アルコール消毒液の作り方|ハイター(漂白剤)で代用できるか?危険性などを解説

アルコール消毒 作り方 ハイター

 

新型コロナウイルスの影響はまだまだ大きいです。手洗いをできないときに重宝するのがアルコール消毒ですね。ただ、アルコール消毒液もかなり費用がかかります。安く自作できたらいいですよね。

ということで、アルコール消毒について調査してみました。

広告

アルコール消毒液をハイターで作る?それは危険!

アルコール消毒 作り方 ハイター

 

アルコール消毒液をハイターなどの漂白剤で作るのは危険です!そもそも「アルコール消毒液」ではないですし。手指消毒はだめです!

ハイターには次亜塩素酸ナトリウムが入っています。これはかなり強力な消毒液・殺菌剤です。吸い込むだけでも危険ですし、皮膚に付着したら皮膚が溶けてしまうこともあります!

ハイターを触ったときのどろどろは、実は溶けた皮膚だという話もあるくらいです。これを手指消毒に使う、と思ったら。。。恐怖ですよね!

 

ハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムが入った製品でできるのは、ドアノブなどの消毒です。その場合も色落ちなどの危険がありますから、目立たないところで試すことをおすすめします。

とにかくハイターなど漂白剤で手指消毒用のアルコール消毒の代用はできませんので、要注意です。

 

ちなみにこちらの記事で、次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方や詳しい注意点をまとめています。ぜひチェックしてみてください。

次亜塩素酸ナトリウムはコロナウイルスに効果?ハイターでの作り方や手指消毒希釈など

広告

アルコール消毒液は焼酎やウォッカなどのお酒でも代用可能か

アルコール消毒 作り方 ハイター

 

アルコール消毒液はアルコール度数が高いお酒でも代用はできるでしょうか。答えは「できる」ということです。厚生労働省も2020年4月13日に消毒液の代わりにアルコール度数が高いお酒を活用することを認めました。

アルコール度数は原則として70~83%のものを活用することが推奨されています。お酒に入っているアルコールも、消毒用アルコールも同じ成分なので、消毒力はあるみたいですね。

 

ただ、普通のお酒を消毒用に使うのはあまり推奨していないという意見もあります。

その理由は「お酒はあくまで飲む用であり、アルコール以外に成分が含まれている。それらの成分がどのような影響を与えるのか未知数」というものです。消毒はできるけど、どれほど消毒できるかは保証できない、というところですね。

個別の銘柄について調べていくわけにもいきませんし。どうしても手洗いできない、消毒液もない、という状況のときだけに使うのが良さそうに思います。

アルコール消毒液を自作するときの注意点

アルコール消毒 作り方 ハイター

 

アルコール消毒液を自作するときには注意点も多くあります。大きな注意点をご紹介していきます。

メチルアルコール・メタノールは使わない

メチルアルコールやメタノールは使ってはいけません。「アルコール」という名前はついていますが、消毒用アルコールとは違うものです。

外国ではメチルアルコール入りの密造酒を飲んで亡くなるという被害まで出ています。メチルアルコールは絶対に使ってはいけません。

目に入らないように注意する

高濃度のアルコールはとても刺激が強いです。なので、目に入らないように十分に注意する必要があります。万一、目に入ったときはすぐに洗い流して、異常が続くようなら眼科の受診が必要です。

火の近くで作業しない

高濃度のアルコールはとても火が付きやすいです。揮発性も高いので、タバコの火とかでも引火する可能性があります。なので、火の近くで作業はしないようにしましょう。

保存容器はアルコール対応のものを使う

保存容器はアルコール対応のものを使う必要があります。アルコール対応と書かれているものを選びましょう。

通常のペットボトルなど「PET」と書かれている素材は、アルコールによって割れたり溶けたりする可能性があるとのこと。

水道水で希釈してもOK

消毒液というと、精製水などの純粋な水でないといけないという意識があるかもしれません。ですが、水道水でもかまわないということです。

逆に精製水は人工呼吸器には必ず必要なものなので、不足すると大きな影響があります。わざわざ買わずに水道水を活用するといいですね。

広告

できれば消毒用アルコールを買うのが無難

いろいろ調べてみると、お酒でアルコール消毒液を作るよりもやっぱり市販品を買ったほうが良さそうです。一時期の品不足のときは別ですが、今は店頭にもあふれていますしね。

希釈や対応容器を買うのも面倒ですし、アルコール以外の成分が体につくのもあまり衛生的ではなさそう。だからこそ、市販品を買うほうが楽だし、逆に費用的にも押さえられるんじゃないかな?と思います。

広告
ぜひシェアをお願いします!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。