ソフトボールのオリンピック組み合わせ|出場国や歴史。ルールを簡単に、タイムやDP

ソフトボール オリンピック 組み合わせ

ソフトボールは日本がすごく強いですよね。

だからこそ、オリンピック競技として採用されるのはすごくありがたい!

そんなソフトボールのオリンピック情報をお届けします!

広告

東京オリンピックの組み合わせ

ソフトボール オリンピック 組み合わせ

東京オリンピックのソフトボールの組み合わせをご紹介します!

オープニングラウンド

  • 7月21日(水) オーストラリアvs日本、イタリアvsアメリカ、メキシコvsカナダ
  • 7月22日(木) アメリカvsカナダ、メキシコvs日本、イタリアvsオーストラリア
  • 7月24日(土) オーストラリアvsカナダ、アメリカvsメキシコ、日本vsイタリア
  • 7月25日(日) オーストラリアvsアメリカ、カナダvs日本、イタリアvsメキシコ
  • 7月26日(月) 日本vsアメリカ、カナダvsイタリア、メキシコvsオーストラリア

 

オープニングラウンドは総当たり戦。この総当たり戦で上位4位までに入れば、メダル獲得戦に進出できます。

決勝戦・3位決定戦

  • 7月27日(火)13時~ 3位決定戦
  • 7月27日(火)20時~ 決勝戦

 

オープニングラウンドの3位・4位で3位決定戦を行います。

オープニングラウンドの1位・2位で決勝戦を行います。

 

日本はおそらく決勝戦に来てくれるはず!7月27日の夜は予定を開けておきたいですね。

広告

参加国

ソフトボール オリンピック 組み合わせ

東京オリンピックのソフトボール出場国は6か国です。

 

  • 日本(開催国)
  • アメリカ(2018年世界選手権優勝枠)
  • イタリア(ヨーロッパ・アフリカ枠)
  • メキシコ・カナダ(アメリカ大陸枠)
  • オーストラリア(アジア・オセアニア枠)

世界ランキング

2021年6月に最新の世界ランキングが発表されています。

 

  1. アメリカ
  2. 日本
  3. カナダ
  4. プエルトリコ
  5. メキシコ
  6. 台湾
  7. 中国
  8. オーストラリア
  9. イタリア
  10. オランダ

 

世界ランキング上位10位に入っている国が東京オリンピックに参戦してきています。

おそらくどこが勝ってもおかしくない、ということですね。激戦が続いているのもうなずけます。

テレビ放送予定スケジュール

ソフトボール オリンピック 組み合わせ

ソフトボールの東京オリンピックテレビ放映スケジュールをご紹介します。

 

  • 7月21日(水) NHK総合 オーストラリア戦
  • 7月22日(木) NHK総合 23時35分~ メキシコ戦
  • 7月22日(木) 日本テレビ系 11時55分~ メキシコ戦
  • 7月22日(木) NHK BS1 9時~ オーストラリア戦・メキシコ戦
  • 7月23日(金) NHK BS1 13時~ メキシコ戦
  • 7月24日(土) NHK Eテレ 20時~ イタリア戦
  • 7月24日(土) NHK BS1 7時~ オーストラリア戦
  • 7月25日(日) NHK総合 14時5分~ カナダ戦
  • 7月26日(月) NHK総合 9時30分~ アメリカ戦
  • 7月27日(火) テレビ朝日系 12時45分~ 3位決定戦
  • 7月27日(水) テレビ朝日系 19時~ 決勝戦

 

日本戦は全試合テレビ放送がありますね。幸せな競技です!

スピーディーな試合展開なので、見ていて飽きないですし、かぶりつきで見るのもいいと思います!

広告

オリンピックでの歴史

ソフトボールのオリンピックでの歴史をご紹介します。ちょっと苦難の歴史です。

 

  • 1996年 アトランタオリンピックで正式競技に採用
  • 2012年 ロンドンオリンピックで正式競技不採用
  • 2021年 東京オリンピックで追加種目として採用
  • 2024年 パリオリンピックでは不採用

 

オリンピックの長い歴史の中で、正式種目として開催されたのはわずか4大会のみなんですね。

その4大会のメダル開催国がこちら。

 

金メダル 銀メダル 銅メダル
アトランタ アメリカ 中国 オーストラリア
シドニー アメリカ 日本 オーストラリア
アテネ アメリカ オーストラリア 日本
北京 日本 アメリカ オーストラリア

 

ヨーロッパ勢がメダルを穫れないというのが、正式種目に採用されない大きな理由じゃないかと思います。

野球とかも盛んじゃなさそうなので、会場の用意もできないのでしょうか。

 

(2021年7月28日追記)

東京オリンピックでの日本の金メダル!

これが刻まれます!!いや、すばらしい!!

 

13年ぶりの2連覇とか。そんなことありますか!?

歴史的な勝利ですよ。

 

銀メダルはアメリカ、銅メダルはカナダ。

4位メキシコ、5位オーストラリア、6位イタリアとなりました。

ルール(ピッチャーやランナーなど)

ソフトボールは基本的に野球とルールが似ています。ですが、実は意外と違うところがあるのでご紹介します。

コールドゲーム

3回で15点差、4回で10点差、5回以降7点差が付けばコールドゲームとなり、試合終了となります。

ランナーのリード

野球ではピッチャーが投げる前に、塁を離れるリードが認められています。

ですが、ソフトボールはリードがダメ。ピッチャーの手からボールが離れるまでは塁を離れられません。

なので、牽制球もありません。

リエントリー

先発出場した選手は、1回に限り再出場することができます。ただしリエントリーは同じ打順に限ります。

テンポラリーランナー

2アウトになった時点でキャッチャーが塁上にいれば、別の選手と交代できます。次の回への準備のためです。

一番打順が遠い選手がランナーとなります。

タイム

タイムに関しては調査中です。なかなか書かれた資料が見つかりません。

DP

DPとは指名選手(DESIGNATED PLAYER)のこと。

打者専門に限らず、守備専門でもいいという選手です。交代などは先発した他の選手と同じ扱いとなります。

 

簡単なルールはこのとおりです。

基本的には野球と同じなので、野球のルールがひと通りわかっていれば、問題なく楽しめると思います!

上野由岐子選手に注目!

日本代表というと、やっぱり上野由岐子選手に注目ですね。

2008年の北京オリンピックで金メダルを獲ったときのメンバーですからね!

上野由岐子選手の他には、峰幸代選手・山田恵里選手も北京オリンピックメンバーです。

 

もし日本が金メダルを穫れば、10年以上ぶりの2連覇ということになるんですね。

厳しい戦いとなるのは承知の上で、金メダルを狙って欲しい!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。