春の高校バレー2021の感想|期待できそうな選手がいっぱいですね

春の高校バレー 2021

 

春の高校バレー2021が終わりました。2020年度は全国大会はなしになるんだろうか、と思っていましたが、開催できました。いい試合を見せてもらいました!

広告

春高バレー2021、男子優勝は東福岡!感想とか

春の高校バレー 2021

春高バレー、男子の優勝は東福岡!私の記憶が確かなら、今はJTでセッターをしている金子聖輝選手がエースで優勝して以来でしょうか。

今回は192cmの大エース、柳北選手が中心選手として大活躍しましたね。本当に大エースと言っていい存在感。フロントからバックから、どんどん決めていました。

バックアタックの方が決定率が高そうでしたが、得意なのかブロックに付きづらいのか。すばらしい。

 

決勝戦ではセッターが交代したときに、アタックラインを踏み越えることが何度かありました。ちょっと不思議な現象という感じがしました。

 

何にせよすばらしいチームでした。レギュラーの中心が2年生以下。2021年のインターハイや国体、2022年の春高も楽しみな存在です。

おめでとうございます!!

準優勝は駿台学園

全国大会の常連、駿台学園。今年も2枚エースを引っさげて堂々と決勝までやってきました。しかし、決勝で輝いたのは2枚エースではなく2年生の渡辺選手。

バックライト、フロントレフト、そしてジャンプサーブ。大車輪でした。来年、さらに成長した姿を見せて欲しいですね。

総合力でちょっとだけ東福岡が上回った感じです。誰がどうというわけではなく、少しずつの差が積み重なった結果が準優勝という結果だった印象です。

香川代表の高松工芸も奮闘

我が香川県の代表、高松工芸。210cmの牧選手ばかりが注目されますが。。。さすがに牧選手はすごかったですね。

普通のトスはもちろん、後ろからの二段トスもしっかり決められていました。サーブレシーブもできていましたし、チャンスボールの処理も無難にこなせていました。

去年と比較しても大きく成長したと感じました。

 

ただ、まだまだ身体を使いこなせていないという印象が強いです。年齢を重ねて、筋力がついて身体が安定してくれば。。。どんなモンスターに成長するか。

とにかく怪我なく元気に成長してほしいなぁ。

男子は長身でパワフルな選手が増えてきた

高校生男子でも長身かつパワフルな選手が増えてきました。以前は背が高い選手がいてもひょろひょろで、スパイクを打っても球質が軽い、という印象がありました。

でも、最近では背が高くてさらにパワーがある選手が増えてきましたね。こういう選手が増えてきたら、全日本男子も楽しみです。

 

あとは長身セッターが出たらなぁ。と欲が増えますね。楽しみです!

広告

春の高校バレー2021 男子個人賞

【優秀選手賞】

  • 柳北 悠李(東福岡)
  • 坪谷 悠翔(東福岡)
  • 金田 晃太郎(駿台学園)
  • 中田 良(駿台学園)
  • 一条 太嘉丸(清風)
  • 坂本 雄大(市立尼崎)

【ベストリベロ】

  • 井上 琉聖(東福岡)

【最優秀選手賞】

  • 柳北 悠李(東福岡)

【勝利監督賞】

  • 藤元 聡一 監督(東福岡)

春高バレー2021、女子優勝は就実!感想とか

春高バレー 2021

女子優勝は岡山県の就実!前年度2019年のインターハイを制した強豪がまた全国の頂点に立ちました!

ノーシードで大阪の金蘭会、宮城の古川学園を撃破しての全国制覇というのがまた価値があります。すごい。

おまけにセッターとエースの深澤姉妹はまだ2年生以下。来年もものすごい期待が持てる学校です。

 

とにかく攻撃も守備も超ハイレベル。ボールは落とさないし、しっかり決める。深澤姉妹だけが決めるのではなく、誰もが決められる力を持っていました。

それが他のチームとの大きな差だったと思います。

私が住んでいる香川県のお隣の岡山県の学校ということで、私もなんとなくうれしいです。おめでとうございます!

準優勝は大阪国際滝井

準優勝は大阪国際滝井。既に岡山シーガルズ入団が内定している中本選手がエースとして引っ張りました。しかし、序盤から就実に封じられてしまいました。

守備力は就実よりも高かったような気がします。ですが、攻撃力が少し足りず。どこからでも点を取れて、しかも大エースのいる就実に一歩及ばなかったです。

 

しかし、名門がしっかり復活してくれてうれしいですね。全国大会に出ても早い段階で敗退することが多かった大阪国際滝井。これから大復活するでしょうか!

ま、激戦の大阪から全国大会に出られるだけですごいんですけどね。

古川学園も惜しかったし、東九州龍谷の室岡選手は今後が楽しみ

準決勝で就実とぶつかった古川学園。ハイレベルな守備と主砲のバルデス選手の攻撃力で勝ち抜いてきました。

バルデス選手は去年と比較して、精神的に大きく成長しているように見えました。少しイライラさせれば崩れるバルデス選手はもういませんでしたね。

1年でこれほどまでに成長するのか、と感動しました。

 

また、準決勝で大阪国際滝井に負けた東九州龍谷。注目の162cmの大エース室岡選手。決勝で見たかったですね。

ですが、今後は実業団に進むとのこと。これはどういうこと?Vリーグなのか?でも、これからもバレーを続けるということで、ますます楽しみです。

身長が低いことで一番キツいのはブロックだと思っています。これをどう克服していくのか、というところも学ばせてほしいなぁ。

→室岡莉乃選手は、日立リヴァーレに入団することが発表されました!!

広告

春の高校バレー2021 女子個人賞

【優秀選手賞】

  • 深澤 めぐみ(就実)
  • 深澤 つぐみ(就実)
  • 鹿嶋 明里(大阪国際滝井)
  • 中本 柚朱(大阪国際滝井)
  • 室岡 莉乃(東九州龍谷)
  • バルデス メリーサ(古川学園)

【ベストリベロ】

  • 小林 なづな(就実)

【最優秀選手賞】

  • 深澤 めぐみ(就実)

【勝利監督賞】

  • 西畑 美希 監督(就実)

バレーボールがもっと夢のある競技になったらいいな

本当にバレーボールっておもしろいです。ヨーロッパやロシアでは大きなプロリーグがありますし、ブラジルではサッカーと並んでトップクラスに人気のある競技です。

でも、日本ではそこまでの人気ではないです。

 

男性で言うと、野球やサッカーだと高卒でプロ入りして大活躍する選手が星の数ほどいます。日本はVリーグがあると言っても、企業に所属するサラリーマン的な扱い。

野球やサッカーと比較して、将来の夢が見にくい、というのは競技普及の高いハードルになっていると思います。

野球やサッカーは親が一獲千金を夢見て、小さい頃からさせることもあるけど、バレーにそれはないですから。

 

もう少し夢が見られるスポーツにしてほしい。そう思います。私も何かしていきたいなぁ、と思っています!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。