30代40代のバレーボール|シューズやウェアをしっかり選び、疲れやケガの対策を!

ローテジャパンライトFF

30代、40代がバレーボールをするときのポイントをご紹介しています。今回は「道具選びと疲れ・ケガ対策」についてご紹介します。

広告

バレーボールシューズやギアにこだわって快適なプレイを

中高年と呼ばれる年齢になってきたからこそ、バレーボール用品にこだわることが大事です。

シューズやウェア、サポーターなど、身につけるアイテムによって、まったく違います。

プレイの質はもちろん、ケガを防いだり疲れにくくなったり。かなり大きな違いがあります。

 

私は実際にアンダーアーマーのウェアとシューズの買い替えでものすごく実感しました。そんな経験談も合わせてご紹介していきます。

広告

バレーボールシューズは軽いものを選ぶべし!

ローテジャパンライトFF

バレーボールシューズは軽いものを選ぶべし!と私は声を大にして言いたいです。

 

というのも、バレーボールシューズを買い替えたときに実感したんですね。

高校時代以来、20年以上に渡ってハイカットのバレーシューズを愛用してきました。

 

でも、ここらでたまにはローカットもいいんじゃない?と思って買ったのが「ローテジャパンライトFF」というモデルです。

そうしたところ、めちゃくちゃ軽くなりました。

片足につき300g→233g!2割以上の軽量化になったわけです。

 

ローテジャパンライトFFのレビューはこちらに詳しく書いているので、ぜひチェックしてみてください。

ローテジャパンライトFFを購入|実際に使ってみたレビュー・感想。セール中でお得!

 

それからというもの。全力プレイの後の疲れがぜんぜん違うんです。天と地ほどの違い。

今まで、どれだけ負担をかけていたんだ!?と自分を叱りつけたい気持ちになるほどです。

 

足首を痛めて、ハイカットでないと不安という人は確かにいるでしょう。

でも、もしそうではなくハイカットのシューズを履き続けているなら。。。

ぜひローカットの軽いシューズも試してみてほしいと思います。

 

両足で134g軽くなると、プレイも疲れもぜんぜん違いますから!

アイテム次第で、翌日の疲れがぜんぜん違う

アンダーアーマー コンプレッションウェア

バレーボールのときに身につけるアイテム次第で翌日の疲れが全然違います

上ではシューズについてご紹介しました。もう1つ、私が大きく実感したのが「アンダーアーマー コンプレッションウェア」です。

Tシャツの下に着る、ピタッとしたウェアです。

 

実はアウトレット品を見つけて、それを試しに買ってみただけなんですが。。。これがいい!

 

良い点は2つあります。1つ目は上半身のお肉が揺れないこと。

若い頃のように、きゅっと締まった体じゃなくなっています(笑)

だからこそ、こういうピタッとしたウェアで、上半身のお肉が揺れないようにするとすごく快適です。

コンプレッションウェアを着ずにプレイしてみると、その違いが分かります。揺れが小さいので、疲れもたまりにくくなります。

 

2つ目は夏です。コンプレッションウェアを着ないときは、Tシャツがベタベタとしてかなり不快でした。

でも、コンプレッションウェアがあれば、もともとピタッとしているし、汗を逃がす機能もあります。だからベタベタせずに快適です。

 

このメリットが分かってからはずっと愛用しています。

 

私の友人は「CW-X」というスパッツを愛用しています。これを履いていれば、翌日の疲れがかなり緩和される、とのこと。

私も手を出してみようかなと思いつつ、できる限り生身で過ごしたいと思って、まだ手を出していません。

本当はこういう意地とか変なこだわりを持たないほうがいいと思いますね(笑)

広告

靴紐の結び方だけでフィット感が違う!

靴紐 結び方

グッズ選びを慎重にこだわってするのと同時に、ぜひ靴紐の結び方を両方試してみてください。

上から通していく「オーバーラップシューレーシング」と、下から通していく「アンダーラップシューレーシング」の2種類があります。

 

私が新しいシューズを買ったときには「アンダーラップシューレーシング」でした。ただ、なんかゆるい気がしたんですよ。

なので、よりフィット感が高まるというオーバーラップシューレーシングに変更

 

これがばっちりハマって、足と靴の一体感が増しました。

アンダーラップシューレーシングは締めすぎないという特徴があります。どっちの結び方が合うかは試してみないと分かりません。

試してみると、すごく履き心地が変わるかも知れませんよ!

 

靴紐はプレイの精度や疲労度はもちろん、ケガのしにくさにもつながりますから、ぜひ試してみてください。

細かいことも注意して、ケガをしないようにして、長くバレーを楽しみましょ!

ケガをしないためのグッズ選び

ケガをしないように、古傷を悪化させないようにアイテムを選んでいくのが大人のバレーボールには大切です。

テーピング一つとってもそうですね。

 

私はセッターをすることが多いです。冬場には指先が固くなってしまうせいか、爪と指先の間にボールが引っかかって、痛めることがあります。

本人にしか分からないし、とても地味なんですけど、けっこう痛いです。

水がしみますし、パソコンを打つときにも痛いんです。

 

なので、こんな風にテーピングをしています。

バレーボール テーピング

 

晩秋~冬だけですけど、しているとぜんぜん違いますからね。

本当はしたくないんです。感覚が変わりますし、意外とアンダーパスにも影響が出ます。でも、安全重視で付けるようにしています。

 

ブロックのときにやられて、小指を持っていかれている人も多いですね。

癖になってしまっているなら、しっかりテーピングで巻いてプレイするのがおすすめです。

 

足首ならザムストなどを装着するとか。

 

ケガ防止は大人のバレーの一番のポイントかも知れません。ケガをしない、ということを重点に置いてグッズを選ぶのもいいですよ。

5本指ソックスがいい!

バレーボール 5本指ソックス tabio

5本指ソックスがいいんです。

全然違います。使ったことがないそこのあなた!使ってみるといいですよ。

 

インタビューかテレビ番組かで、全日本女子のリベロの佐野優子さんが「5本指ソックスを履いています」と言っていました。

私は全日本女子のリベロの中でも佐野優子選手は最高なんじゃ?と思っています。

 

ということで「なら5本指ソックスを試してみるしかない!」と盛り上がって、購入。

それ以来ハマりました。

 

床をつかめる感じ、動きやすい感じ。

普通のソックスとは段違いです。めちゃくちゃいいですよ!もう戻れません。

 

私はこれを使っています。

↓ ↓ ↓

タビオ レーシングランプロ 五本指ソックス

バレーボール用品にちょっとこだわってみましょう

大人だからこそ用品にこだわってみるのがいいです。

というよりも、疲労やケガを防ぐために、ぜひこだわりましょう。少しでも長くバレーボールを楽しむための大事なポイントです!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。