竜王戦の日程 2024年版|場所や挑戦者、予選情報や持ち時間。藤井聡太は四連覇なるか?

※広告

竜王戦 2024 日程 将棋

2023年は4連勝で伊藤匠さんの挑戦を退け、藤井聡太さんが三連覇を飾りました。

と、同時に八冠の維持にも成功しています。

 

誰か、藤井聡太さんを止められるのか。それとも四連覇なのか。

 

将棋タイトル最高位の竜王戦について解説していきます!

 

竜王戦をさらに楽しめるABEMAプレミアム。

初回は無料お試しできます!

↓ ↓ ↓

AbemaTV 無料体験

★ABEMAプレミアム 無料体験★

↑ ↑ ↑

こちらをクリックで無料体験できます♪

広告

竜王戦の2024年(37期)スケジュールと会場

(2024年5月15日更新)

2024年5月14日に日程と会場が発表されました!

 

  • 第1局 10月5日(土)~6日(日) セルリアンタワー能楽堂
  • 第2局 10月19日(土)~20日(日) あわら温泉 美松
  • 第3局 10月25日(金)~26日(土) 総本山仁和寺
  • 第4局 11月15日(金)~16日(土) おにクル
  • 第5局 11月27日(水)~28日(木) 和歌山城ホール
  • 第6局 12月11日(水)~12日(木) 指宿白水館
  • 第7局 12月18日(水)~19日(木) 常磐ホテル

 

あら。

今年は香川県開催はないのね。。。

 

=====

2024年の竜王戦の日程は2022年11月現在、未発表です。

とは言え、最高位に位置するタイトル戦ですから、おそらく例年通りのスケジュールで、七番勝負になると思われます。

 

ここ3年の日程と会場はこうなっています。

2023年

  • 第1局 10月6日~7日(金・土) セルリアンタワー能楽堂
  • 第2局 10月17日~18日(火・水) 仁和寺
  • 第3局 10月25日~26日(水・木) 旧安川邸
  • 第4局 11月10日~11日(金・土) 銀鱗荘
  • 第5局 11月27日~28日(月・火) ことひら温泉 琴参閣
  • 第6局 12月6日~7日(水・木) 旧本郷家住宅
  • 第7局 12月13日~14日(水・木) 常磐ホテル

2022年

  • 第1局 10月7日~8日(金・土) セルリアンタワー能楽堂
  • 第2局 10月21日~22日(金・土) 仁和寺
  • 第3局 10月28日~29日(金・土) 割烹旅館たちばな
  • 第4局 11月8日~9日(火・水) 福知山城天守閣
  • 第5局 11月25日~26日(金・土) 宮地嶽神社貴賓室
  • 第6局 12月2日~3日(金・土) 指宿白水館
  • 第7局 12月14日~15日(水・木) 常磐ホテル

2021年

  • 第1局 10月8日(金)~9日(土) セルリアンタワー能楽堂
  • 第2局 10月22日(金)~23日(土) 仁和寺
  • 第3局 10月30(土)~31日(日) 新つた
  • 第4局 11月12日(金)~13日(土) ANAクラウンプラザホテル宇部
  • 第5局 11月26日(金)~27日(土) 円通寺
  • 第6局 12月4日(土)~5日(日) 指宿白水館
  • 第7局 12月17日(金)~18(土)常磐ホテル

 

おそらく8月ごろの発表になると思います。

2023年は第5局が香川県での開催予定でした。

しかし、藤井聡太さんのストレート勝利で、残念ながら対局はなくなってしまいました。

 

2024年は来てくれるかなぁ?

広告

挑戦者は誰か。予選の状況

藤井聡太さんに挑戦するのは誰か。

気になる予選は。。。いつごろからスタートするのでしょうか。

 

2023年11月14日現在、日本将棋連盟の公式サイトには掲載されていません。

まだ始まっていないっぽいです。

 

予選は6組に分かれてトーナメント戦となります。前年の成績によって組分けがされます。

1組のほうが強い棋士の戦いとなるので、非常に勝ち抜くのが厳しいですね。

ただし、決勝トーナメントにすすめる人数も多く設定されています。

  • 1組・・・5人
  • 2組・・・2人
  • 3組~6組・・・1人

 

合計11人で、上位ほど対戦数が少なくて済むという変則トーナメントを勝ち抜いていきます。

こんな感じです。

↓ ↓ ↓

竜王戦 2024 日程

 

変則トーナメントの決勝(=挑戦者決定戦)は3番勝負。

先に2勝した方が竜王への挑戦権を手に入れます。

 

2023年は伊藤匠さんが永瀬拓矢さんを2連勝で退けて、藤井聡太さんへの挑戦権を手にしました。

竜王戦のタイトル挑戦が決まったため、七段に昇格も果たしています。

同学年対決ということで、めちゃくちゃ注目もされました。

 

結果的にはストレートでの決着となりましたが、まだまだ若いですし、この経験を糧にさらに大きく成長してほしいです!

 

予選の状況については、今後、判明しだい更新していくようにします。

持ち時間はどれくらいか

竜王戦の持ち時間はこうなっています。

 

  • タイトル戦・・・8時間(ストップウォッチ方式)
  • 本戦・・・5時間(ストップウォッチ方式)
  • ランキング戦(挑戦者決定トーナメント・予選トーナメント)・・・5時間(チェスクロック方式?ストップウォッチ方式?)
  • 残留決定戦・・・3時間(チェスクロック方式)

 

タイトル戦と本戦、ランキング戦はストップウォッチ方式で行われます。

将棋連盟のサイトにはこのように書かれています。

しかし、他の情報では2023年の36期からタイトル戦と本戦がストップウォッチ方式、ランキング戦や残留決定戦がチェスクロック方式と書かれていることも。

どちらが正解なのか、分かり次第ご紹介します。

 

タイトル戦は2日間の戦いとなります。2日間ってすごいですよね、本当に。

体力も精神力もめちゃくちゃ使いそうで、尊敬しかありません!

まぁ、予選でも5時間ですからめちゃくちゃ大変でしょうけど。

 

その組に残れるかどうか決める残留決定戦は3時間のチェスクロック方式です。

こっちは迅速に勝負が決まりそうです。

ですが、絶対に残留したほうがお得なので、激しい戦いになるのは間違いないです!

 

ストップウォッチ方式とチェスクロック方式の違いはこちらの記事にまとめてみました。

ぜひチェックしてみてください!

↓ ↓ ↓

将棋の持ち時間とは|ルールや食事・トイレ、チェスクロック・ストップウォッチ方式の違い

将棋の持ち時間とは|ルールや食事・トイレ、チェスクロック・ストップウォッチ方式の違い
将棋の持ち時間についてご紹介します。 持ち時間に関するルールや2種類の方式の違いなどを分かりやすく解説します。 将棋中継ならABEMAプレミアムです。 現役棋士が解説してくれるので、めちゃくちゃ分かりやすいんですよね。 初回は無料お試しでき...
広告

藤井聡太竜王が防衛するか?

2021年の竜王戦では藤井聡太さんが史上最年少で四冠達成という結果になりました。

2022年~2023年はみごとに防衛を果たしています。

八冠達成後のタイトル戦を防衛し、まさに一強と言っていい状況です。

 

竜王戦をさらに楽しめるABEMAプレミアム。

初回は無料お試しできます!

↓ ↓ ↓

AbemaTV 無料体験

★ABEMAプレミアム 無料体験★

↑ ↑ ↑

こちらをクリックで無料体験できます♪

 

この藤井聡太さんの快進撃が続くのか。それとも誰かがストップをかけるのか。

いやぁ、気になりすぎます。

広告
タイトルとURLをコピーしました