ソニー銀行の支店名がわからない?001からの一覧表。他行への振込手数料もご紹介!

ソニー銀行 支店名

 

ソニー銀行の支店名が分かりづらい!という話を聞いたので、支店名を001からまとめてみました。これで分かりやすくなると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

広告

ソニー銀行の支店名一覧表

ソニー銀行の支店名一覧です。一覧といっても。。。

本店営業部(001)

 

本店営業部だけなんですね。分かりやすいと言えば分かりやすいですが、すごく拍子抜けしてしまいます。これが一覧表(笑)ちなみにカタカナの場合は「ホンテン」と書くようなのでご注意ください。

これからソニー銀行がどんどん大きくなれば、支店名も増えるんですかね?

広告

ソニー銀行の金融機関コード

ときどき必要になる金融機関コード。ソニー銀行はこれです。

0035

 

覚えておく必要はありませんね。必要になったときに検索すればOKです。

振込手数料一覧(他行宛・ソニー銀行宛)

ソニー銀行 支店名

 

ソニー銀行はネット銀行です。なので、振込手数料(インターネット振込)も店舗を構えている銀行からするとかなり安いです。

他行宛 220円/回(消費税込み)

 

曜日や時間帯に関係なくこの料金となります。また、ソニー銀行の口座への振り込みは「完全無料」なんです!これはありがたいですね。振込先がすべてソニー銀行ならなぁ。と思ってしまいますね。

広告

振込手数料無料回数は?条件はある?

ソニー銀行 支店名

 

ソニー銀行には他行への振込手数料が無料になるサービスがあります。なんと最大11回/月まで増やすことができるんですね。ではその条件をチェックしていきましょう。

  • ソニー銀行口座保有・・・1回/月
  • Sony Bank WALLET保有・・・+1回/月(合計2回/月)
  • 優遇プログラム Club S・・・最大+9回/月(合計11回/月)

 

ソニー銀行の口座を持っているだけで、毎月1回は他行への振込手数料が無料になります。これだけでもありがたいですね!さらに、「Sony Bank WALLET」を持っているだけで、振込手数料無料回数が1回加算されて、2回となります。

Sony Bank WALLETとはソニー銀行のデビットカード機能付きのキャッシュカードです。10種類の外貨をそのまま使うことができたり、不正利用補償なんかも充実しているので、ソニー銀行をメインに使っている人は持っている人も多いようです。

 

優遇プログラムClub Sで最高のプラチナランクに入れば、さらに9回加算されます。そして、合計11回の他行振込手数料無料特典がもらえる、というわけです。

Club Sのランクはステージなし・シルバー・ゴールド・プラチナと4段階あり、ランクアップの条件はざっくりとこんな感じとなっています。

  • ステージなし・・・条件なし
  • シルバー・・・預け入れ資産300万円以上
  • ゴールド・・・預け入れ資産500万円以上
  • プラチナ・・・預け入れ資産1,000万円以上

 

住宅ローンを契約しているとか、FX取引をしているとか、投資商品を持っているとかで細かく条件は分かれています。Club Sにチャレンジしてみようと思ったら、ぜひソニー銀行公式サイトのClub Sのページをチェックしてみてください。

Club S 公式サイト

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。