熱中症になったら対処法は?食べ物・食事や飲み物、次の日のお風呂などについて

熱中症になったら 対処法

 

熱中症にならないように予防や対策をしないといけません。しかし、不幸にして熱中症になってしまうこともあります。熱中症になったらどうするか、先に知っておくのも大事ですね。

広告

熱中症になったときの対処方法が環境省から発表されています。

熱中症になったら 対処法

 

熱中症になったらどう動けばいいか。環境省からマニュアルが発表されています。軽度の症状でも「あれ?」と思ったらぜひ対応してみてください。

涼しい場所へ避難する

風通しのいい日陰や、エアコンが効いた屋内などに避難しましょう。とにかく体の熱を下げることが大事です。

衣服をゆるめて冷やす

できる限り衣服をゆるめます。ベルトやネクタイをはずし、ソックスなどゴムで締め付けているものは外しましょう。体に直接水をかけたり、下着の上からでも水をかけたりしてから、扇風機やうちわであおぎます。気化熱を利用して体を冷やすわけです。

首や脇、股関節部分など、太い血管が通っているところを氷のうなどで冷やします。冷たく冷やしたジュースなどでもOKです。

 

体の冷却が重症化を防ぎ、重症患者の回復のカギとなります。急いで対処しましょう。救急車を呼んだとしても、到着までにどんどん冷やしてください。

水分の補給

自分で飲める状態なら、冷たい水をどんどん飲んでもらうようにします。体内から冷却していくわけです。

汗を大量にかいている場合は、スポーツドリンクや経口補水液がおすすめ。流れ出たナトリウム(塩分)やミネラルを補充し、水分保持量や体力の回復を助けます。食塩水でもいいそうです(水1リットル+食塩1~2g)!

 

意識が混乱しているとか意識不明、吐き気や嘔吐のときは飲ませてはいけません。気道に入るなどの危険があります。

病院へ行く(内科または救急科)

本人が大丈夫と思っても病院には行ったほうがいいです。これ以上の重症化を防ぐには、医師による専門的な診察が大切です。今後の注意事項も聞いて、しっかり対処していきましょう。

素人の知識でずっと対応するのは危険です。

広告

熱中症になったら食べ物はどうする?

熱中症になったら 対処法

 

熱中症になったら食べ物はどうしましょう。食べないと回復しないような気がしますが。ですが、「無理して食べる必要はない」ようです。

熱中症になった時点で、かなり内蔵にも負担がかかっています。食べたくなるまで無理に食べる必要はないとのこと。食べられるようになったら、よく煮込んだスープやおかゆなどからスタートしましょう。

その他、フルーツなど食べたいものを少量ずつ食べていきましょう。

 

徐々に慣らしていかなければ、体の負担は大きいですからね。あせらずゆっくりと慣らしていきましょう。しっかり医師の指導を聞くようにしてくださいね。

熱中症になったら飲み物のおすすめは?

熱中症になって、食事ができなくても水分はしっかり摂っていかないといけません。そんなときのおすすめの飲み物にはこんなものがあります。

  • 経口補水液
  • スポーツドリンク
  • 冷たい野菜ジュース
  • 冷たい牛乳
  • 冷たいフルーツジュース
  • 麦茶

 

熱中症になったら、ミネラルが流れ出している可能性があります。体にナトリウム(塩分)が不足した場合、水分を保持する力が激減します。なので、ナトリウムを補給してあげないといけません。

また、食事が摂れない状況なら、飲み物からカロリーを補給する必要があります。なので、カロリーやミネラルや栄養のある飲み物で補給するようにしましょう。

 

食べ物と違って、飲み物だけは無理にでも飲んだほうがいいでしょう。水分が不足すれば、熱中症が再発することもあります。再発した場合、体力がないので最初よりも悪い症状になる可能性も高いです。

水分補給は十分に気をつけて、積極的に摂るようにしましょう。

広告

熱中症になったら入浴はしてもいい?

熱中症になった直後は、入浴は控えましょう。湯船に浸かるだけで大量に汗をかきます。体力もかなり使うことになるので、熱中症直後は入浴は控えましょう。

どうしても気持ち悪さを感じるなら、窓を開けたり換気扇を付けたまま、ぬるめのシャワーをさっと浴びるのがいいでしょう。

 

それなら、冷水シャワーや水風呂にすれば。。。と思いますが、これも控えておきましょう。体への負担が大きいです。

お風呂は体力をかなり使います。医師の指示をよく聞いて、しっかり従うようにしてくださいね。

熱中症になったらまずは病院へ!

熱中症になったら 対処法

 

熱中症になったら、症状が軽くても病院へ行くことをおすすめします。応急処置は現場でしておいて、きちんとした診察は必ず受けるようにしましょう!

熱中症は最悪のケースが想定される、とても危険な病気です。正しい診断をしてもらって、症状にあった対処方法を助言してもらいましょう。入院したほうがいいケースがあるかもしれません。

軽く考えずに、病院にはいくべきです!

ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。