは学ぶことはできません

ひたすら練習してランキングを上げていくタイプのサービスです。

見ているのも、練習するのも楽しいですが、基本的なタイピングができるようになってからがおすすめです。

タイピング練習 子供向け 初心者

 

簡単なコースがあるので、そちらからじっくりと練習していくといいでしょう。

寿司打についても別の記事でまとめています。ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。

寿司打のタイピング練習無料アプリ|ipad対応やできないときの対処、読み方をご紹介!

寿司打 公式サイト

基礎からしっかり練習するのがおすすめ

子どもの頃は基礎からしっかり練習するのがおすすめです。

子どものときにしっかりと基礎を固めておけば、その後の苦労がないですからね。

右手か左手のカバーする範囲が増えるなどのクセが付いてしまったら、なかなか直りませんし、どちらかの腕だけ負担が増えて疲れます。

ぜひ基礎からしっかり練習していきましょう。

 

そのためにも「プレイグラムタイピング」「キーボー島アドベンチャー」あたりからスタートすることおすすめします。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。