ビューカードの年会費はいつ引き落としか|無料条件や解約・退会。そもそもいくら?

ビューカード 年会費 いつ

ビューカードはJR東日本が発行のクレジットカードです。JRだけじゃなくてショッピングモールでもポイントが貯まるということで、すごく保有者が増えているみたいですね。

そこで気になるビューカードの年会費についていろいろと調べてみました。

広告

ビューカードの年会費はいつ引き落としされるか

ビューカードの年会費は加入月の翌々月4日に引き落としとなります。2月に加入すれば4月4日。8月に加入すれば10月4日となります。

4日が土日祝日などで金融機関が休みであれば、次の営業日に引き落としとなります。例えば、2月に加入したとして4月4日が土曜日だった場合は、6日(月)に引き落としになる、ということになります。

加入月の確認方法

月末月初などの微妙な時期に加入したとか、契約してから時間が経ったとかで加入月を忘れてしまったときの対処法をご紹介します。

それは「有効期限」を見ることです。例えば有効期限が07/23(2023年7月)と書かれていれば、加入月は8月です。有効期限が来る月に1を足した月が加入月となります。

この場合、年会費は10月に引き落としになるので気にしておく必要があります。

広告

ビューカードの年会費はいくら?消費税は?

ビューカードとひと口に言っても多くの種類があります。カードの種類ごとに年会費をまとめてみました。

 

その1

ビュー・スイカ カード ビュー・スイカ リボカード ビューゴールドプラスカード 大人の休日倶楽部ジパングカード
本人会員 524円
家族会員 524円
無料 本人会員 11000円
家族会員 1枚目無料・2枚目から3300円
個人会員 4364円
夫婦会員 7458円

 

その2

大人の休日倶楽部ミドルカード ルミネカード JALカードSuica JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
2624円
初年度無料
1048円
初年度無料
普通会員 2200円(初年度無料)
家族会員 1100円

CLUB-A会員 11000円
家族会員 3850円

本会員 20900円
家族会員 8800円

 

その3

ビックカメラSuicaカード JREカード(Suica・定期券なし) JREカード(Suica付き) JREカード(定期券付き)
524円
初年度無料
無料条件あり(前年に利用)
524円
初年度無料
無料条件あり(スポーツ施設等の月会費を支払うこと)
524円
初年度無料
無料条件あり(スポーツ施設等の月会費を支払うこと)
524円
初年度無料
無料条件あり(スポーツ施設等の月会費を支払うこと)

 

ちなみにこちらの年会費の表は消費税込みの値段です。ゴールドカードの年会費が高いのは当然として、年会費無料のカードが少ないのが特徴ですね。けっこう珍しいパターンかもしれません。

ビューカードを年会費無料にすることはできるか

ビューカードを年会費無料にすることができるかどうか、調査してみました。3種類のクレジットカードで、簡単に年会費無料または実質無料にすることができます。

それがこちら。

  • ビュー・スイカ カード
  • ビュー・スイカ リボカード
  • ビックカメラ Suicaカード

 

ひとつずつ無料にする方法をご紹介していきますね。

ビュー・スイカ カード

ビューカード 年会費 いつ

ビュー・スイカカードは紙での明細ではなく、Web明細サービスにしましょう。そうすると毎月50円分のポイントがもらえます。

ということは1年間で600円分なので、年会費の524円をペイしてお釣りがきます。

ビュー・スイカ リボカード

ビューカード 年会費 いつ

ビュー・スイカ リボカードはリボ払い専用クレジットカードで年会費無料です。利息が収益として入るからこその年会費無料なんですね。

ビュー・スイカ リボカードを使うときにはとにかく利用を3万円以内にすることです。利用が3万円以内で、3万円までは一括支払いとなる「30,000円コース」にしておけばリボ払いにはならないので、利息も年会費も払う必要はありません。

ビックカメラSuicaカード

ビューカード 年会費 いつ

ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料です。しかも、1年に1回でも使っていれば翌年の年会費も無料になります。1年に1回も使わないことはないと思うので、こちらも簡単に年会費無料になりますね。

 

3種類のうちではビュースイカカードビックカメラSuicaカードはとても気軽に年会費無料・実質無料にすることができます。

ビュー・スイカリボカードは使用額によって利息が発生するので、毎月、かなり気をつけないといけません。

広告

ビューカードを解約・退会するのにいいタイミング

ビューカード 年会費 いつ

ビューカードを解約することになったら、年会費がかからないうちに解約したいですよね。ビューカードの公式サイトにはこのように書かれています。

「年会費のお引き落とし月の前月末までに、お手続きください。」

 

年会費が引き落とされる前の月に解約すれば年会費はかからない、ということのようです。

年会費が引き落とされる月はクレジットカードの有効期限から判断しましょう。有効期限が07/23(2023年7月)の場合、加入月が8月なので、年会費の引き落としは10月となります。

なので、この場合は9月中に解約しておけば年会費はかかりません。有効期限を迎える月+2の月の間には遅くとも解約しておきましょう。

 

もし、他のクレジットカードに乗り換えたとかなら、年会費のかかるギリギリまで待つよりも、早めに解約しておきましょう。なぜかというと不正利用の可能性があるからです。

使わないのに持っていてスキミング被害にあったとか、空き巣に入られてクレジットカードを盗まれたとか。

もし、クレジットカードの補償で金銭的に被害がなかったとしても、精神的なショックや手続きの手間はかかります。もし使わないなら早めの解約をおすすめします。

ビューカードでおすすめはビックカメラSuicaカード!

ビューカード 年会費 いつ

ビューカードでおすすめなのはビックカメラSuicaカードです。ポイントは3つ。

  • 年会費無料
  • 通常ポイント還元率が高い
  • ビックカメラの利用でポイント還元率が高い

 

1年に1回でも使えば年会費が無料となります。

また、通常ポイントの還元率が1%あります。ビューカードは基本的に0.5%還元なのですが、ビックカメラSuicaカードはビックカメラのポイントが0.5%追加でもらえます。だからこそ還元率が2倍なんですね。

また、ビックカメラで使うと、ポイントが10%還元!これはめちゃくちゃおいしいです。家電製品って高いことが多いですよね。ということはポイント還元もものすごいことになります。

ビックカメラSuicaカードでチャージしたスイカで支払えば、さらに1.5%が上乗せされるので、合計11.5%の還元となります!

 

ということで、もしビューカードを使うなら、ビックカメラSuicaカードをおすすめします!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。