第一三共の配当金|支払日や推移。確定日はいつ?株主優待制度も解説していきます

第一三共 配当金

第一三共株式会社の配当や株主優待についてご紹介します!

株式投資の魅力は値上がりですが、配当や株主優待も大きな魅力のひとつですよね。

大手製薬会社の第一三共。どんな株主還元をしてくれているか、楽しみです!

広告

第一三共の配当推移

第一三共 配当金

第一三共株式会社の配当金の金額推移をご紹介します。

 

中間配当金 期末配当金 年間配当金
2022年3月期(2021年度) 13.5 13.5 27
2021年3月期(2020年度) 40.5 13.5
2020年3月期(2019年度) 35 35 70
2019年3月期(2018年度) 35 35 70
2018年3月期(2017年度) 35 35 70

 

2021年3月期の期末配当金ががくーんと下がっています。これには明確な理由があります。

それは株式分割。1株を3株に分割したんですね。なので1株あたりの配当金が下がっているわけです。

株式分割しなかったとすると、13.5×3=40.5となるので、中間配当金と同じ金額になります。

前年度と比較して、配当金が上がっている、ということになります。

 

ここ2年くらいの株価を考えると、年利1%くらいという感じになります。高いのか安いのか。。。

 

製薬会社はこれからも株価は伸びるんじゃないかと考えています。高齢者が増えるわけですから。

となると配当金の増額や株価自体の上昇もあり得ます。投資先として、検討する価値はありそうな気がします。

第一三共だけでなく、他の大手製薬会社も合わせてチェックしてみたいところですね。

広告

配当金の支払スケジュール

第一三共 配当金

第一三共の配当金支払日は取締役会で、随時決定されます。だいたいの支払時期は公式サイトに掲載されています。

 

期末配当金は毎年3月31日現在の株主名簿にご登録の株主様に、6月下旬(定時株主総会終了後)にお支払いいたします。
中間配当金は毎年9月30日現在の株主名簿にご登録の株主様に、12月上旬にお支払いたします。

 

3月末の株主名簿に登録があれば6月下旬に支払い。

9月末の株主名簿に登録があれば、12月上旬に支払いとなります。

 

2021年度の支払いスケジュールはこうなっていますよ。

 

  • 2021年3月末配当金 2021年6月22日に支払い
  • 2021年9月末配当金 2021年12月1日に支払い

 

特に何もなければ、毎年、だいたいこのようなスケジュールで支払われているようですね。

 

ちなみに9月末の配当金は2021年10月29日開催の取締役会で決まりました。

権利確定の翌月末の取締役会でスケジュールが確定し、発表されるという感じかな、と思います。

権利確定日

第一三共の配当金は3月31日、9月30日の株主名簿に登録がある人に支払われます。

ただし、これは株主名簿に登録されているということです。

間違ってはいけないのが「9月30日(または3月31日)に証券会社で株式を買えばいい」というわけではないです。

 

「権利確定日」という日が決まっています。この日までに株式を購入しておかなければいけません。

 

証券会社によってはメールで知らせてくれることもあります。

例えば岡三オンライン証券。「もらって嬉しい株主優待!権利付最終日は●月●日」というタイトルでメールが送られてきます。

メールタイトルに表示されている●月●日までに株式を購入すれば、その月末の株主名簿に登録される、というわけです。

だいたい月末から数えて3営業日前くらいが多いようです。

 

3月31日と9月30日に株を買えば良い、というわけではないことをしっかり覚えておいてくださいね!

広告

株主優待制度

第一三共の株主優待は。。。ありません!株主優待で自社商品やクオカードなどはもらえません!

残念です。

 

第一三共の主力商品というとこのあたりです。

 

  • イナビル(抗インフルエンザ剤)
  • ロキソニンS
  • ルル
  • ミノン
  • クリーンデンタル

 

その他はあまり一般になじみがないものが多いです。

こういう商品を株主優待として送る、というのもイマイチな感じがしますね。

医療用のものだけに、使用は注意しないといけないでしょうし。

たしかに株主優待がないのも納得です。仕方ないですね。

製薬会社は将来も株価が上がりそう

製薬会社は将来、株価も上がりそうな感じがありますね。

これからは高齢化社会。しかも、医療技術が発達して長寿も増えます。

となるとどうしても病気や怪我が多くなりますよね。そんなときに必要なのが薬です。

 

個人的には医療技術や薬で、無理に寿命を伸ばすのもどうか、とは思うのですが。

どうも人間の寿命は、本来38年くらいということですよ。

 

ま、そんなこんなで薬の必要性は増すばかりです。

だからこそ、製薬会社の株価や配当金は増えていくと思います。検討してもいいと思いますね。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。