暑さ対策|部屋の窓用グッズで紫外線をカット!快適に夏を過ごせるようなアイテム。

暑さ対策 部屋 窓

 

夏の暑さ対策は絶対必要ですよね。最近は毎年異常気象。つまり、超暑い日々は異常ではなく通常の気象になってきています。対策は必須ですね。

そんな部屋の窓の暑さ対策についてご紹介していきます。

広告

暑さ対策は部屋の窓から!日光を防げばかなり違う!

暑さ対策 部屋 窓

 

窓は暑さがどんどん入ってくる要因です。ある研究結果によると、屋外から入ってくる熱の70%は窓からということです!なので、窓の対策をすることで大きく部屋の中の暑さや冷房効率が上がるというわけです。

冬場に窓際で日向ぼっこするととても気持ちいいです。その数倍のエネルギーが窓から侵入するわけです。暑いに決まっていますよね。

窓の暑さ対策をすると、エアコンの稼働も減りますから電気代の節約にもなるという。一石二鳥な暑さ対策です。とにかく暑い夏は窓の対策です。

広告

暑さ対策のカーテン・フィルム・すだれなどグッズ解説

窓の暑さ対策というと多くのアイテムがあります。それぞれのアイテムのメリット・デメリットを交えてご紹介していきます!

遮光カーテン

遮光カーテンはとても便利です。夏になったからといってわざわざ設置する必要がないです。夏も冬も意識せずに暑さ対策ができる、というのが大きなメリットです。

遮光効果やUVカット効果がありながら、おしゃれなデザインのカーテンも増えてきています。

 

デメリット

デメリットは、いったん熱を屋内に入れてしまうということです。できれば部屋に熱が入ってくる前にカットするのが理想です。

遮光フィルム

遮光フィルムはホームセンターなどで購入できます。窓に貼るだけで光をさえぎってくれます。見た目などを変えることなく暑さ対策できるのが大きなメリットです。

 

デメリット

デメリットは貼るのが難しいということ。貼るときにシワになったり気泡が入ったり。そうなってしまうと、どうしても見栄えが悪くなってしまいます。

また、冬の温かい日差しもカットしてしまうんですよね。冬場に窓際で日向ぼっこしたい私としてはちょっと残念なデメリットです。

すだれ・よしず

すだれやよしずも効果的です。部屋の外に設置するので、熱が部屋に入る前にカットできるのが大きなメリットです。また自然な雰囲気が出せて、見た目がいいというのもメリットですね。

水を吹きかけてあげると、風が通ったときに涼しくていい♪

 

デメリット

デメリットは風に弱いということです。強い風が吹くと、どうしてもバタバタしてしまいますし、よしずは倒れるかもしれません。台風のときには屋内に片付ける必要がありますが、一時的とは言え、大きなスペースを取ります。

シェード

最新型のよしずという感じでしょうか。シェードは人気があります。すだれやよしずと同じく、屋内に熱が入る前にカットしてくれていいですね。

 

デメリット

デメリットは費用がけっこうかかることと、工事が必要なことです。賃貸マンションなどの場合、設置できない可能性もあります。

アルミシート

銀色のアルミシートを窓に貼り付けて日光を反射してしまう作戦です。反射するので、めちゃくちゃ断熱効果は高いです。

 

デメリット

屋内が真っ暗になってしまいますし、見た目も悪い。反射した光でご近所さんから文句が入るかもしれません。ちょっとデメリットが大きいです。

プチプチ

冬場の室内の保温によく使われる梱包用のプチプチ。最近は夏の窓の断熱に使うためのプチプチも販売されています。空気の層ができるので、断熱効果が高いわけです。

 

デメリット

デメリットは貼り付ける手間がかかること。また開閉の際にひっかかる可能性があるということです。見た目もあまりいいものではありません。

グリーンカーテン

都会でも注目されているのがグリーンカーテンです。つる性植物を、窓際に設置したネットに巻き付かせて、それをカーテンとして使うわけです。グリーンカーテンに使われるおすすめ植物というと、こんなものが。

  • 朝顔
  • ホップ
  • フウセンカズラ
  • 夜顔
  • ゴーヤ
  • パッションフルーツ
  • オカワカメ
  • ヘチマ
  • ひょうたん
  • ツルムラサキ

花を楽しめたり、食べられたりするのが大きなメリットです。

 

デメリット

デメリットは世話が必要ということです。夏場になると毎日の水やりが必要です。肥料も与えないといけません。また、植物ですから虫も寄ってきます。

メリットもデメリットも一番大きいのが、グリーンカーテンではないかと思います。

 

いろいろな窓の暑さ対策を見てきました。この中で手軽なのはやはりカーテンでしょう。特別に何かすることなく、日々の生活の中で暑さ対策ができます。

ただ、いったん熱を室内に入れてしまうのはデメリット。なので、夏真っ盛りになったときには、すだれやよしずなど、屋外の対策も併用するといいでしょう。

 

グリーンカーテンは収穫できるという大きなメリットがあります。手間はかかりますが、子どもの自由研究テーマにも使えますね。

暑さ対策は熱中症対策や節電・節約にもなりますよ。

暑さ対策 部屋 窓

 

窓の暑さ対策はぜひしましょう!暑さ対策をすることで、熱中症対策となりリスクを減らすことができます。最近は屋内でも熱中症になって、病院に運ばれる人がいますからね。屋内と言えども油断はできません。

また、室内温度の上昇が抑えられるということは、エアコンの負担も少なくてすみます。省エネになり、結果として節約にもなります。いいことづくめですよ!

なので、ぜひ部屋の暑さ対策をしてみてください。今までとは違う夏が過ごせると思います!

ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。