マスクカバーの作り方。キッチンペーパーで簡単に?効果あるのかという疑問も

マスクカバーの作り方 キッチンペーパー

 

>>N95 マスク 在庫あり(リアルタイム情報)

>>サージカルマスク 在庫あり(リアルタイム情報)

>>洗えるマスク 在庫あり(リアルタイム情報)

>>アルコール除菌スプレー 在庫あり(リアルタイム情報)

>>次亜塩素酸 在庫あり(リアルタイム情報)

新型コロナウイルスはまだまだ続きます。

うがい・手洗い・マスク・消毒・栄養補給・休養で感染を防いでいきましょう!

 

マスク不足がまだ続いています。昔はかなり安く、いつでもどこでも手に入ったものですが。時代が変わってきています。

そんな状態で、毎日使い捨てマスクを使っていると、買いに行く手間もかかりますし、お金もかかります。

そこで登場したのがマスクカバーです。簡単にできるマスクカバーをご紹介します。

広告

マスクカバーはキッチンペーパーでも自作できる?

マスクカバーはキッチンペーパーでも作ることができます!ぱっと見たところでは使い捨てマスクのように見えますし、お安いのもポイント高いです。

そんなキッチンペーパーでマスクカバーを作っている動画を発見(1.5倍速くらいで見ることをおすすめします)。

 

すごく簡単です。包むだけなので。ですが、マスクの立体感はなくなってしまいます。昔の布マスクみたいな感じになってしまいます。

立体マスクと比較して、息苦しくなるかも。。。

 

もうひとつはキッチンペーパーとハンカチを使って、オリジナルマスクカバーを作る方法。

 

こちらはひと手間加えてハンカチとキッチンペーパーで作る方法です。こちらも立体感はなくなってしまうんですよね。これがデメリットかなぁ、と。

 

広げた状態の使い捨てマスクにキッチンペーパーでカバーしようとしましたが、これはこれで難しかったです。

キッチンペーパーで簡単にマスクカバーを作るなら、立体マスクをあきらめるしかないのかもしれません。

広告

マスクカバーは手縫いでもOK!ミシンなしでも大丈夫。

手縫いでもマスクカバーはできるようですよ。ミシンが押入れの奥底に入っているとか、ミシンを持っていないとか。そんな人にも簡単のようです。

コメントを見ると、ボンドではなくこの部分を手縫いした人もいるそうです。そうすると、長持ちするでしょうね。

ボンドで接着した布は何度洗えるか、ちょっと不安です。長持ちさせたいなら手縫いがおすすめです。ただ、手縫いでなくても布用ボンドで作れるというのはありがたいですね!

 

裁縫は小学校の家庭科の授業以来、という人でも作れそうです。手間はかかりますが、キッチンペーパーのマスクカバーと違って立体にすることができます。

なので、息苦しさは減るでしょうし、フィット感もアップします。

マスクとしての効果をそこなわないようにするなら、こちらがいいでしょうね。

マスクカバーは効果なし?そんなことはない!

マスクカバーは効果があるかないか、とちょっとした議論になっています。しかし、間違いなく効果はあるでしょう。フィルター部分が増えるわけですから、ウイルス侵入の心配は減ります。

また自分がウイルスを持っていたときの拡散も抑えることができます。万全を期すならば、内側に使っている使い捨てマスクなどの除菌はしたほうがいいですね。

 

 

除菌することでより長い間使うことができます。同じマスクを使うことで、化粧が付いて汚れてしまうのが気になる女性にも好評のようです。

カバーは毎日洗えますから、常にきれいな状態を保てます。布が傷んで、防御力が下がらないように、手洗いがおすすめです。

 

手洗いの方法は厚生労働省が推奨しているこちらがおすすめです。

布マスク洗い方の厚生労働省・経済産業省推薦版。洗う方法で新型コロナウイルス対策に。

 

マスクと顔がこすれる部分が荒れてしまう、という人も重宝しているみたいです。よりお肌にやさしいガーゼなどでカバーを作っている人もいます。

マスクなしで過ごすという選択肢がない状態なので、マスクとうまく付き合っていくために、マスクカバーも有効活用していきたいですね。

広告

マスクカバー装着による、マスク熱中症に注意!

マスクカバーの作り方 キッチンペーパー

 

マスクカバーの活用で、マスク熱中症にご注意ください。マスクカバーをすると、通常のマスクよりも通気性が悪くなります。これはどうしても仕方ないことです。

通気性が落ちることで、熱がこもりやすくなります。そのため体温も上昇して、熱中症になる可能性が高まります

 

マスク熱中症にならないための対策はこのようなものがあります。

  • 人がいないところではマスクを外す
  • 定期的にマスクを外す
  • こまめに水分を補給する
  • 大きな血管があるところを冷やす
  • エアコンや扇風機を活用する
  • 十分に睡眠を取る
  • 栄養のあるものをしっかり食べる

 

基本的には普通の熱中症予防と同じです。普段よりも重点的に行っていくことで、マスク熱中症になるリスクを下げることができます。

しっかりマスクをしていた結果、熱中症になったというのでは本末転倒です。十分にご注意ください。

マスクカバーなら節約につながりますね。

マスクカバーって意外に多くのメリットがあります。

  • 節約
  • おしゃれ
  • 肌荒れ防止

 

かなり有用なアイテムなのではないでしょうか!余っている布やハンカチを使って、手縫いするなら費用もほとんどかかりませんし。それで楽しめたらけっこういいのでは?

一方で手間がかかったり、マスク熱中症になったりするデメリットもあります。特にマスク熱中症は怖いので、十分ご注意ください!

広告
ぜひシェアをお願いします!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。