台風12号(2020年)は名古屋・東京直撃か|最新進路予想やお役立ちWINDYや備えについて

台風12号 2020

秋は台風の季節です。かなり危険と言われていた台風10号は当初予想されたほどの被害ではなく、ほっと胸をなでおろしましたが。12号が発生しています。これまた要注意の台風となっています。

広告

台風12号(2020年)は東海・関東に大きな影響があるかも

台風12号がまっすぐに日本に向かっています。最新の予報では、日本に到着する前に熱帯低気圧になるとのこと。最近はかなり涼しくなってきていますし、そのあたりもあるのかもしれませんね。

ただ、それで安心はできないかもしれないとのこと。秋雨前線とあいまって、地域によってはかなりの雨になるかもしれないという予想がされています。

昨今の大雨は尋常ではないです。大雨に備えて、注意していたほうがいいでしょう。

 

特に関東地方では豪雨で地下鉄の駅が浸水したり、マンホールから水が溢れたり。そんなニュースをよく見るようになりました。慣れてしまわず、対策と覚悟をしておくことをおすすめします。

広告

台風12号の情報はwindyというサイトも便利

台風12号 2020

 

台風12号の最新情報や予想進路を得るには、「WINDY」というサイトもおすすめです。現状や選んだ時点の様子をアニメーションで分かりやすく表示してくれます。

風の動きなんかは見ているだけでもきれいで楽しいですよ。

WINDY 公式サイト

 

時間を合わせてみると、そのときの予報が表示されます。今、実際にいる場所の天気とか自宅の天気などが分かりますから使って慣れておくのはいざというときの役に立つかもしれません。

なので、台風12号が近づきそうな水曜日や木曜日。そのあたりに合わせてチェックしてみてください。どんな様子かばっちり判明すると思います。

 

ちなみにこのWINDYは上級登山家でも使っているそうですよ。かなり信頼できるデータなのではないでしょうか。

台風12号の最新進路予想。沖縄・九州は要注意

台風12号の最新進路予想はウェザーニューズのツイッターなどで随時見ることができます。WINDYもすごくよく分かりますが、なじみの深い円形の図はやっぱり見ていて安心感があります。

 

予報円が近づいてくるタイミングでは適切な対処をしたいですね。

準備をしておいて、それがムダになってもそれはラッキーです。準備をせずに大きな被害を受けるのは避けたいところです。備蓄品などなら、使わなくても次回に回せますし。

早めに備えをしておくといいですね。

 

ちなみに備蓄についてはこちらの記事にもまとめています。ぜひ目を通してみてください。

台風で備えておくもの|おすすめ食料や備蓄、車やマンション・アパートの対策まで

広告

台風や地震に備えて、防災グッズや食料の備蓄を

日本は災害大国です。しかも最近では気候変動のせいなのか、災害の破壊力がとても強くなってきています。

一方で災害に強い街づくりなんかは、目に見える形ではなかなか進んでないようにも思えます。

 

備えは十分すぎるほどにしておいたほうが安心ですね。食料や水、ガスコンロやモバイルバッテリーなどは準備しておきたいですね。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。