M1グランプリ 2022|歴代王者や2位、司会者や審査員。決勝戦の日程や予選の状況

M1グランプリ 2022

M1グランプリ、毎年楽しみにしています!あの緊張感漂う漫才が本当におもしろくて仕方ないですね。

そんなM1グランプリの2022年の情報をお届けします

広告

M-1グランプリ2022のスケジュール

M1グランプリ2022の日程をご紹介します。

 

  • 1回戦 2021年8月1日(月)~10月5日(水)
  • 2回戦 10月6日(木)~10月19日(水)
  • 3回戦 10月24日(月)~10月31日(月)
  • 準々決勝 11月12日(土)~11月16日(水)
  • 準決勝 11月30日(水)
  • 敗者復活戦 未発表
  • 決勝戦 未発表

 

2022年11月8日現在、予選の真っ最中です。

 

今回は7,261組のエントリーがあったみたいですね!これはすごい!

3回戦が終わった時点で、なんと116組に絞られました。

 

やはり狭き門ですね。厳しい世界だ!

 

2022年11月8日現在、決勝戦の日程は発表されていません。

ですが、おそらく12月終盤の日曜日です。最有力候補は12月18日(日)じゃないかなと思います!

 

このあたりは予定を空けておかなければ!

広告

準々決勝の結果

準々決勝を勝ち抜いたコンビをご紹介します!

 

  • ミキ
  • オズワルド
  • カゲヤマ
  • ケビンス
  • ななまがり
  • ウエストランド
  • 真空ジェシカ
  • 令和ロマン
  • ママタルト
  • ハイツ友の会
  • からし蓮根
  • コウテイ
  • さや香
  • ビスケットブラザーズ
  • カベポスター
  • マユリカ
  • ロングコートダディ
  • ダンビラムーチョ
  • かもめんたる
  • ストレッチーズ
  • キュウ
  • THIS IS パン
  • ダイヤモンド
  • シンクロニシティ
  • 男性ブランコ
  • ヨネダ2000

 

合計26組が準決勝に進みます。

 

しかし、実力派コンビでもいくつも敗退していますね。

 

  • カミナリ
  • 蛙亭
  • コロコロチキチキペッパーズ
  • アインシュタイン
  • ランジャタイ
  • ダイタク
  • 見取り図
  • 滝音
  • モンスターエンジン
  • EXIT
  • 大自然
  • ゆにばーす
  • インディアンス

 

本戦で見たかったコンビもいくつもあります。

3回戦の結果

3回戦を勝ち抜いた注目のコンビをいくつかご紹介します。

 

  • 阿佐ヶ谷姉妹
  • EXIT
  • モグライダー
  • コロコロチキンペッパーズ
  • 真空ジェシカ
  • かもめんたる
  • ダイタク
  • オズワルド
  • インディアンス
  • 蛙亭
  • ゆにばーす
  • アインシュタイン
  • ランジャタイ
  • 東京ホテイソン
  • カミナリ
  • モンスターエンジン
  • ロングコートダディ
  • 見取り図

 

これを見ただけで、超豪華ラインナップですよ!いや、準決勝あたりが一番おもしろいのでは!?

広告

歴代優勝者や決勝戦の成績

M1グランプリ 2022

M1というと優勝コンビや2位のコンビが、寝る暇もないほど忙しくなる大会として有名です。

 

ここで、これまでの優勝者や2位などを復習していきましょう!

※順位順に掲載してみました。

2002年 第1回大会

  1. 中川家
  2. ハリガネロック
  3. アメリカザリガニ
  4. ますだおかだ
  5. 麒麟
  6. フットボールアワー
  7. キングコング
  8. チュートリアル
  9. DonDokoDon
  10. おぎやはぎ

2003年 第2回大会

  1. ますだおかだ
  2. フットボールアワー
  3. 笑い飯
  4. おぎやはぎ
  5. ハリガネロック
  6. テツandトモ
  7. スピードワゴン
  8. ダイノジ
  9. アメリカザリガニ

2003年 第3回大会

  1. フットボールアワー
  2. 笑い飯
  3. アンタッチャブル
  4. 2丁拳銃
  5. りあるキッズ
  6. スピードワゴン
  7. アメリカザリガニ
  8. 麒麟
  9. 千鳥

2004年 第4回大会

  1. アンタッチャブル
  2. 南海キャンディーズ
  3. 麒麟
  4. タカアンドトシ
  5. 笑い飯
  6. POISON GIRL BAND
  7. トータルテンボス
  8. 東京ダイナマイト
  9. 千鳥

2005年 第5回大会

  1. ブラックマヨネーズ
  2. 笑い飯
  3. 麒麟
  4. 品川庄司
  5. チュートリアル
  6. 千鳥
  7. タイムマシーン3号
  8. アジアン
  9. 南海キャンディーズ

2006年 第6回大会

  1. チュートリアル
  2. フットボールアワー
  3. 麒麟
  4. 笑い飯
  5. トータルテンボス
  6. ライセンス
  7. ザ・プラン9
  8. 変ホ長調
  9. POISON GIRL BAND

2007年 第7回大会

  1. サンドウィッチマン
  2. トータルテンボス
  3. キングコング
  4. ハリセンボン
  5. 笑い飯
  6. ザブングル
  7. ダイアン
  8. 千鳥
  9. POISON GIRL BAND

2008年 第8回大会

  1. NON STYLE
  2. オードリー
  3. ナイツ
  4. 笑い飯
  5. U字工事
  6. ダイアン
  7. モンスターエンジン
  8. キングコング
  9. ザ・パンチ

2009年 第9回大会

  1. パンクブーブー
  2. 笑い飯
  3. NON STYLE
  4. ナイツ
  5. ハライチ
  6. 東京ダイナマイト
  7. モンスターエンジン
  8. 南海キャンディーズ
  9. ハリセンボン

2010年 第10回大会

  1. 笑い飯
  2. スリムクラブ
  3. パンクブーブー
  4. ピース
  5. 銀シャリ
  6. ナイツ
  7. ハライチ
  8. ジャルジャル
  9. カナリア

2015年 第11回大会

  1. トレンディエンジェル
  2. 銀シャリ
  3. ジャルジャル
  4. タイムマシーン3号
  5. スーパーマラドーナ
  6. 和牛
  7. メイプル超合金
  8. 馬鹿よ貴方は
  9. ハライチ

2016年 第12回大会

  1. 銀シャリ
  2. 和牛
  3. スーパーマラドーナ
  4. さらば青春の光
  5. アキナ
  6. ハライチ
  7. カミナリ
  8. スリムクラブ
  9. 相席スタート

2017年 第13回大会

  1. とろサーモン
  2. 和牛
  3. ミキ
  4. かまいたち
  5. スーパーマラドーナ
  6. ジャルジャル
  7. さや香
  8. ゆにばーす
  9. カミナリ
  10. マヂカルラブリー

2018年 第14回大会

  1. 霜降り明星
  2. 和牛
  3. ジャルジャル
  4. ミキ
  5. かまいたち
  6. トム・ブラウン
  7. スーパーマラドーナ
  8. ギャロップ
  9. 見取り図
  10. ゆにばーす

2019年 第15回大会

  1. ミルクボーイ
  2. かまいたち
  3. ぺこぱ
  4. 和牛
  5. 見取り図
  6. からし蓮根
  7. オズワルド
  8. すえひろがりず
  9. インディアンス
  10. ニューヨーク

2020年 第16回大会

  1. マヂカルラブリー
  2. おいでやすこが
  3. 見取り図
  4. 錦鯉
  5. ニューヨーク
  6. オズワルド
  7. インディアンス
  8. アキナ
  9. ウエストランド
  10. 東京ホテイソン

2021年 第17回大会

  1. 錦鯉
  2. オズワルド
  3. インディアンス
  4. ロングコートダディ
  5. もも
  6. ゆにばーす
  7. 真空ジェシカ
  8. モグライダー
  9. ハライチ
  10. ランジャタイ

 

この顔ぶれですよ。M1グランプリをきっかけにテレビの露出が増えたコンビの多いこと多いこと。

 

2020年大会で4位だった錦鯉。

本当におもしろくて、2020年に優勝でも良かったと思ったコンビでした。

そのコンビが満を持して2021年大会で優勝!

実際にめちゃくちゃおもしろかったですし、優勝がとても感動的でした。

 

2022年もいい勝負を期待します!

司会者

M1グランプリ2022の司会者は正式には未発表です。

 

ただ、M1グランプリというと、どうしても今田耕司さんと上戸彩さん。この2人というイメージが強すぎます!

それもそのはず。今田耕司さんは15大会連続、上戸彩さんは10大会連続で司会を務めています。

 

2022年は18回大会なので、ほぼこの2人が司会をしている感じです。

2022年も継続するような気がしますね。

審査員

M1グランプリ2022の審査員は正式には未発表です。

ただ、司会者と同じく、顔ぶれは変わらないのではないでしょうか。

 

実は4年連続で審査員はこの7人なんですね。

 

  • オール巨人(9回)
  • 上沼恵美子(9回)
  • 立川志らく(4回)
  • 富澤たけし(5回)
  • 中川礼二(7回)
  • 塙宣之(4回)
  • 松本人志(15回)

 

賛否両論はありますが、安定感のある審査員ですね。

私は中川礼二さんのコメントが好きですね。2022年も審査員として参加してほしいなぁ。

やっぱり2022年も楽しみすぎる!

毎年楽しみにしているM1グランプリ。今年も楽しみです♪どんな新星が現れるのか。

それともベテランが優勝をかっさらうのか。

 

準決勝あたりから全コンビを見てみたいです!

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ